https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

M16 IC4703 わし星雲
at 2017-08-22 07:57
雨ばかりで撮れんぞー
at 2017-08-18 07:31
M13 (Great glo..
at 2017-08-16 06:04

最新のコメント

事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02
これ良いですね。昨年遠征..
by のんた at 02:38
処分しようと思っていたと..
by makkachi at 11:44

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんなもの作ってます。

c0061727_11385837.jpg

本業が忙しくて死んでます。
以前紹介したもののコントロールですが
いま、こんなものを作ってます。
完成したら、またご紹介します。
ではでは、
[PR]
by makkachi | 2014-02-28 11:41 | New Device | Comments(0)

電力情報を撮像パソコンに表示する。

c0061727_1535593.jpg

観測所の電力情報を撮像パソコンに表示しました。
使ってみて初めて分かったのですが
撮像中は200Wをちょっと越えるくらい使っている。
これを普通に遠征に使えば発電機が必要なレベルです。
電池では難しいですね。
プリウスのような発電車を使うのが一番スマートかも。
どちらにしても
中部電力の引込電源なので問題は無いんだけどね。
電源系のトラブルを見つけやすいし、
電力メーターは、意外に必要なのかもしれない。
リモート天文台なのでいろいろ情報があると安心します。
c0061727_15464274.jpg

電力計を取り付けた様子。
[PR]
by makkachi | 2014-02-24 15:42 | パソコン | Comments(0)

ブログパーツを使ってGPVのスマホサイトを作ってみた。

c0061727_169077.jpg

外出先からGPVのサイトを見ようとすると
とても重たくて画面の更新が遅い。
で、操作性もとても悪くて不便を感じていました。

そういえば、天文のサイトを訪問すると
GPVのプログパーツがあるのを、時々見かける。
これを使って、うちのサーバーにGPVのスマホサイトを作ってみた。

使ってみると、これがなかなか便利。
時間経過もサクサク動作するしイイ感じ。
観測所のある三重県北部と岐阜県西濃を中心にして表示してみました。

ブログパーツを作るサイトはここです。

GPV気象予報 ブログパーツ
http://weather-gpv.info/parts/bparts.php

[PR]
by makkachi | 2014-02-22 18:07 | パソコン | Comments(0)

観測所のスマート化

c0061727_1555211.jpg

電力センサーを付けて観測所の「電力の見える化」を進めています。
使用電力が見えることによって、漏電や過電流また停電などが
わかるようになります。それにエコにも気をつけるようになりますしね。
先日、お伝えしたように梅雨対策に除湿機を納入する予定で
除湿機をコントロールするために、
電力センサーで運転の把握をしようとおもってます。
除湿機が運転すれば、電力量も上がりますので、
この数値から運転していると判断が、出来るようになります。

まずは、自宅のサーバーにセンサーを付けて
経過時間に対するグラフを描かせています。
ほぼ0.4Aなので30~40W程度で、このサーバーは省電力ですよね。
c0061727_15163992.jpg

使用するセンサーは、秋月電子で販売されている
USBクランプメーター e-Meter 8870 3,200円
クランプセンサーとしてはリーズナブルです。
これを自作ソフトで1秒毎に計測します。

以前、電力センサー自作をしましたが、回路的にも感度的にも難しくて
このようなセンサーが販売されたのは、大変嬉しいです。

実はこの電力表示ソフトがサーバーになっていて、
この計測データーをLANでエアコンコントロールソフトで通信しあうことによって
除湿機のコントロールが出来るようになります。
c0061727_15241181.jpg

[PR]
by makkachi | 2014-02-19 15:24 | New Device | Comments(0)

1ヶ月ぶりの揖斐観測所

c0061727_1324963.jpg

1ヶ月ぶりに行ってみました。
結構、雪が積もっていて いつも通る峠道は
生活道路ではないので除雪もしていなくて
スタッドレスでも滑る始末。
ハンドル切っても曲がらなくて危うく車を落としそうになりました。

観測所も雪が多くて屋根から雪が垂れ下がっていました。
少し気温が上がると丸い屋根のおかげですぐに雪が自然に落ちるようで
これはイイ感じです。
扉近くまで雪がきているので、ある程度とってからでないと
部屋の中に入ることも出来ませんでした。

c0061727_1394445.jpg

室内も特に変わった様子はありませんでした。

1ヶ月もの間、特に4日ほどは撮影に屋根を空けたので
さぞかし床が汚れているだろうと思いましたが
埃も無くてすごく綺麗です。
自宅のドームは1週間もすると床は細かい砂だらけです。

かなり密閉性が良いのでしょうね。
屋根がガッポリと開くのに密閉性を保っているのは、ニッシンさんの作りがイイんです。
暖かくなったら、梅雨に備えて今度は除湿機の設置に行きます。
今は、新しいエアコンコントローラー盤を考察してます。
[PR]
by makkachi | 2014-02-15 13:15 | コラム・つぶやき | Comments(0)

天体写真はPhotoShopで化ける

c0061727_10435714.jpg

私の天体写真の画像処理は
CCDSTACKでコンポジット、ステライメージでカラー合成
その後は、PhotoShop CS5で仕上げます。
ほとんどの工程をPhotoShopで行います。

PhotoShopの最大の魅力は非破壊編集が出来るということですね。
元の画像データの上書きをせずに画像を変更できるし
元の画像はそのまま保存されているので、必要に応じて復元することができます。
編集を行っても画質は低下しませんしね。
上の写真は先日のオリオン大星雲です。

編集の内容はレイヤーに表示されてます。
左画像が編集前の元画像、レイヤーでは背景にあたります。
右画像が編集後です。いろいろ処理された表示になりますね。

c0061727_10552898.jpg
こんな感じでグリグリ編集をすると、
右画像のように仕上がります。 便利ですね。
[PR]
by makkachi | 2014-02-12 10:54 | パソコン | Comments(0)

オリオン大星雲 撮り直し @揖斐

c0061727_21244487.jpg

15cmF4(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×5,2,2,2
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 MEADE DSI-PRO MaxImDL Guidied
前回と同じ状況でしたが、天候は安定してきておりますので
状況は良くなったかなって感じです。
[PR]
by makkachi | 2014-02-09 00:59 | 観測・撮像 | Comments(0)

MaxImDLの望遠鏡の停止機能

c0061727_1136745.jpg

MaxImDLには結構便利な機能があります。
望遠鏡の自動停止機能です。
地平線下など望遠鏡の駆動を一時的に動作を止める機能です。
設定はObservatoryのTelescopeタブのSlewLimitにあります。
ここに
Minimum Altitude (最低高度)
Maximum Altitude (最高高度)
Maximum Declination (最大傾き)
にそれぞれ設定が出来ます。
私の場合は地平線5度以下はモーターを止めることにしていますので
Minimum Altitude (最低高度)に5.00degを入れてチェックをしています。

但し、この機能を使うには
赤道儀モーターがASCOMコマンドで停止する機能を持った
ドライブでないと使えません。
NS企画 NS5000は自作のASCOMドライバーで実現しています。
[PR]
by makkachi | 2014-02-03 11:44 | パソコン | Comments(0)