https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

これぞ!! 究極のフラット画..
at 2017-12-09 22:41
フラット画像撮影アシストアプ..
at 2017-12-08 17:26
ELパネルによるフラット画像..
at 2017-12-07 16:09

最新のコメント

ミュートンさんこんにちは..
by makkachi at 07:45
こんにちは、ミュートンと..
by ミュートン at 06:56
ネタじゃないですマジ(笑
by makkachi at 22:45

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Windows8.1上でドライバーの動作検証をしています。

c0061727_921165.jpg

この連休前半にWindows8.1のパソコンを組みましたので
NISSINDOMEドライバー、NS5000ドライバーの検証をやってみました。
NISSINDOMEドライバー、NS5000ドライバー共
最初はインストールが上手くいきませんでした。
インストーラーのレジストリ登録が上手くいってないようでした。
原因が分かったので変更して、何とかインストールは上手くいってます。
ASCOMプラットホームもインストールしてMaxImDLからPOTH HUB -> NS5000を接続して
問題ないことを確認しています。
すべてを確認したわけではないですが
NS企画 NS5000/NS400ドライバーはおそらく問題ないでしょう。
ただASCOM自身もWindows8.1は動作条件の中に入っておらず
現在はWindows7までとなっています。

次にドームドライバーです。
インストールは出来たものの、LANでの接続が出来ない状態になっています。
WINSOCKに問題がありそうです。
対策としてWINSOCKドライバーを使わない方法を考えないといけません。
ドームドライバーは現在のところ使えない状態です。
Windows7とWindows8は見た目は変わっていない感じですが
かなりの部分、変更(機能が限定された?)になっているようです。
いろいろ難しくなってきましたね。
[PR]
by makkachi | 2014-04-30 09:37 | パソコン | Comments(0)

自宅ドーム 20年目の記念日 4/26

c0061727_1533320.jpg

自宅ドームが完成してから20年目の記念日を迎えました。
いくつかの風雪に耐え、いままで大きな問題も無くここまできました。
かくにも、完成したときに名古屋では大きな事故がありました。
完成したドームに登ってきた家内が、
いま「テレビで速報がはいって...」
「なにがあったの??」
「えーっと」「えーっと」っと動揺が止まっていないようでした。
私は直ぐに降りていって
その後テレビから目が離せなくなったことを今でも忘れません。
特別な日に特別な事故..
今日もそのニュースは流れましたね。

私がドームを建設した頃はまだドームも珍しかったと思います。
冷却CCDカメラも自動導入も無かった頃です。
今では環境も大きく変わりました。
自分で電動化し遠隔操作も可能になりました。
逆に街は近代化して星空は見えなくなりつつあります。
便利になった分不便を強いられることが沢山です。
さて次の20年はどうなるでしょうね。
[PR]
by makkachi | 2014-04-26 15:03 | コラム・つぶやき | Comments(0)

とにかくリソースとの戦い。

c0061727_1041336.jpg

遠隔撮影をしていて、MaxImDLが突然のフリーズ。
原因はいろいろあると思うんですが、重要なことがひとつ
遠隔天文台のマシンはCore2Duo3.0です。
一昔なんですが、スペック的には問題ないと思ってました。
OSはWindows 7なんですがMaxImDLやカメラ等のデバイスのドライバーを
考えて32Bitタイプにしています。
撮像するには、撮像以外に星図ソフトやらリモートディスクトップやらで
いろいろアプリを起動しないといけない。
ここでタスクマネージャーを起動してパフォーマンスタブからリソースモニターを見てみる。
なんと何もしていないのに50%を越えるときがたびたび
いままで気が付かなかったのですが、結構パフォーマンス喰ってるね。
瞬間的に100%になるときもあって、こりゃMaxImDLが突然のフリーズする訳だ。

じゃあメモリを足せばというとこだが、リソースはシステムで予約されてて
メモリを足しても増えない。
使うソフトを限定させるか?もっとスペックの高いPCに代えないといけない
最低でもi5、i7マシンが必要だと思う。
64bit OSに変更すれば、もう少しリソースに余裕が出来そうですが
カメラやフォーカーサーの動作に心配がでそうで悩ましいし。
次の機会にパソコンを一掃してやらんといけないが、とりあえず
自作ソフトはリソースを喰わないように変更して
使わないソフトはなるべく起動しないようにしたほうが吉です。
[PR]
by makkachi | 2014-04-24 10:59 | おすすめサイト | Comments(0)

GS カーボントラス鏡筒

c0061727_13564430.jpg

笠井さんからやっと出ました。
次は私もこれかなって思っています。
カーボントラスとしては破格の値段です。25cmで38万 30cmで46万です。
GSは鏡の精度が高いのでしっかりした鏡筒があれば
期待できますね。
[PR]
by makkachi | 2014-04-22 14:01 | 望遠鏡 | Comments(0)

