https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

梅雨時期の発電状況
at 2017-06-28 10:00
リモート天文台 夏の熱さ対策..
at 2017-06-21 16:30
リモート天文台 夏の熱さ対策..
at 2017-06-16 13:24

最新のコメント

事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02
これ良いですね。昨年遠征..
by のんた at 02:38
処分しようと思っていたと..
by makkachi at 11:44

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:コラム・つぶやき( 286 )

梅雨時期の発電状況

c0061727_951474.jpg

オフグリッドのリモート天文台を始めてからの
初めての梅雨になりました。

太陽光発電の発電状況が大変気になるところですが
雨続きでも少しずつ発電しているようで、
明け方の一番電力のきつい時間帯でも25Vを上回っています。
このままでも
電力的には心配することはなく、どちらかというと
天文台内の湿度を気にしたほうがよさそうです。

やはり日照時間の短い冬至から立春にかけてが
太陽光発電には辛い時期になります。
昨シーズンは難なくと乗り越えましたが
今シーズンはバックアップを考えようかと思ってます。
[PR]
by makkachi | 2017-06-28 10:00 | コラム・つぶやき | Comments(0)

今年の連休はずーっと仕事でした。

c0061727_818516.jpg

連休中はひたすらリモート撮影です。

4/23に撮影した画像です。
ガイドエラーと急激な温度変化で
フォーカスがずれていたのに気づかなかった
お蔵入りのものです。

これも画像処理の練習に使っています。
エラーが無かったらイイ画像になっていたと思います。
もったいないことをしました。

M101(NGC 5457) おおぐま座
撮影日時  :2017/4/23 21:35~
撮影地   :桑名市内 リモート天文台
光学系   :BKP200/800OTA-KAI(F3.8 ASTRO LPR Type 2
架台/ガイド:TAKAHASHI J-Mount VIXEN 60mm F8 Guide
カメラ   :ATIK11000 MONO
露光データ :L:10分*11(110分) R:7分*2(14分)
       G:5分*2(10分)2x2 B:5分*2(10分)2x2
       合計 144分
[PR]
by makkachi | 2017-05-14 08:19 | コラム・つぶやき | Comments(0)

リモート天文台でも撮影中は寝ていけません。

c0061727_8581210.jpg

c0061727_933933.jpg


撮影途中に寝てしまって
雲が通ったのを気付かんかった。
Blue画像を流してしまった。
青いのがすべて二重星になってる。www
[PR]
by makkachi | 2017-04-20 08:59 | コラム・つぶやき | Comments(0)

天文台は春真っ盛り

c0061727_12271070.jpg
c0061727_12273017.jpg

天文台は梅畑の中にあります。
カメラではいつも見ているのですが、久しぶりに現地に行ってきました。
花粉症の方には辛いかもしれませんが、とってもいい香りがします。
春ですな。
[PR]
by makkachi | 2017-03-31 12:30 | コラム・つぶやき | Comments(0)

この画像処理を行えば、まあまあ光害地でも行けるかな

c0061727_17483360.jpg


2017-02-28のマルカリアンの銀河鎖です。
トータル1時間の露光なので
まだまだ、3倍くらいはかけないといけないと思いますが
画像処理的にはこの方法で問題ないようです。

私が行っている手順として

ステライメージでホット/クール処理
        ↓
ステライメージで周辺減光&傾斜処理
        ↓
CCDStack2.0でノーマライズ処理
        ↓
ステライメージで画像合わせ自動でバッチコンポジット
        ↓
ステライメージでコンポジット画像をガンマ1.0&0.5でフラット補正
        ↓
ステライメージでカラー化
        ↓
(FlatAide Pro)でカブリ補正
        ↓
Tiffにて保存 PhotoShopCSで開く
以降PhotoShopでの処理
        ↓
緑カブリ補正 plugin
        ↓
背景フラット処理&カラーバランス plugin
        ↓
星マスク製作 アクション
        ↓
背景ノイズ低減 アクション
        ↓
ダイナミック調整 アクション
        ↓
効果レイヤー アクション
        ↓
露光量/自然な彩度 調整
        ↓
レベル補正/明るさコントラスト 調整
        ↓
       仕上げ

となります。

自作のpluginとアクションの組み合わせで処理をしていきますが
以前と違って光害地では仕上げまで半日程度は掛かってしまいます。
ステライメージではなるべくワークフローを使って
省力化を行っていきます。
[PR]
by makkachi | 2017-03-02 11:19 | コラム・つぶやき | Comments(0)

ケーブルをかまれてた

c0061727_23403455.jpg

今年になってからリモート天文台の
ネット状況が悪くて原因が
わかりません。
モバイルルーターを変えたりしてみたが
改善が見られず
天文台の電線を調べたら
ありました。何かの動物に電線を
噛まれていました。
修復して配管に入れました
[PR]
by makkachi | 2017-02-28 23:39 | コラム・つぶやき | Comments(0)

