https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

リモート天文台のメリット&デ..
at 2017-10-16 22:30
雨ばかりなので絶賛、鏡筒改造中
at 2017-10-16 08:55
スパイダーマスクは4mm幅が..
at 2017-10-12 22:40

最新のコメント

基本は温度変化なので即座..
by makkachi at 09:41
初めまして。 クラウド..
by たろう at 08:17
事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

強度が足らないBKP200の主鏡セル

c0061727_1649023.jpg

綺麗な星像を出すのに、こんなに時間がかかったのは
実はBKP200の主鏡セルの強度不足が原因でした。
光軸は合っているのに撮影すると
星像が部分部分でイビツになっている。
なんだこりゃの連続で...
なかなか原因を掴めませんでした。
山の観測所に行ったり来たりで大変でした。

この問題は
主鏡の光軸調整ねじを締めすぎたのが原因でした。
光路を確保するために主鏡を筒内の奥に引っ込めたため
光軸調整ねじがロングねじになり
ガタを心配してねじを強く締めてました。
強くといっても手で締めただけなんですが...

それが
現地で1枚1枚撮影しながら原因を追究していったら
ねじの締め方だとわかり 閉口してしまいますね。

セルといっても輪っかの枠だけなので
考えてみたら
鋳物とはいえども強度はないですね。
せめてもう少し強度が欲しいかな。

結局一旦緩めて締め直したときに
ねじをそっと回してあたりが出たら止めるくらいの
感覚で締めてあります。
緩み止めのスプリングが入ってますが
いずれは光軸が狂うかもしれんです。

c0061727_16594132.jpg

もう一か所は主鏡の抑えゴム
これはみなさん良く気が付くところなんですが
同様にドライバーを回してトルクが変わったところで
締めるのを止めました。

心配なのでこの状態で主鏡セルごと振ってみましたが
主鏡が動くことはなかったので
このまま鏡筒に取り付けました。

なんともデリケートなBKP200鏡筒です。
[PR]
by makkachi | 2016-04-17 11:30 | コラム・つぶやき | Comments(0)