https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

雨ばかりで撮れんぞー
at 2017-08-18 07:31
M13 (Great glo..
at 2017-08-16 06:04
システム変更しました。
at 2017-08-14 19:03

最新のコメント

事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02
これ良いですね。昨年遠征..
by のんた at 02:38
処分しようと思っていたと..
by makkachi at 11:44

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:天文台( 41 )

システム変更しました。

c0061727_1846155.jpg
c0061727_18462471.jpg
c0061727_18463338.jpg

天文台を引っ越した時に冷却カメラが結露で使えなくなるという
トラブルがあって暫くATIKのカメラで運用していました。
その後、移設費用が結構きつかったので
予算的に修理ができない状態が続いていましたが
ようやく結露のFLI ML8300修理を依頼しオーバーホールから帰還しました。
帰ってきて驚いたのは
コネクター基板やら冷却ファンやら新品交換してあって
FLIは本当に丁寧なお会社です。

そもそもML8300で運用させたいのは
APSのCCDなのでASAのレデューサーが使えます。
このレデューサーのおかげで
明るいF2.9のハイスピードカメラに生まれ変わります。
ビクセンのコレクターPHも良像なのですがF値が暗くなり
さらにATIK11000は感度が低いので
露光不足に悩まされてました。
撮影してみると、この星像はたまらんですね。

ML8300で撮影できるようになったのは良かったのですが
今度は電力不足です。
冷却し始めると電圧が24.3V程度まで落ちてしまいます。
この状態だと長時間の運用は難しくなります。
容量的には足りてるはずなので何が悪いか見当がつきません。
現状システム電源のDC24VからDC12Vにコンバーターで
おとして使っています。
試しにACインバーターで商用電源を作って
そこからカメラ純正のACアダプターを使ってみたら
何故か25.3V近くを維持していました。
変換効率なんでしょうか??不思議です。

対策として望遠鏡、カメラ等撮像にかかわるものは
すべて商用電源経由で動作させることにしました。

毎日、暑い作業の中だったのでもう汗だくです。
[PR]
by makkachi | 2017-08-14 19:03 | 天文台 | Comments(0)

極軸調整が出来ました。

c0061727_11131631.jpg

調整前
c0061727_1111881.png

調整後

久しぶりに快晴で長期連休ということもあって
リモート天文台の赤道儀マウントの極軸調整に行ってきました。
事前に何度も何度もシュミレーションをおこなっていましたので
結構スムーズにできました。
PHDGuiding2は本当に便利ですね。
一発調整完了でした。
わかりやすいグラフです。
グラフが一直線になったら完了です。
Pole〇〇を購入しようとずっと思っていましたが
いらないですわ。
その後
カメラの交換をし試写をしてから天文台を離れました。

帰り道に事件です
イノシシの集団が道に飛び出してきて
あわゆく轢きそうになりました。
こっちもびっくりしましたがイノシシも驚いたでしょうね。
ほんとに夜間は危ないです。
車まで行く道のりで歩いているときに
出くわしたらと思うとやばいです。
[PR]
by makkachi | 2017-08-13 11:10 | 天文台 | Comments(0)

環境コントロールソフトを作りました

c0061727_919767.jpg

久しぶりの投稿になります。
手術やら入院やらで、なかなか落ち着かず。
術後の調子がいまいちで大変な思いをしています。

リモート天文台用の環境ソフトを作りました。
温度湿度コントロールに加え電圧計を含んで
換気、除湿を自動的にコントロールさせるものです。
従来の34℃を上回ったら換気ファンをON 32℃を下回ったらOFFに加え
バッテリー電圧を見ながらある一定の閾値を下がったら強制換気ファンOFFに
出来るようにしました。
湿度も同じようなプロセスですね

それに加え
19:00を過ぎたら晴れていれば撮影に入るので強制換気ファン、除湿器ALLOFFを
自動でコントロールさせています。
また、バッテリー保護のため23.5Vを下回ると天文台の電源系統が
強制的に落ちる仕様になっています。

これで電源を切り忘れてバッテリーが枯渇という心配はなくなります。
[PR]
by makkachi | 2017-07-11 09:32 | 天文台 | Comments(0)

