https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

これぞ!! 究極のフラット画..
at 2017-12-09 22:41
フラット画像撮影アシストアプ..
at 2017-12-08 17:26
ELパネルによるフラット画像..
at 2017-12-07 16:09

最新のコメント

ミュートンさんこんにちは..
by makkachi at 07:45
こんにちは、ミュートンと..
by ミュートン at 06:56
ネタじゃないですマジ(笑
by makkachi at 22:45

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:DSIオートガイダー( 79 )

MaxImDLのオートガイドのエラーで強制的に停止させる。

c0061727_16371411.jpg

前回紹介したエラーでスクリプトを実行するの続きです。
MaxImDLでオートガイドを進めていると突然ガイドが
乱れてしまうことがありました。
いろいろ原因を探ってみるとそれはカメラに問題があることが
分かってきました。
ガイドカメラはCCDですが冷却機能はありません。
ガイドとして使う分には問題ないのですが遠隔で操作している都合上
ダークを引かずにガイドをしています。
ある程度、輝度のあるガイド星ならば問題は出ないのですが
雲が掛かったときなどガイド星を見失うとStarlostします。
ダークを引かないとホットピクセルやノイズを間違ってガイド星と判断し
あらぬ方向にガイドを進めてしまいます。ごれが問題となっているわけです。
Starlostするとガイドはポーズ状態になるのですが、
これが出来ずにどんどん視野を外していくわけです。

対策として前回のスクリプトにガイド停止コマンドを組み込ませることにしました。

c0061727_8492487.jpg


Set cam = CreateObject("MaxIm.CCDCamera")
cam.LinkEnabled = True
cam.GuiderStop
Set cam = Nothing

上記の部分を前回のメールのスクリプトの後に書き加えます。

これでガイドに乱れが出ても、あらぬ方向に暴走することはなくなります。
[PR]
by makkachi | 2013-08-20 08:54 | DSIオートガイダー | Comments(0)

PHDGuidingのオートガイドのエラーをメールで送信する

c0061727_17454119.jpg

先日紹介しました。
MaxImDLのオートガイドのエラーをメールで送信する
PHDGuiding版(PHDEmailer )です。
あのSequence Generator Proを製作しています
mainsequencesoftwareのサイトにあります。
http://www.mainsequencesoftware.com/
専用アプリになります。
ガイド星を見失うとメールを出すことが出来ます。
ロストしてからの秒数も設定でき大変便利ですね。
みなさん考えることは同じですね~。
[PR]
by makkachi | 2013-08-17 17:42 | DSIオートガイダー | Comments(0)

MaxImDLのオートガイドのエラーをメールで送信する

c0061727_16371411.jpg

撮影中にオートガイドのエラーが発生したときに
携帯メールをアラーム代わりに使えるようにしてみました。
たとえば、
1.雲が発生した 。
2.太陽が昇ってきた。
3.地平線下になっている。
4.ガイドスコープが結露で覆われてしまった。
6.ガイド星がケーブルが吊って見失った。
7.ガイド星が風に揺れて失われた。
8.ドームスリットが、望遠鏡にマッチングしてなかった。
9.マウントが子午線を行き過ぎた。
こんなときにガイド星がボックスから離れてオートガイドが出来なくなりますよね。

設定はこのようになります。
c0061727_16373282.jpg

メール送信するスクリプトを作成してみます。
gmailのアカウントを取ってソフトバンクの携帯に送ってみました。

次にMaxImDLの設定をします。
スクリプトを下記のフォルダに入れます。
32ビットWindowsの場合:
C:\Program Files\Diffraction Limited\MaxIm DL V5\Scripts\send.vbs
64ビットWindowsの場合:
C:\Program Files (x86)\Diffraction Limited\MaxIm DL V5\Scripts\send.vbs

MaxImDL、ガイドカメラコントロールウィンドウに移動し、 'アラーム'ボタンを選択します。
c0061727_163967.jpg

[トラッキングエラーアラーム]ウィンドウで、
最初の2つの "トリガーアラーム"のチェックボックスが
チェックされていることを確認してください。
その後、実行するスクリプトを設定します。

動作はシュミレータでテストをしてみてアラームを出す
しきい値をきめていけば、良いと思います。
[PR]
by makkachi | 2013-08-03 16:38 | DSIオートガイダー | Comments(0)

ガイドのこと もう一つ

c0061727_159223.jpg

starlight-lab http://www.starlight-lab.com/info/
で、PCレスオートガイダー「SLAG-α」が発売されるようです。
ビクセンの絶版オートガイダーAGA-1に似たような感じで
ビデオモニター、ステータスモニター付きなので便利ですね。
別途高感度のビデオカメラが必要なので、コストは掛かってしまいます。
国産なのでサポートの心配も要らないですし
遠征にはベストなアイテムだと思います。
以前、欧州(チェコ)のほうで、こんな感じの製品を見たことがありますが
http://foto.astronomy.cz/TVGuider.htm
おそらく考え方は同じですね。
ビクセンさんもAGA-1をモニター内蔵にしてAGA-2にすれば
きっと売れただろうにと思ってしまいます。

出来れば冷却カメラでホットノイズを減らしてくれれば
ガイド星が沢山見つかって助かるんです。
[PR]
by makkachi | 2012-09-09 15:14 | DSIオートガイダー | Comments(0)

