https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

雨ばかりで撮れんぞー
at 2017-08-18 07:31
M13 (Great glo..
at 2017-08-16 06:04
システム変更しました。
at 2017-08-14 19:03

最新のコメント

事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02
これ良いですね。昨年遠征..
by のんた at 02:38
処分しようと思っていたと..
by makkachi at 11:44

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2016年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Google、画像プラグイン「Nik Collection」

c0061727_12355039.jpg

画像処理のことは、あまりブログで紹介しないんですが、
今回ちょっとした話題をひとつ
Google、画像プラグイン「Nik Collection」が無料公開されました。

これが海外の天体写真家では意外に定番で、みんな使っているわけです。
それが今回無料化になってGoogleさん太っ腹です。
2012年にGoogleがNik Softwareを買収して入手し易くなったのですが、
購入しなくてよかった。

効果はこんな感じで
c0061727_12253418.jpg

昨年撮影したM45

c0061727_12333986.jpg

Dfine(ノイズ低減)をしてColor Efex Pro(色補正)をすると
こんな感じで分子雲のうねうねが現れてきます。
スライドバーを動かすだけの簡単操作で (笑

ノイズ低減とフラット処理を確実にしておかないと
カラーノイズまで持ち上がってうまく仕上りませんが....




おまけ...
c0061727_1394949.jpg

c0061727_13463037.jpg

チョチョイノチョイ..こんな簡単だと天体写真がすぐに飽きそう
[PR]
by makkachi | 2016-03-29 12:36 | パソコン | Comments(0)

桑名ドーム 再稼働します。

c0061727_8461424.jpg

一昨年の秋の台風水害から1年半ぶりのドームの再稼働になります。
落雷被害があって一度再稼働したのち
すぐに水害に見舞われて、
時間の関係もあってなかなか戻すことが出来ませんでした。
二度と繰り返さないために
スリットモーターの入れ替え、
ドームコントローラー盤のファームウェアの入換を行い対策をしました。

今回、揖斐の機材の入れ替えに伴って
桑名ドームに機材を入れることが出来ました。

基本ベースは揖斐にあった時と同じものです。

メインカメラ、ガイドカメラが
それぞれAtik11000,スターライトのSuperstarになっています。
フィルターホイルもスターライトになってます。
今回、揖斐天文台で便利に使っている目盛環カメラを新たに設置しています。
ほぼ、揖斐天文台と同じ操作環境で使えるようにしています。

c0061727_8462854.jpg

補正レンズがパラコアを使っていますので
以前よりフォーカス位置がかなり筒外になっています。
その関係で鏡筒全体のバランスが崩れましたので
バランスウェイト棒で左右のバランスを取ることにしました。
ファインダーカメラは予算の関係で今回入れることが
出来ませんでした。ゆくゆくは取り付けたいと思ってます。

さて自宅に戻って遠隔操作をしてみたのですが
少し不具合があるものの、動作は上々です。
揖斐天文台を操作しているのと
全く違和感がなく使えます。

やっと「くわなのほしぞら」が撮れそうです。
[PR]
by makkachi | 2016-03-22 09:00 | 望遠鏡 | Comments(0)

BKP200/800OTA フォーカス検証

c0061727_11574574.jpg

気になっていたフォーカスの検証をしてみました。
ファーストライトは厳密にフォーカスを合わせられなかったので
昨晩、月光の中、薄雲の中、厳密に合わせてみました。

FLI PDF(フォーカーサー)の値で441ミクロン
ファーストライトの時は495ミクロンでしたので50ミクロンほどずれていました。
像が甘く見えてたのはそのせいですね。

今回感じたのは、かなりフォーカスがシビアなこと
10ミクロンずれていてもわかります。
GN150FNはそれほどでもなかったので精度が高いのか?
レデューサーとの関係からなのかは良くわかりません。

暫く慣れるまで、フォーカスの判断がつかないので
2分露光を繰り返してフォーカスを決めてから
撮像を進めていきたいと思ってます

画像の周辺に至っては、ほぼ星像は丸くなっていています。
[PR]
by makkachi | 2016-03-18 12:50 | New Device | Comments(0)