リモート天文台 夏の熱さ対策 とりあえず完結

c0061727_16261980.jpg

c0061727_1626401.jpg

先日あがってきた床下換気扇を取り付けました。
暑くなる前に、雨がひどくなる前に作業を終えてきました。
温度センサータイプにしょうと材料も買いましたが
結局ネットワークで動作させるようにしました。

c0061727_16265654.jpg

6/19の室温分布です。午前11時に換気扇の電源を入れ
日没まで様子を見ました。
おおよど36℃をキープしながら推移してました。
何とか夏こせるかなぁ
[PR]
by makkachi | 2017-06-21 16:30 | 天文台 | Comments(0)

リモート天文台 夏の熱さ対策 その4

c0061727_131086.jpg

屋根に遮熱塗料を塗って10日ほどたちます。
結果は上々で35℃を上回ることなく来ています。
やはり屋根だけ施したので午前中早い時間とか
西日の当たる時間帯は部屋が閉め切ってあると室温が上がってしまいます。

c0061727_13115958.jpg

真夏に格納してあるバッテリーをメンテナンスするために
床下に一度入ったことがあるのですが、意外に涼しかったです。
この空気を使って天文台全体を冷やせれば意外に上手くいくんじゃないかと
思い始めました。
上のグラフは、天文台の室温と湿度ですが
改めて床下にあるスイッチサーバーの温度計を使って温度を測って見ました。
紫色のグラフですが10℃くらい下がったところにあります。

c0061727_13102835.jpg

今回は天文台がDC24V運用ということもあり140サイズのPCファン2個を
直列接続にして床下換気を行います。

c0061727_1310446.jpg

消費電力が1個1.2wと低消費電力で風量もそこそこあります。
隣の梅の木の根元のほうの涼しい空気を使って
自然のクーラーにしようと思っています。
[PR]
by makkachi | 2017-06-16 13:24 | 天文台 | Comments(0)

リモート天文台 夏の熱さ対策 その3

c0061727_7542733.jpg

道具は用意できましたので、早速、塗装に取り掛かりました。
一旦屋根を開けて前回取り付けたフックを外します。
屋根が汚れていると塗装のノリが悪いのでウエスで拭きました。
以前、岐阜の山にあった時に近所で薪ストーブがありましたので
結構ススだらけです。
まずは刷毛塗りで細かいところから塗っていき
広いところはローラーで順に転がしていきます。
塗装は漆喰のようなドロドロしたものでしたから
ひっつきが良くて結構塗りやすかったです。
3度塗りをして仕上げました。
c0061727_7543915.jpg

ムラもなくうまく仕上がりました。
このごつごつした感じが赤外線を反射してくれるんですね。
以前、仕事でガイア(遮熱塗料)を塗ったカメラハウジングを見ましたが
同じような仕上がりでした。

c0061727_83509.jpg

c0061727_84258.jpg


上の温度グラフは
上が桑名ドームで下が今回遮熱塗装をしたリモート天文台です。
両方の施設は同じ桑名市内にありお互いの距離は2km程です。
ピーク時4℃くらいは下がっています。
両方とも部屋は閉め切った状態です。
今回、屋根だけですので天文台全体に遮熱塗装を施せば
かなり効果が上がるでしょうね。

太陽光電池運用なのでエアコンが入れられないリモート天文台ですが
何とか夏を乗り切りたいですね。
[PR]
by makkachi | 2017-06-06 08:09 | 天文台 | Comments(0)

リモート天文台 夏の熱さ対策 その2

c0061727_97612.jpg

天文台の内部の熱さに関してニッシンドームさんと話をしていましたら
やはり屋根に遮熱塗料を塗るのが一番効果的だということでした。
現在、メーカーさんではオプションで選択できるようです。
一番大切なのは赤外線を部屋に入れないことだということです。

前回、やった遮光ネットは光は95%カットしてくれるのですが
赤外線はそれほど効果が出せないようで、
やはり屋根のステンレス板は熱くなります。
私も人の話に流されやすく遮熱塗料は効果的だなぁと思うようになってきました。