NS5000ドライバーのサイトを更新しました。

c0061727_1734594.jpg

4/21更新:
インストーラーを変更してレジストリを自動で登録するようにしました。
管理者で実行もインストーラーで行いますので
セットアップファイルを実行するだけで、完了です。
ドームコントローラーも同様に変更しました。

**************************************************
久しく放置していましたが
公開ドライバーも更新しました。
旧バージョンをインストールされた方には、ご迷惑をおかけしました。
レジストリも自動で登録するようにしています。
NS400もあわせて公開しましたのでご利用ください。

天体自動導入装置DOG NS-5000/NS-400 ASCOMドライバー
http://kuwana.ddo.jp/astro/TIPS/NS5000/NS5000drv.html
[PR]
by makkachi | 2014-04-21 19:39 | New Device | Comments(0)

観測所の夜間カメラView

c0061727_19245921.jpg

観測所を見渡すカメラを設置しています。
昼間は良いのですが
夜間は明かりが無いので通常のアナログカメラではまったく映りません。
c0061727_19361460.jpg

普通に映すとこんな感じ..

なので、デジタルカメラで蓄積タイプのものにしています。
月の無い夜でこれくらい映れば、状況が分かりますよね。
肉眼で見ても暗くてこんなには見えません。
デジタルの力ですね。

特に夜間ルーフの状態を見るのに助かっています。
[PR]
by makkachi | 2014-04-17 19:30 | New Device | Comments(0)

サイト更新情報 ドームコントローラサーバー遠隔制御タイプ

c0061727_11341481.jpg

こちらも旧タイプのままになっていましたので更新しました。

ニッシンドーム ドームコントローラサーバー バージョン2.0 遠隔制御タイプです。
http://kuwana.ddo.jp/astro/product/ASCOM/DomeDriver.html
今回のバージョンからUSBタイプのエンコーダーBOXがなくなり
本体内蔵タイプになります。
これによりLANケーブル1本でコントロールが出来るようになります。
USBケーブルは5mの制限がありますがこれも100mまで伸ばすことが出来ますので
コントロールするパソコンとドームコントローラ盤とは
別の建物でもコントロールが可能になります。
インターネット越しの接続も可能です。

また、無線LANも使えますので、わずらわしいケーブルが不要になりますね。
いままで固定だったスリットのOpen/Closeの時間設定が可能になります。

遠隔制御に重点をおいたものになっています。
[PR]
by makkachi | 2014-04-16 11:37 | ドームコントローラ | Comments(0)

風速をグラフ化してみました。

c0061727_14575717.jpg

風速計を付けてメールで分かるようにしていたのですが
メールの情報だけだと、風がどのような常態か良くわかりません。
ある程度風が吹けばメールが来るので「強いなぁ」っていうのは分かりますけどね。


c0061727_151926.jpg

もう少し分かりやすくするためにグラフ化してみました。
このように表現すると時系列で風の強さが分かります。
縦軸が風の強さで横軸が時刻です。
風が強い状態が続くとグラフが常に高い状態で推移します。
9時頃から風が吹き出して夕方には収まる
こんな感じの状態が毎日続きます。
なんか不思議な感じです。

表現次第(グラフ表示)で変わるものですね。
風が収まっていくのが視覚的に分かります。
[PR]
by makkachi | 2014-04-10 15:06 | パソコン | Comments(0)

私のリモート望遠鏡です。

c0061727_10204869.jpg

リモート望遠鏡の中では、かなり小さなクラスでしょうね。
2m角の観測所が広く見えます。
空がそこそこの暗さなので焦点距離が400mm前後でfの明るいもの
バラ星雲を撮ったときにちょうどイイ画角に収まるものを選択候補にしていました。
FSQ-106EDがちょうど合うのですが、私は反射系のカリッとした星像が気に入っているので
笠井トレーディングのGN-150FNにしました。安いですしね イプシロン130は販売前でした。

ただ、安いだけあっての鏡筒なので
接眼部の構造や強度を考えますと、そのままでは撮影に使えません。
冷却カメラもフルターボックスや補正レンズを含めますとかなりの重量です。
それを支えるだけの強度を持たせることが出来るのか???
純正のフォーカーサーではスリーブがたわんで無理ですよね。
この重量を支えるにはPDFを使うのですが、これまた重量があって、
今度は鏡筒本体の強度を保たないといけなくなります。
いろいろ手を入れていきますと結局コストは掛かっていきます。

プレートはオリジナルの翼型で6cmのガイド鏡を載せてます。
カメラのバランスウエイト代わりです。
冷却カメラをプレート内側に持っていきたいのですが
鏡筒長が短いのでプレートと平行に、
カメラをプレート外側(天頂方向)に設置させる方法もあるのですが、
モーメントが大きくなって自動ガイドが安定しないのでNG。
このスタイルに落ち着きました。
[PR]
by makkachi | 2014-04-06 17:20 | 望遠鏡 | Comments(2)