https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

雨ばかりで撮れんぞー
at 2017-08-18 07:31
M13 (Great glo..
at 2017-08-16 06:04
システム変更しました。
at 2017-08-14 19:03

最新のコメント

事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02
これ良いですね。昨年遠征..
by のんた at 02:38
処分しようと思っていたと..
by makkachi at 11:44

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2015年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

遠隔天文台に遮光パネルを設置しました。

c0061727_1822342.jpg

c0061727_18225179.jpg

周辺の街路灯の光が気になりましたので
遠隔天文台に遮光パネルを設置しました。
特に現状、問題になる迷光はなくて
処理する画像に影響はないのですが
より迷光処理をすることでコントラストを上げたいのと
ご近所さんの裏口に防犯灯が付きましたので
対策として施工してみました。

使ったのは100円ショップダイソーのカラーボード(黒)
これとマグネットテープを使いました。
天文台のフレームが鉄製なので、簡単に取り付けられるのと
磁石ですので貼り直しが可能なので迷光が気に入らなければ
やり直しができます。
できれば黒の艶消しスプレーで塗装してやれば完ぺきではないでしょうか
私はそこまでやってませんけど

ドームの場合だとスリットフレームに街路灯の光が当たって
望遠鏡に迷光が入りやすいですが
スライドルーフは、遮光パネル一つで街路灯の影響を抑えることが
出来ますので効果大です。

c0061727_1823842.jpg

全体ではこんなかんじですね。

c0061727_18233318.jpg

フラットパネルの周囲もきれいに収まりました。
[PR]
by makkachi | 2015-11-29 18:28 | New Device | Comments(0)

ドームドライバー動作確認できました。

c0061727_214037.jpg

遠隔操作用のパソコンをWindows7からWindows10に
アップグレードしました。
いろいろ動作しないと困るものがありましたが
すべて問題なく動作しています。ホッとしました。
今後心配なのが、
ニッシンドームの遠隔操作用のASCOMドライバーですが
これも問題なく動作しています。
ドーム、スライドドライバーもWindows10では安心です。

さすがにタブレットOSだけのことはあって動作が軽快です。
アップグレードしてよかったです。

現在、改修中の桑名ドームのパソコンからWindows10化していって
揖斐の遠隔天文台を改修していこうかと思ってます。
今シーズンはエアコンを入れましたので、天文台の内部ならば
作業ができそうなのでボチボチ進めていこうと思ってます。
[PR]
by makkachi | 2015-11-23 21:47 | コラム・つぶやき | Comments(0)

太陽光発電 1周年

c0061727_11135926.jpg

太陽光発電をはじめてから1年が経ちました。
発電ナビを見てみると「おめでとうございます」の画面が出てました。
今年1年で
パネル17枚で総発電電力量が4618kWHです。
これでもシュミレーションよりは多くなっています。

実際のコスト計算をしてみますと
総売電が 2491kWhで買取が37円/Kで 92,167円
消費が  2127kWhで24円ですので 51,048円
年間 total 143,215円です。

総工費が150万掛かっていますので10年では元は取れない計算になります。
もう少し節電をすればこの数字は変わってきます。

設置1年前でしたら買取42円でしたので、この計算ですと元は取れます。
私が購入したときもそうでしたが、
最近は10年では元が取れないので20年保証のセールストークです。
長期でモノを考えないと難しいと思います。
これから導入するにも電力も自由化になりますので
今後どうなるか分かりません。
もうすでに太陽光発電は魅力がないシステムになってしまったかも知れませんね。

しかし
10年くらい後に蓄電システムが普及すれば、かなり状況が変わると思います。
私も原価償却した頃に蓄電に切り替えれればと思う今日この頃です。
[PR]
by makkachi | 2015-11-18 17:40 | コラム・つぶやき | Comments(0)

大雨のち快晴

Pleiades M45


GINJI-150FN(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×8,1,1,1
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied
とにかく天候の変化が急激です。
日曜日は早朝まで大雨でしたが、午前8時頃には天候が回復し
夜には晴れてました。
桑名は物凄い風でしたが揖斐の風速計を見るとそれほどでもなくて
十分撮影出来そうな感じでした。
夜になって雲が日本海側からかなりのスピードでバンバン流れてきます。
それでも22時頃までには、雲も取れて完全に撮影出来るようになりました。
冬になるとこの雲が途切れないんですね。

先日のペンディングになってたM45です。
透明度は良かったので淡いガスも良く映ってくれました。
先日の右上の影は出ませんでした。
いま考えても何だったんでしょうね。不思議な影です。
[PR]
by makkachi | 2015-11-16 19:15 | 観測・撮像 | Comments(0)

この対象は再撮影します。

c0061727_1716479.jpg

Pleiades M45
GINJI-150FN(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×8,1,1,1
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied

先日の朝までがんばったときの画像です。
右上に、何故か陰りが出来てトリミングして画像処理しています。
天文台の壁か近くの電柱が入ってしまったものと思いますが
現地で確認してませんので真相は定かではありません。
これが遠隔では弱点ですね。
もう少し天頂に登ったときに再度撮影してみたいと思います。
c0061727_11155362.jpg


毎年、この対象は撮影していますがイメージは良くなっていまして
望遠鏡のクセが分かってきたのと画像処理が慣れたかもしれません。
特にフラットは遠征とは違って望遠鏡の設置の位置が変わりませんので
ムラに規則性があります。
なので割りと処理しやすくなってきました。
やっぱり「継続は力なり」ですね
[PR]
by makkachi | 2015-11-14 09:42 | 観測・撮像 | Comments(0)

