https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

撮像パソコンを交換しました。
at 2017-10-18 11:19
リモート天文台のメリット&デ..
at 2017-10-16 22:30
雨ばかりなので絶賛、鏡筒改造中
at 2017-10-16 08:55

最新のコメント

基本は温度変化なので即座..
by makkachi at 09:41
初めまして。 クラウド..
by たろう at 08:17
事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

新たな観測所のコンセプト その1

c0061727_925266.jpg

新たなスタイルの観測所を考えています。

自宅の環境が悪くなり星を見ても十分楽しめません。
そんな中、山に拠点があればいいなぁと思いますよね
だけど、遠征するにしても
仕事や家庭のスタイルを考えると、頻繁に遠征に行くことは難しいです。

これからは、平日は遠隔で、長い休日は現地で星を楽しむ様な
生活スタイルに合わせた遠隔観測が進んでいくような気がします。
確かにパソコンモニターで、その土地の環境を再現しても
実際の星空を楽しむものに勝るものは無いですが
かといって出かけるにしても休日に晴れるとは限りません。
拠点があれば観測室を置かなくても
全天カメラを設置するだけでも現地の天候を事前に把握できるので
安心して出かけることも出来ます。

最近は耕作遊休地とかがあって地主さんとの交渉次第では安価に
貸して頂けることもありますので、
必ずしも設置のハードルは高くないような気がしています

遠隔にするには
リスクを少なくすることが重要なポイントだと思っています。
観測室には従来のドームやスライドルーフがありますが
よりリスクの少ない新しいスタイルを考えてみました。
イラストのような感じで屋根全体を回転させて開閉させます。
現在、メーカーさんとのコラボで製作中しています。

c0061727_9433413.jpg

屋根はバランスウエイトでバランスが取れており
開閉は電動スライダーを使い「てこの原理」で回転させます。
からくりのような構造ですが、動作はシンプルです。
モーターを小型化できますので、万が一停電時も
UPSで動作させることも可能になります。
このシンプルさが遠隔動作にはメリットがあります。
[PR]
by makkachi | 2013-08-31 10:00 | New Device | Comments(0)

雨センサーの誤動作が多くなってきた。

c0061727_11131855.jpg

先月末から快晴にもかかわらず雨メールが届くようになって来ました。
雨センサーの感知部か出力のトランジスターが
経年劣化してきた感じがでてきました。
このところの酷暑ではしかたないのかもしれません。

観測中にもドームスリットが突然閉まる症状が出ています。
突然なので不便です。

いままでメールを出すアプリやドームコントロール盤は
突然の雨のことも考えかなりシビアに感知させるようにしてます。
症状は頻繁に出るものではないので、
もう少し感知の閾値を甘くしてみることにしました。
感知が10秒程度連続で感知をしたら、
イベント動作させるように変更です。
今週後半は雨なので変更したアプリで様子を見ることにしました。
直らなかったら雨センサーを交換ですね。
[PR]
by makkachi | 2013-08-23 11:23 | New Device | Comments(0)

MaxImDLのオートガイドのエラーで強制的に停止させる。

c0061727_16371411.jpg

前回紹介したエラーでスクリプトを実行するの続きです。
MaxImDLでオートガイドを進めていると突然ガイドが
乱れてしまうことがありました。
いろいろ原因を探ってみるとそれはカメラに問題があることが
分かってきました。
ガイドカメラはCCDですが冷却機能はありません。
ガイドとして使う分には問題ないのですが遠隔で操作している都合上
ダークを引かずにガイドをしています。
ある程度、輝度のあるガイド星ならば問題は出ないのですが
雲が掛かったときなどガイド星を見失うとStarlostします。
ダークを引かないとホットピクセルやノイズを間違ってガイド星と判断し
あらぬ方向にガイドを進めてしまいます。ごれが問題となっているわけです。
Starlostするとガイドはポーズ状態になるのですが、
これが出来ずにどんどん視野を外していくわけです。

対策として前回のスクリプトにガイド停止コマンドを組み込ませることにしました。

c0061727_8492487.jpg


Set cam = CreateObject("MaxIm.CCDCamera")
cam.LinkEnabled = True
cam.GuiderStop
Set cam = Nothing

上記の部分を前回のメールのスクリプトの後に書き加えます。

これでガイドに乱れが出ても、あらぬ方向に暴走することはなくなります。
[PR]
by makkachi | 2013-08-20 08:54 | DSIオートガイダー | Comments(0)

PHDGuidingのオートガイドのエラーをメールで送信する

c0061727_17454119.jpg

先日紹介しました。
MaxImDLのオートガイドのエラーをメールで送信する
PHDGuiding版(PHDEmailer )です。
あのSequence Generator Proを製作しています
mainsequencesoftwareのサイトにあります。
http://www.mainsequencesoftware.com/
専用アプリになります。
ガイド星を見失うとメールを出すことが出来ます。
ロストしてからの秒数も設定でき大変便利ですね。
みなさん考えることは同じですね~。
[PR]
by makkachi | 2013-08-17 17:42 | DSIオートガイダー | Comments(0)

遠隔地のパソコンを経由して観測所の音を聴く

c0061727_8581085.jpg

遠隔で撮像していますと、いまいち観測所の雰囲気の実感がつかめません。
現状、ドーム内のカメラや望遠鏡の姿勢を見るためのカメラ、
全天の空の状態を見るカメラ等、視覚で確認できるものは沢山あります。
でも何か足らないものがあることを感じています。