ガイドのこと

c0061727_223983.gif

前回の記事で紹介したとおり
架台の追尾精度は大変良くて優秀なんですが
ガイド撮影となると、いろいろな影響を受けて上手くいかないことがあります。
まずはMaxImDLから
大きく振れていますが、スケールが0.5なので
そんなに大きな影響は無いのですが
シンチレーションがガイドグラフに反応しっちゃっている感じです。
MaxImDLの悪いところは雲にかかったときに
ガイドプロセスが止まらなくて、ガイドが大きく乱れることです。

c0061727_2247244.gif

次にPHDガイディング
追尾精度自体は同じくらいでしょう。
細かい設定があるので、そのときの気象状態に合わせて
ガイドを追い込むことが出来ます。
特筆なのは雲にかかったときにガイドが一時停止してくれます。
晴れれば再開します。このプロセスはいいですね。

最近思うことなんですが、露光時間についてです。
ほとんどのソフトが
オートガイドは星の重心を測ってガイドルーチンを作っています。
シンチレーションの影響を軽減するには
理論上、露光を伸ばすと劇的に減るようです。
実際にやってみると私の場合2.5秒が
一番振れ幅が少なくてベストでした。
5秒くらいに伸ばすとかえって振れ幅が大きくなります。
理論通りにはいきませんが、露光は長いほうが良いみたいです。
[PR]
by makkachi | 2012-09-08 22:58 | DSIオートガイダー | Comments(0)

NEW WEBカメラオートガイドリレーBOX

c0061727_10465753.gif


NEW WEBカメラオートガイドリレーBOX
http://kuwana.ddo.jp/astro/product/lx200/lx200.html
昨日以外に早くケースのほうが仕上がってきました。
早速ですが新しいWEBカメラオートガイドリレーBOXを製作いたしました。
旧タイプに比べ外形サイズが二まわり小さくなりコンパクトになりました。
今まで表示していなかった動作方向LEDを付けましたので
一目でガイド動作状況がわかると思います。
製作コストは上がりましたが、価格はそのままで頒布したいと思います。
とりあえず限定数のみですので宜しくお願いします。
[PR]
by makkachi | 2009-02-01 00:01 | DSIオートガイダー | Comments(0)

完成品 WEBカメラオートガイドリレーBOX 完売

c0061727_20472153.jpg

金具がなくなりましたので、以下のものが作れなくなりました。
 完成品 ビクセンDD-2用 WEBカメラオートガイドリレーBOX (USB)
 完成品 ビクセンDD-1/2改造込み WEBカメラオートガイドリレーBOX
 完成品 KenkoEQ5/EQ6PRO WEBカメラオートガイドリレーBOX (USB)
 完成品 ST-4仕様WEBカメラオートガイドリレーBOX (USB)

現在、NEWモデルを設計中です。
汎用ケースを使っていましたが、いろいろ制限がありましたので
すべてオリジナルで作り直します。
2月中旬にはNEWモデルになります。
しばらくお待ちください。

なお上記のモデルの
液晶タイプは、引き続き製作できます。

宜しくお願いします
[PR]
by makkachi | 2009-01-27 20:54 | DSIオートガイダー | Comments(0)

PHDGuidingの便利な機能

c0061727_1155953.gif

PHD Guiding 1.10.0 に新しい機能ができましたね
Auto-star select です。自動的にガイド星を選んでくれる機能です。
これって結構便利ですよね。
特にUWSCで自動化させたい場合にはAuto-star selectすれば
ボタンひとつで自動ガイドを実行できます。
ますます簡単便利になってきました。
[PR]
by makkachi | 2008-12-25 12:09 | DSIオートガイダー | Comments(2)

ASCOM LX200ドライバーをお使いの方へ

c0061727_945934.gif

ご存知の方も多いと思いますが、ガイド基板をお使いの方で1番問い合わせが多いのが
Generic LX200 Type Telescopeを接続できない問い合わせです。
どのポートをお使いですか?とお聞きすると大抵COM5とかCOM10とかです。
モータードライブとか自動導入されている方も多いのでCOMポートの番号は
後ろのほうですよね。

でもでも...
LX200 Type TelescopeはCOM1~COM3までしか対応できないのですね
でも設定画面ではCOM5とかCOM10とか出てきます。
出なきゃいいのに
COM4以降は接続できません。ソフトが悪いんです。
私はCOMポートを変えたくなかったのでVIXEN スカイセンサー2000PCを使っています。
スカイセンサー2000PCはLX200準互換ですからオートガイドを使う分には
問題なく使えます。COMポートの制限も無いです。
[PR]
by makkachi | 2008-11-11 06:03 | DSIオートガイダー | Comments(2)

TVGuider2

c0061727_10195022.gif

TVGuider2ですが資料が公開されていましたので、見てみました。
メインのマイコンは新参者のシリコンラボラトリ社C8051をつかっています。
C8051”は、2~128KBのフラッシュメモリ、高性能AD、4系統シリアルなどの機能を搭載した高速8051コアのMixed-Signalフラッシュマイコンですね
高速なので国産のマイコンが置いていかれそうな勢いです。
上の写真を見ても分かるように
内部はSTVというよりもAGA-1に近いものです。
こうやって見ると
オートガイダーをスタンドアロンで作るとなると、やはりカメラがネックかなあ
簡単に済まそうとするとNTSCビデオカメラを使わざるを得ないしね
でもPCを使わないのTVGuider2は大変スマートです。
話は変わりますが
液晶表示付きオートガイドリレーBOXの製作は、おおよそ目処が立ってきました。
温度表示も表示できます。
[PR]
by makkachi | 2008-09-02 12:17 | DSIオートガイダー | Comments(3)