11月はこれで終わりかもしれんね

Monkey Head Nebula  NGC2174

Monkey Head Nebula NGC2174
GINJI-150FN(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×5,1,1,1
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied

週末から2日間、雨でやっと晴れましたが
今度は寒気が入ってきました。
10月の新月期は記録的な晴天が続いたのですが
11月に入ってめまぐるしく天候が変わるようになって来ました。
今週になってやっと晴れたものの
来週は下り坂でGPVを見ても1週間ほどは
撮影出来そうな日はなく、新月期は終わってしまいそうです。
12月に入ると例年通り仕事も忙しく
揖斐天文台も雪の季節になってきますので
もう今年はおしまいかもしれません

昨晩は晴れたものの気流が悪くガイドが恐ろしく安定しません
グラフを大きく上下してしまい
こんなときは星像も伸びてしまいますので
思い切ってノータッチのガイド無しで撮影するのも
ありかも知れません。
仕方ないのでAggressivenessを3にして大きく外さないと
ガイドしないモードで撮影していました。
結果はなんとか良くなりましたが気流のせいでポッタリ感があります。
画像は来年の干支。Monkey星雲です。

明日からは撮影する機会がないかもしれませんので
平日にもかかわらず朝までがんばって撮影をしてしまいました。
それでも2時間ほどは寝れましたので遠隔撮影は助かります。
[PR]
by makkachi | 2015-11-11 22:37 | 観測・撮像 | Comments(0)

NS5000 ASCOMドライバー バージョンアップ

c0061727_10192061.jpg

NS5000 ASCOMドライバーを公開しました。
今回の改良は、現在の速度モードの表示を付けたのと
アイドル時間を1分から約15秒に変更しております。

NS5000は基本的にLX200コマンドで動作しますが
独自の拡張コマンドにより多機能な動作が可能になります。

このASCOMドライバーはリモート天文台に対応できるよう
オリジナルで製作しました。

基本機能としては
起動時に前回終了した位置を記憶します。
再度、電源起動時に位置を計算し星図とマッチングさせる機能を有してます。

設定メニューで電源起動時 恒星時運転をさせない 設定をしていただく必要があります。
また、何らかの原因でパソコンがハングアップした際は
NS5000の電源を切らなければ パソコンを再起動後 Syncを行ったときに
NS5000の動作状況を確認してビープ音が鳴り星図とマッチングさせる機能があります。

これで、自動導入のなかった頃の古い赤道儀でも
リモート天文台で使用することが出来ます。

さらに星図とマッチングの精度を上げるには、
PlateSolve2 Maxim Plugin V0.0.5を使います。
操作は簡単なので、使う手はないです。
設定は過去ログを参照ください。

c0061727_10193162.jpg

c0061727_10431496.jpg

ドライバーのダウンロードは ここ からお願いします。
[PR]
by makkachi | 2015-11-09 10:37 | 望遠鏡 | Comments(0)

今回の新月期の結果です。 California Nebula

California Nebula
California Nebula
11/3,11/5 GINJI-150FN(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×12,1,1,1
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied

昨晩は1ヶ月ぶりに遠隔天文台へ部屋の掃除に行ってきました。
山間部にあるためか、屋根を開けている日数が多いにもかかわらず
意外にに部屋は綺麗で埃もありませんでした。

久しぶりに月の無い夜間に行ったので、肉眼で見る星空はとても綺麗でした。
遠隔ばかりやってると、忘れてしまいますね。
忙しい毎日ですが、たまには、現地に行って星空を見たいものです。

天文台内部カメラの再起動タイマーが夏時間だったので
冬時間にあわせなおして現地を離れました。
[PR]
by makkachi | 2015-11-07 09:53 | 観測・撮像 | Comments(0)

はくちょう座γ星サドル周辺の散光星雲群

Sadr Region
11/03、11/04 GINJI-150FN(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×11,1,1,1
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied 遠隔天文台
今月最初の撮影結果です。
9月にも撮影してしましたが、いまいちだったので撮り直しです。
丁度、天頂付近にありますので撮影条件はいい時期です。
前回とは画像処理の方法を変更しました。

今月は雲の湧きやすい天候なので撮影日数は少なそうです。
GPV予報にとらわれず、全天カメラを見ながら
良ければ撮影していこうかと思います。

TeamViwerをアップグレードしたら、
謎のパソコン再起動の症状がなくなりました。
やはりこの辺が原因だったのでしょうか。
[PR]
by makkachi | 2015-11-06 12:30 | 観測・撮像 | Comments(0)

リモートが快適になりました。

c0061727_1337261.jpg

パソコンの遠隔アプリはTeamViwerを使っています。
リモートディスクトップではファイルの転送が出来たり
音声が聞けたりと便利です。
パソコンさえ起動していればダイナミックDNSが繋がらなくなっても
見失うことはないし不測の事態も安心です。
また、グループ共有の一覧が表示できるので各パソコンの起動状態が良く分かります。

今回ベータ版ながらバージョン11のリリースがされています。
画像のパフォーマンスとファイル転送が向上しています。
早速使ってみたのですが、かなり快適になりました。

今回のアップグレードで揖斐遠隔天文台の様な
低スピードのネットワーク環境でもサクサク動作します。
ほんと、ありがたいことです。
山奥なので、なかなか光ケーブルが来ないのですが
いまの環境で十分ですね。
[PR]
by makkachi | 2015-11-05 13:49 | パソコン | Comments(0)