遮熱塗料は
サイトとか調べると各メーカーいろいろなものがありますが
塗料の効果は大体同じのようです。
反射率80%で表面温度-15℃くらいが多いですね。

今回は屋根が回転するので足場はいらないですし
長い柄のローラーがあればDIY出来そうなので
自分でやることに決めて 早速、道具を調達してきました。

c0061727_923074.jpg

遮熱塗料はパワークール遮熱コート材にしました。
天文台の屋根は6㎡で3Lくらいあれば十分なので、
4kg缶のあるこれはイイです。
梅雨前の晴天で今しかないと思いアマゾンで注文しました。
翌日、塗料が届きました。
[PR]
by makkachi | 2017-06-05 09:27 | 天文台 | Comments(0)

リモート天文台 夏の熱さ対策

c0061727_16563933.jpg

5月も後半になり、真夏のような日がやってきました。
昨年、天文台の中が熱くて作業できなかった日がありました。
今年も予報では例年より暑い日が多いようです。
そろそろ熱さ対策をしないといけないかと思ってました。

ニッシンの観測所は屋根に薄いステンレス板が使ってあり
内装にウレタンが貼ってあります。
強い日差しを受けると輻射熱の影響でかなりの高温になります。
なるべく屋根に輻射熱を受けないようにすれば
ある程度、暑さはしのげると思います。

最近は遮熱塗料というのがあり一定の効果があるようですが
白い塗料なので汚れやすく効果も年々落ちていくようなので
私は、農業用の遮光ネットを屋根に設置してみました。

c0061727_1731478.jpg

農業用ですので効果は大きくて遮光率もいろいろありますが
最高、遮光率95%のものを使うと
日陰はかなり涼しいです。さすが業務用。
ただ、通販で購入すると長尺のものしかないので
ホムセンで切り売りしてもらったほうが良いと思います。
今日、快晴で最高気温30℃予報でしたので
換気をしたうえで
計測してみたら気温+5℃くらいに収まりました。
遮光ネットを貼っても
熱はこもりやすいので換気は必要です。
ただ、遮光ネットの寿命は2シーズン程度ですので
定期的に張替は必要になってきます。
[PR]
by makkachi | 2017-05-29 17:09 | 天文台 | Comments(0)

リモート天文台 モバイル回線

c0061727_7595125.jpg

前回の設置から1か月がたちました
設置状況ですが見える範囲には基地局は見えません。
先日の突風の影響を見に行ったのですが全く問題ありませんでした。
今でも電波状況は良くてインターネットがサクサク動きます。
モバイル回線設備は
遠隔操作には、欠かせない重要なパーツなので
望遠鏡より力を入れて設置をしてます。

山の中なので有線タイプの回線は引けませんが
日本は携帯電話網は充実していてこんなところでも
インターネットが使えます。
電源も太陽光発電をすれば供給できますね。

私はこの天文台を運用させるまでは
電源とインターネットが合って
車の入る山の中のいう条件しか
天文台の設置は出来ないと思っていたのですが
かなり設置の敷居は低くなったと思ってます。
[PR]
by makkachi | 2017-05-09 08:10 | 天文台 | Comments(0)

そろそろ梅雨の対策を準備しています。

c0061727_8104867.jpg

5月の新月期を過ぎると間もなく梅雨の季節に入ってきます。
このころから湿度が高くなっていきます。
リモート天文台は山の中の谷合いにあり湿度が結構高くなります。
強力な除湿機が設置されているのですが
電力も結構使いますので常時電源をつけていることは
バッテリーの容量的に難しいです。
今回消費電力が少なくて 常時、稼働させておくことが
できる除湿機を探してみました。
クローゼット用のタイプですが連続排水できませんので
改造して使ってみることにします。
改造と言っては大したことはないのですが
タンクセンサーを外して新しいタンクを付けただけです。
試運転をしてみました。
今の時期はかなり乾燥していますので、
あまり水滴は落ちてきませんでしたが、それでも1晩でタンクに水が溜まっていました。
もう少し時期が来てから取り付けに行こうと思っています。
[PR]
by makkachi | 2017-04-16 08:24 | 天文台 | Comments(0)