https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

撮像パソコンを交換しました。
at 2017-10-18 11:19
リモート天文台のメリット&デ..
at 2017-10-16 22:30
雨ばかりなので絶賛、鏡筒改造中
at 2017-10-16 08:55

最新のコメント

基本は温度変化なので即座..
by makkachi at 09:41
初めまして。 クラウド..
by たろう at 08:17
事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

光害地での画像処理

c0061727_1316273.jpg

リモート天文台を桑名ドームに移動したのですが光害がひどいです。
光害マップを見ると結構赤い。
この状態でのリモート天文台になったため、
天体写真の画像処理もかなり工夫を強いられることになりました。
基本、リモート天文台にこだわる訳ではないのですが、
現在の生活環境から考えると平日に遠征することが、まず皆無です。

というわけで画像処理と撮影方法で工夫をしていきます。

撮影に関しては、光害地ではバックグランドが上がっていきますので
レンジの山が範囲を超えないように、短露光+多枚数の撮影をしていきます。
レンジの山は高めにして綺麗に範囲内に収まるように
露光時間を決めていくのが良いでしょう。
画像処理をしてみるとわかるのですが、総露光時間は今までと変わらないものの
十分な映りをしてくれません。処理するにあたりかなり画像情報を捨てる部分が
多いので今までの1.5倍から2倍程度の露光時間が必要だと感じてます。

c0061727_1112459.jpg

これをコンポジットしたものが上の画像です。ひどいでしょ。
円形に映っているのはレデューサーの影です。
とりあえず、ELフラットパネルでフラット画像を作りフラット処理をしているのですが
背景がムラムラでほぼ役に立ってないことがわかります。

GINJI150は迷光処理がしていないのでこんな結果になってしまいます。
BKP200ならもう少し落ち着いてくると思ってます。
この状態では画像処理しても無理なので
シェーティング処理をしてフラットを合わせてやります。
シェーティング処理はいろいろツールがあるのですが
手っ取り早くぴんたんさんのフラットエイドを使うのが簡単だと思います。
フラットエイドですべての処理は完結するのですが
私はフラット画像だけを作ってステライメージでフラット処理を行いました。

最後にPhotoShopCCでいつもやっている処理を行うと
まあまあ見れる画像になります。

Markarian's Chain
[PR]
by makkachi | 2016-06-04 11:34 | コラム・つぶやき | Comments(0)