https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

撮像パソコンを交換しました。
at 2017-10-18 11:19
リモート天文台のメリット&デ..
at 2017-10-16 22:30
雨ばかりなので絶賛、鏡筒改造中
at 2017-10-16 08:55

最新のコメント

基本は温度変化なので即座..
by makkachi at 09:41
初めまして。 クラウド..
by たろう at 08:17
事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

WiFi Scope Controlリリース決定です。

c0061727_11495136.jpg

自作版ではなくて本家の話です。
ちょっと形が変わりました。プレオーダーは来月発送らしいですが
製品版は12月初旬からの注文で3月出荷です。
楽しみですね
円高ですし作るより安いかも知れませんね

私は、自作版の部品を取り寄せて、試験的に動作させてみました。
アクセスポイント無しで動作します。
ケースに収めて完成です。
もうそろそろ紹介できると思います。
iphoneとWiFiアダプタと自動導入赤道儀があれば
かんたん自動導入できます。
[PR]
by makkachi | 2009-11-30 11:59 | New Device | Comments(0)

今度は まが玉星雲 IC405 だ!!

c0061727_22141889.jpg

25cmF4 パラコア Art11002 Baader Planetarium Ha 900sec×5 U-150
Nikon65mmED DSI-pro MaxImDL/PHDGuiding1.91
まが玉星雲という愛称で親しまれている、 ぎょしゃ座の散光星雲IC405です。
ここ数日の天気の安定でよい結果が出ています。
毎年ここは狙っているのですが、今回は良く映ったと思います。
今度は長時間撮影をして見ます。
[PR]
by makkachi | 2009-11-26 21:00 | 観測・撮像 | Comments(0)

透明度は最高だ!! カリフォルニア星雲

c0061727_22562464.jpg

25cmF4 パラコア Art11002 Baader Planetarium Ha 900sec×5 U-150
Nikon65mmED DSI-pro MaxImDL/PHDGuiding1.91
透明度は最高でした。自宅で撮影したHαナローバンド画像です。
夜半2:00ころからは、木曽三川の湿気が上がってくるので
シーイングが落ちます。それまでにサーっと撮影するのが
ここ数年のパターンですね。次の日が仕事ということがありますので
無理は出来ません。
名古屋の光が煌々と輝いていますので、ここまで撮れればベストといえます。
もう少し感度が良くてSNの良いCCDカメラでしたら素晴らしいでしょうね
赤外領域は空にモヤが出ると格段と落ちますら透明度が命です。
逆に透明度があるときは風が強くガイドが乱れやすいので
良し悪しです。
[PR]
by makkachi | 2009-11-24 21:34 | 観測・撮像 | Comments(2)

久々に撮像中

c0061727_21495774.gif

温暖化と不況で、どんどん望遠鏡と接する時間が少なくなってきています。
1.温暖化すれば天候が曇りがちになる
2.不況になると、安い仕事ばかりで社員は過酷な労働を強いられる

全然撮影できないです。

短い時間でも確実に撮影するシステムを考えて
今の世の中にあった物を作り上げれば
いつまでも趣味を続けられるような気がします。

純粋に天文と接している人は、「ばかげている」とか
「そんなのダメじゃん」って言われますね

私はほぼ70%くらい撮像の自動化が出来ています。
iphoneがあれば出先でも撮像できます。

これから世の中が元に戻るなら
逆に撮像なんかせずに
ゆっくり時間が取って
高原で観望してみたいです
[PR]
by makkachi | 2009-11-23 21:57 | コラム・つぶやき | Comments(0)

乾電池内蔵型モーターコントローラのサイトが出来ました。

c0061727_19562952.gif

乾電池内蔵型 MT-1モーターコントローラの紹介
WEBサイトが完成しました。本日から公開です。
http://kuwana.ddo.jp/astro/product/gpmotor/gpmotor.html
公開と同時に頒布も行います。
宜しくお願いします。
[PR]
by makkachi | 2009-11-17 19:58 | New Device | Comments(0)

ちょっと残念なお知らせ!

c0061727_21582476.gif

iphoneアプリ SkyVoyager用のシリアル・無線LAN変換アダプタに使っている
ストロベリーリナックスの
WiFly 802.11bシリアル・モジュールが販売終了になってしまいました。
結局2台しか製作が出来ませんでしたが
今後は代わりになるものを見つけたいと思います。
心当たりはあるのでまたこのブログで紹介していきたいと思っています。
今度は、もう少し頒布していきたいと思っています。