実はそれは音なんです。
聴覚で得るものがあるとかなり違ってきます。
望遠鏡の導入の音、カメラのシャッターの音、ドームが回転する音
また、周囲の風の音や自然の音まで聞こえれば
自分がその場にいるような感覚を感じることができると思います。

c0061727_9103023.jpg

私の使っているTeamViwerには遠隔のパソコンのマイク入力を
操作しているパソコンで再生できる機能を使っています。
遠隔パソコンにリモートで接続しますと右下のほうに
グレーに表示されているメニューが現れます。
そのヘッドホンのアイコンをクリックするとVoipのマイクの項目が
現れますのでミュートを解除します。
そうすると現地のマイク入力された音を聴くことが出来ます。
物によってはブート機能やAGC機能などがありますので
その機能を生かすことによっては、かなり小さい音も聴くことが出来ます。

ただ、パソコンのサウンドカードの機能によっては
音が小さい場合や機能に制限があります。
[PR]
by makkachi | 2013-08-16 09:16 | パソコン | Comments(0)

タカハシ ε-130D鏡筒

c0061727_8345785.jpg

噂になっていました。タカハシ 新しい鏡筒が発表になりました。
8月5日の天文誌の発売に合わせてWEB上も公開されました。
大彗星に合わせてのラインナップだと思いますが
かなりの力の入れようです。
価格も落ち着いた価格なので、購入される方が多いでしょうね。
秋にはビクセンの新鏡筒の発売がありますので、楽しみです。

協栄産業さんでは予約が始まっています。
タカハシ ε-130D鏡筒 【8月23日新発売・ご予約受付開始・初回ロット確保済み!

さてε-130D鏡筒ですが、補正レンズがEDレンズではないため
130Dと表記されています。
鏡筒本体の重量が軽いためにカメラとのバランスが取りにくいでしょうね。
かなりトップヘビーな状態になるのではないでしょうか?
冷却CCDカメラの場合は
フォーカーサー、フィルターホイルとかを組み合わせていくと
かなり大変な感じが想像できます。
タカハシのWEBサイトに出ているように
やはりデジ1眼でさっくり組み合わせるのがいいとおもいます。
とにかく、タカハシ製品ですので星像は間違いないですよね。

私も450mmF2.9のアストロカメラを作っています。
プアマンズイプシロンです。ε-130Dの価格と比べると半値以下です。
バランスと強度を出すのが、かなり大変でした。
デビューはもう少し先になりそうですが
完成しましたら、また、このサイトでご紹介したいと思います。
[PR]
by makkachi | 2013-08-06 08:52 | コラム・つぶやき | Comments(0)

MaxImDLのオートガイドのエラーをメールで送信する

c0061727_16371411.jpg

撮影中にオートガイドのエラーが発生したときに
携帯メールをアラーム代わりに使えるようにしてみました。
たとえば、
1.雲が発生した 。
2.太陽が昇ってきた。
3.地平線下になっている。
4.ガイドスコープが結露で覆われてしまった。
6.ガイド星がケーブルが吊って見失った。
7.ガイド星が風に揺れて失われた。
8.ドームスリットが、望遠鏡にマッチングしてなかった。
9.マウントが子午線を行き過ぎた。
こんなときにガイド星がボックスから離れてオートガイドが出来なくなりますよね。

設定はこのようになります。
c0061727_16373282.jpg

メール送信するスクリプトを作成してみます。
gmailのアカウントを取ってソフトバンクの携帯に送ってみました。

次にMaxImDLの設定をします。
スクリプトを下記のフォルダに入れます。
32ビットWindowsの場合:
C:\Program Files\Diffraction Limited\MaxIm DL V5\Scripts\send.vbs
64ビットWindowsの場合:
C:\Program Files (x86)\Diffraction Limited\MaxIm DL V5\Scripts\send.vbs

MaxImDL、ガイドカメラコントロールウィンドウに移動し、 'アラーム'ボタンを選択します。
c0061727_163967.jpg

[トラッキングエラーアラーム]ウィンドウで、
最初の2つの "トリガーアラーム"のチェックボックスが
チェックされていることを確認してください。
その後、実行するスクリプトを設定します。

動作はシュミレータでテストをしてみてアラームを出す
しきい値をきめていけば、良いと思います。
[PR]
by makkachi | 2013-08-03 16:38 | DSIオートガイダー | Comments(0)

ちょっと気になるカメラ ASI120MM

c0061727_1333215.jpg

ZWオプティカル社製品のASI120MMです。
CMOSなのですが。最高解像度(1280 x 960)で感度が高いカメラです。
Hiの飛びも無いようなので、ぜひ使ってみたいですね。
国内でも販売されていますし購入しやすいと思います。
ASI120MM ZWオプティカル(ZWOptical) 価格: ¥ 34,800
Electric Sheep Co. Ltd.
http://www.electricsheep.co.jp/astroshop/?itemcode=asimm01
とにかく安いですね。
なぜかCCTVレンズが付いていますね??。
このメーカーのニュートン鏡筒も気になります!!。
[PR]
by makkachi | 2013-08-01 13:02 | New Device | Comments(4)