https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

雨ばかりで撮れんぞー
at 2017-08-18 07:31
M13 (Great glo..
at 2017-08-16 06:04
システム変更しました。
at 2017-08-14 19:03

最新のコメント

事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02
これ良いですね。昨年遠征..
by のんた at 02:38
処分しようと思っていたと..
by makkachi at 11:44

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Rain_sensor

c0061727_21175098.gif

AAG CloudWatcher に使われているセンサーです。
自作するために、国内製品ででいろいろ探したのですが
こういうものはありません。
Telecontrolli 社のフィルム状のセンサーです。
おそらく静電式だと思います。ヒーターも組み込まれていて
雨が降ったときに間欠でヒーターを動作させれば、
雨上がりがリアルにわかるようになります。
AAGもPICマイコンですので、作ってみたいのですが
このパーツが日本では手に入りません。
国内ではこういうのは需要がありませんね
気象計などは、海外のほうが、種類があって格安で手に入ります。
[PR]
by makkachi | 2010-07-25 21:25 | New Device | Comments(3)

ドーム回転モーターのメンテナンス。

c0061727_196386.gif

今日は暑かったですね。
メーカーさんのモーターテストで現在、ドーム回転モーターを取り外しています。
良く見ると、結構錆が、回っています。
メッキ鋼板を使ってるのですがメッキが強くなく、
雨などの吹き込みでかなりの範囲で錆びちゃったんですね。
外して初めて分かりました。
ウレタンローラを3月ごろに交換しようとおもってニッシンさんから取り寄せていますので
一緒に交換することにしました。
しかし結構錆びていてローラが外れない。無理やりこじて取りました。
おそらくドームを持っている方もここは見たことは無いでしょうね
一度ははずしてみたほうが良いかもしれません。

c0061727_1961454.gif

ついでにバラバラにして塗装しました。
屋外で作業をしまして
今日はホントに暑かったので、天然の焼付け塗装が出来ました。
我ながら仕上がりも結構綺麗

これからは年に1回くらいはメンテせんといかんです。
[PR]
by makkachi | 2010-07-19 19:07 | コラム・つぶやき | Comments(0)

Mel Bartels Computer Operated Telescopes その1

c0061727_9384621.gif

Mel Bartelsさんが開発した自動導入機能を備えたモータードライブユニットです。
簡単なハードウェア(モーター駆動回路)を作ることで運用できます。
最大の利点はPEC機能があること。
ガイド撮影をするものにとって必要不可欠の機能です。
ガイドを始めて暫くするとガイド補正が少なくなってくるのが分かります。
PEC機能が利いてきます。
外的要因(ドーム回転による振動、近辺の道路の振動)とかを除けば
ほぼ完璧がガイドが期待できます。

私の場合
   ドーム回転による振動   ---- DCモーターに変更
   近辺の道路の振動     ---- ピラーに防振ゴムを設置
という感じで対策しています。

簡単なメニューは以下のとおり
1.コマンドメニュー
 設定、導入、PEC、テストなどのメニューの切り替えを行います。
2.現在座標の表示
 赤径、赤緯、高度、方向を表示します。
3.目標天体座標の表示
 赤径、赤緯、高度、方向を表示します。
4.トラックモードのON/OFF表示
 ONの状態でモーターが回ります。
5.ハンドパッドの状態表示
 ボタンが押されると状態が表示されます。
6.LX200コマンドの状態
 外部導入ソフトでコントロールする場合はONの状態で使います。
[PR]
by makkachi | 2010-07-17 09:49 | 望遠鏡 | Comments(0)

梅雨の晴れ間!

c0061727_14302886.jpg

金曜日の夜に一瞬だけ星空を見ました。
久々に晴れると懐かしさまでも感じます。
豪雨の後の雨上がりで、湿度も高く撮影は難しいかなと
思いましたが自動撮像ソフトを使って撮影をしてみました。
撮像はやはりシンチレーションがひどくガイドが安定せず無理でした。
さて自動撮像ソフトですが
机上のプログラムでは上手くいくはずだったんですが、
赤道儀駆動パソコンがハングアップしました。
電源を入れる順序に問題があって、RS232Cの通信が糞詰まりになったのでしょうね
いろいろ問題点だけを調べ今後プログラム変更していきます。
梅雨が明けて本格的な撮像シーズンになったときには
ノントラブルで運用したいですね。
[PR]
by makkachi | 2010-07-13 14:38 | コラム・つぶやき | Comments(0)