SkyVoyager用のシリアル・無線LAN変換アダプタは
iOptron SmartStarとの組み合わせはベストマッチで
パソコンを持っていかなくても良いので
遠征には大変便利です。また庭先でのチョイ見も最高で
一人メシエマラソンで楽しんでいます。

今度はアドホック(ピアツーピア)で動作して電池の持ちの良いものに
なると思いますyo
[PR]
by makkachi | 2009-11-16 22:05 | New Device | Comments(0)

乾電池内蔵型 MT-1モーターコントローラ

c0061727_2372299.gif

c0061727_2373764.gif

今年は安定した空が無いですね
撮影が全然出来ませんね!日本の空はどうなちゃたんだろう
ということでここのところ機材ネタばかりです。
以前から要望が多かった
乾電池内蔵型 MT-1モーターコントローラを試作してみました。
新設計の筐体と電源周りを変更した基板を使っています。
機能は以前と同じように使えます。
若干の修正はあるものの、ほぼ完成品に近い形ですね。
電池が内蔵されたことで、可搬性が大変良くなりました。
今後はUSBを載せて自由にギア比の設定をパソコンで書き込める用に
機能アップさせます。
MT-1モーター以外のP2モーター(HD-2)なども対応していきます。
ちなみに乾電池内蔵型ROBOコマンド対応フォーカスモーターコントローラも
出来ます。
[PR]
by makkachi | 2009-11-12 23:07 | New Device | Comments(0)

良い子は真似しちゃいけません!!

c0061727_23485079.gif

ついに禁断のコントローラの改造です。
RS232CになればSCOPE WIFIアダプターが使えるようになりますので
iphoneで自動導入が出来ます。
さてRS232C基板はスペースが無いので
ツール工房のRS232C-TTLレベル変換基板を使いました。
電源は3.3V 電源レギュレータICから取ります。
USB IC CP2102のTX RXを接続するだけです。
簡単そうですが一歩間違えると取り返しの付かないことになります。
TX RXはパターンが見えているので良くわかります。
CP2102へ行くTX RXパターンをカットして半田付けを行いました。

完成後、再度接続を確認して電源を入れました。
何度も言いますが、間違えたら終わりです。
何事も無く無事、起動しました。やれやれ
今日は疲れたのでSCOPE WIFIアダプターの接続はやめて
パソコンと接続、問題なく通信しているので完成かな...
プロトコルを見てみたらiOptronの通信仕様はLX200に似ています。
[PR]
by makkachi | 2009-11-07 23:56 | 望遠鏡 | Comments(0)

SBIG ST-8300

c0061727_1259116.jpg

海外のショップでも一斉にアナウンスされました。
SBIGにしては後発になっていしまいましたが
KAF-8300のCCDを使った冷却CCDカメラです。
SBIGですからノイズはそこそこ出てしまうかもしれませんが
とにかくお値段が安い  $1995だそうです。
December 2009リリースだそうですね。
とにかく安いですから売れるでしょうね
入門用には良いカメラになりそうです。
[PR]
by makkachi | 2009-11-06 13:03 | CCD | Comments(0)

iOptronのコントローラを分解してみた。

c0061727_21524862.gif

何とかしてScopeWiFiアダプターを使いたいので
iOptronのコントローラを分解して調査してみた。
心臓部のマイコンはPHILIPSの144ピンARM7マイコンLPC2214
フラッシュROM 256Kバイト
汎用I/O 最大112本
A/Dコンバータ 8ch 10bit
PWM 6出力 UART 2ch
という仕様、特に中国製品ででよく使われるマイコンです。
コントローラとはバッファーICを通してI2Cで通信している。
この回路上ではRS232Cはまったく出ていない。
マイコンの左にあるのはリセットスイッチ
ファーム書き込みを失敗したときに押すと再書き込みが出来る。
普通こんなところにあるのはわからない
c0061727_21525758.gif

USBコントローラはCP2102 (四角いやつ)
ストロベリーリナックスでも売っています。1個 600円
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=50005
残念ながら私は使ったことがありません。
データーシートがあるので、ここの通信ポートから
例のRS232C基板を入れてRS232Cポートを出すのが手っ取り早いみたいです。
c0061727_2153440.gif

基板を裏返してコネクターの半田付けを見てみた。
なんじゃこのイモハンダ 汚い この辺は日本では考えられない品質
iOptronは不具合が多かったのも、わかる様な気がする。
半田を吸い取って、修正する。
購入時液晶のバックライトがつかなかったのも、結局半田不良だった。
これも修理して今日は元に戻すことにした。
[PR]
by makkachi | 2009-11-04 22:10 | 望遠鏡 | Comments(2)