第一級の寒波がきました。

c0061727_1953079.jpg

c0061727_1953107.jpg

2年ぶりの大雪で、積雪量では過去最高だと思います
日の出からの除雪で、車を出せるようになって
リモート天文台のソーラーパネルの雪おろしにいってくることにしました。
雪がのっていると発電ができません。
2日くらいはなんとかなるのですが、このままだとバッテリーが枯渇してしまいます。
道から400mは徒歩で向かいました。
吹き溜まりで40cmくらいはあります。
ラッセルしながら歩くのはほんと大変です。
しかし誰も歩いていない道を歩くのは気持ちイイですね。
いたるところで竹が雪の重みで倒れて道を塞いでいます。

c0061727_19543256.jpg

c0061727_19544447.jpg

リモート天文台の状況です。
ここでの雪は30cmくらいでしょうか。
ソーラーパネルも積雪しています。
自然に融けるのを待つと数日かかりそうなので雪おろしを しました。
来るのも大変でしたが、帰りもまた大変です。

c0061727_19571483.jpg

このおかげで充電は確保できました。
雪国の方のように、これが毎日となるとやはり大変です。

c0061727_2014460.jpg

c0061727_20158100.jpg

ソーラーパネルの脇の雪の深さを測ってみました。
50cm位はありますね。
柄がほとんど埋まってしまいます。
[PR]
by makkachi | 2017-01-15 19:59 | コラム・つぶやき | Comments(0)

初めてバッテリー容量が50%を切りました。

c0061727_14104412.jpg

リモート天文台で一晩撮影をしました。
翌朝はもうすでに雨が降り、十分な充電が出来ず
電圧は24.4Vになっていました。
この日は夜まで太陽は出ず次の日も天気は回復するかと思いきや
終日曇天で夜にはとうとう24Vを切ってしまいました。

バッテリー容量は5kwhほどあるのですが
気温が低いせいも合って十分充電できていないんでしょうか。

今日の朝には50%を切ってしまいましたが
朝から雲一つない天気で今はフル発電です。
10時ごろから400Wを発電しており2時間ほどになります。
電線には恐ろしいことに15A流れっぱなしです。

やっと80%充電してますので
しばらくたつと発電パワーが落ちてきます。

もう少しバッテリーを入れたほうが良いか?
発電機を入れてリモート発電にするか?
検討しないといけない季節になってきたようです。
この季節になっても雨が頻繁に降って安定しない天気です。

追記:

c0061727_14414439.jpg

発電量が下がったところで本日の充電量を
調べてみますと1.72Kwhです。
充電量から計算してみますとバッテリー残量は61%でした。
このグラフから推定して日照時間から考えると
ソーラーパネルとバッテリーをともに追加しないとダメそうです。
今年の冬至は12月21日ですのでここまでは頑張らんといけないですね
[PR]
by makkachi | 2016-12-02 12:30 | コラム・つぶやき | Comments(0)

光害地での画像処理

c0061727_1316273.jpg

リモート天文台を桑名ドームに移動したのですが光害がひどいです。
光害マップを見ると結構赤い。
この状態でのリモート天文台になったため、
天体写真の画像処理もかなり工夫を強いられることになりました。
基本、リモート天文台にこだわる訳ではないのですが、
現在の生活環境から考えると平日に遠征することが、まず皆無です。

というわけで画像処理と撮影方法で工夫をしていきます。

撮影に関しては、光害地ではバックグランドが上がっていきますので
レンジの山が範囲を超えないように、短露光+多枚数の撮影をしていきます。
レンジの山は高めにして綺麗に範囲内に収まるように
露光時間を決めていくのが良いでしょう。
画像処理をしてみるとわかるのですが、総露光時間は今までと変わらないものの
十分な映りをしてくれません。処理するにあたりかなり画像情報を捨てる部分が
多いので今までの1.5倍から2倍程度の露光時間が必要だと感じてます。

c0061727_1112459.jpg

これをコンポジットしたものが上の画像です。ひどいでしょ。
円形に映っているのはレデューサーの影です。
とりあえず、ELフラットパネルでフラット画像を作りフラット処理をしているのですが
背景がムラムラでほぼ役に立ってないことがわかります。

GINJI150は迷光処理がしていないのでこんな結果になってしまいます。
BKP200ならもう少し落ち着いてくると思ってます。
この状態では画像処理しても無理なので
シェーティング処理をしてフラットを合わせてやります。
シェーティング処理はいろいろツールがあるのですが
手っ取り早くぴんたんさんのフラットエイドを使うのが簡単だと思います。
フラットエイドですべての処理は完結するのですが
私はフラット画像だけを作ってステライメージでフラット処理を行いました。

最後にPhotoShopCCでいつもやっている処理を行うと
まあまあ見れる画像になります。

Markarian's Chain
[PR]
by makkachi | 2016-06-04 11:34 | コラム・つぶやき | Comments(0)

なかなか上手くいかないSharpCap 極アライメント

c0061727_1352496.jpg

Polar Alignment を実装したSharpCap Capturesですが
撮影するもののやはり星を認識させる時点でつまずいてしまいました。
というか時間がかかりすぎなんです。
facebookにも書いてありましたが
結局ノイズを認識しているみたいで時間がたっても認識できません。
もう少しアルゴリズムを変更すれば良くなると思うのですが...
結局、山の観測所でのテストはやめてASIをガイドカメラに戻しました。
[PR]
by makkachi | 2016-04-26 13:23 | コラム・つぶやき | Comments(0)