秋月 PICNICファームウェア改造で世界が広がった

c0061727_12293354.gif

前からやってみたかったのです。
秋月 PICNICファームウェア改造をしてWake on LANの機能を追加しました。
パソコンがPICNICから起動出来るようになります。
これがなぜ良いかといいますと
自動撮像ソフトでパソコンの起動順序が決められます。
私の場合、モータードライブもパソコンタイプなので
メインパソコンが立ち上がってからモータードライブを立ち上げないと
RS232Cのポートがハングアップします。
ある手順で動作させると問題なく動作できます。
この機種に限ったことではないと思います。市販のモードラにもいえますね。
4台までのパソコン動作がコントロールできますのでWEBサーバーも仲間に入れました。
万が一停電などの復帰で立ち上がらなかった場合もPICNICで立ち上げられます。
PICNICをもう4年以上365日24時間、使っていますが、トラブルなしです。
安定した機器をメインに置くことで安心して遠隔出来ます。
PICNIC化したことで自動撮像ソフトも内容を変更しました。
今回はマイコン代370円とソフト変更(0円)のバージョンアップです。
[PR]
by makkachi | 2010-07-11 12:40 | New Device | Comments(0)

ASCOMドライバ 問題発生

昨晩の爆睡のおかげで やっと、気分が戻りました。
ゲームはハンドパッドを接続するにはASCOM HUBであるPOTHを使うのが
理想的でリスクが小さいのですが
どうもうまくいかない部分があります。
まず第一にPOTHを接続するときに負荷が大きくなりソフトが固まる症状です。
常にあるわけではなく何回かに1回の割合で起こっています。
もうひとつはハンドパッドの2つのボタンの同時押しの場合です。
Melの場合2方向に同時の動作できないので、制限を設けないといけないのですが
ここで複雑なルーチンを書くとリアルタイムな感じがなくなります。
おいしくないですね。結構悩んでいます。
[PR]
by makkachi | 2010-07-06 14:32 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)

ASCOMドライバ その後

c0061727_18173034.gif

ASCOMドライバーは、おおよそ出来上がったのですが
星空教室から帰ってから体調が変で
ソースが頭に入らなくなってしまいました。
このところ、スケジュールが込んでいたので疲れているのですかね
暫く休養しないと
[PR]
by makkachi | 2010-07-05 18:26 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)

Mel scope.exe ASCOMドライバ

c0061727_22114487.gif

Mel scope.exe ASCOMドライバの製作を始めました。
前回はLX Driverを改造したのですが、いまいち調子が悪いので
VIXEN SS2k ASCOMドライバを改良させます。
ドライバが出来ればPOTH DRIVERを改造して
USBゲームコントローラーを接続できるようにします。
ゲームコントローラーは結構使いやすいものがありますので
POTHで使えると大変便利なアイテムだと思います。
久しぶりのASCOMソフトです。
[PR]
by makkachi | 2010-07-03 22:25 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)

自動撮像ソフト とりあえず完成!!!

c0061727_21131679.gif

BIGINを選択したときに、ドームの室温を監視することにしました。
30℃を超えていたら自動的にエアコンが入ります。室温が下がればOFF。夏対策です。
オートフォーカスはFocusMaxを使いますが、オートフォーカスに失敗したときは、
もう一度実行させることにしました。成功したときはインジケーターが点灯します。
HFDも表示させることにしました。これで、空のコンディションがわかります。
撮像中に気温が2度変化したら、もう一度フォーカスをやり直す機能を追加しました。
おおよそ変更が出来ましたので、何とか実用できます。
後は天候を待つだけですね。

このソフトは、とりあえず出来たのでこのままにして
次回のプログラムを進めます。
予定としては、
  1.Melドライブ ASCOMドライバ(USBハンドパッドバージョン)
    自作のモータードライブの専用ASCOMドライバです。
    以前製作した基板にコントローラがないので
    市販のコントローラーを使えるようにするものです。
  2.新ニッシンドーム ASCOMコントローラ 
    新型モーターと高精度エンコーダーを使った
    ASCOMコントローラです。2スピードにしようと思っています。
    今使っている、ベルマンと入れ替える予定です。
  3.iPad Skyvoger用ASCOMドライバ
    今のASCOM環境で、iPadを使って天体導入を考えています。
    完成すると、かなり便利になります。
[PR]
by makkachi | 2010-07-01 21:30 | 遠隔撮像ソフト | Comments(2)