BKP200/800OTA ファーストライト M101 その2

M101
ELフラットが使えるようになりましたので
フラット画像を使って画像処理をやり直してみました。
これがじぇんじぇん違う結果になるんですね。
この写真がこうなるんです。
色も正規化しています。
フラット画像の重要性がよくわかりました。
BKP200/800OTA ファーストライトとしては上出来ではないでしょうか。
L画像2枚でここまで表現できるのであれば
期待してもいいかもしれません。
[PR]
by makkachi | 2016-03-17 10:01 | 観測・撮像 | Comments(0)

ELインバーターの電源は入ってました。

c0061727_1737176.jpg

先日の鏡筒の組み換えの時に
ELパネルのインバーターの電源を誤って切ってしまったと思い
現地に行って確認してきました。
電源は入っていましたが
調光ボリュームが絞ってある状態になってました。
床に置いてあるので足で触ってしまったんでしょうね。

このELパネルインバーターはUSBで外部コントロールができる様に
自作したのですが、この機能を使っていませんでした。
そもそも遠隔用にと開発したんですけどね。

ということで、早速USBケーブルをパソコンとインバーターに繋いできました。
これで調光が外部コントロールできます。
ボリュームが絞ってあっても調光できるんです。

c0061727_17424339.jpg

シンプルな操作にしたかったので
パソコンソフトは新しく作り直しました。
[PR]
by makkachi | 2016-03-16 17:36 | コラム・つぶやき | Comments(0)

BKP200/800OTA ファーストライト M101

M101
3/14 BKP200/800OTA(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×2,1,1,1
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied
撮影条件が悪すぎました。
雨上がりで天文台の周辺が乾ききってない状態で、月もあって難しい条件です。
ガイドグラフは終始安定せず。対象高度も40°程度でもう少し登ってから撮影すれば良かったと思います。
連日の睡眠不足で風邪気味とあって無理せずに早々に切り上げました。

撮影が終わってからELパネルでフラットを撮ろうと思ったのですが
先日のセッティングでELインバーターの電源を切ってしまったようで
遠隔で電源が入りませんでした。

なのでフラット画像なしの画像処理です。
月明かりもあって迷光がひどく、処理はこれくらいが限界でした。
フラット画像の重要性を感じています。

現状この鏡筒の評価としてはマズマズです。
良いのか?悪いのか?
撮影条件があまりにも良くないので何とも言えませんね

GN150FNよりは焦点距離が長いせいか星像は少し大きいです。
コントラストは十分にありよく映ります。
GN150よりはよく映っている感じで
実効F値はBKP200のほうが明るく感じます。
主鏡に対して斜鏡の大きさが影響しているものと思われます。

作例はL画像が2枚なので撮像を増やせばかなり改善します。

c0061727_1293221.jpg

月が沈んでからのモノクロ画像(1枚)、こちらは問題なしですね
[PR]
by makkachi | 2016-03-15 11:00 | New Device | Comments(0)

雨上がりの後の強風。いちおう撮ってみましたが...

M101
3/9 GINJI-150FN(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×5,1,1,1
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied
しっくりいきませんね。
フォーカスは合っているのに、ボテッとした雰囲気。
雨上がりの強風でシーイングが最悪でした。
シャープ感が無くなってしまってます。左右されますね。

あまりにも強い風で遮光パネルが外れてしまいました。
週末にまた行って復旧しに行こうかと思ってます。

4月になったら新機材に入換です。
[PR]
by makkachi | 2016-03-10 13:13 | 観測・撮像 | Comments(0)

撮像用パソコン Windows10に移行

c0061727_16432364.jpg

まず揖斐天文台のパソコンをWindows10に移行しようと準備中です。
新たにCore i5ディスクトップパソコンを用意しました。
ASCOMもMaxImDLもドライバー関係も問題なく動作しています。
処理が軽くなりましたね。
画面の描画も早いのでネットワークの遅さを補完してくれると期待しています。
今回Ciel(Skychart)を64bit化しました。
これでOS自身の負担も軽くなってます。
[PR]
by makkachi | 2016-03-09 16:48 | パソコン | Comments(0)

M106付近

M106
3/3 GINJI-150FN(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×7,1,1,1
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied
黄砂の影響が出てきました。
星座はすっかり春になっていて銀河をぼちぼち撮ってます。
焦点距離が短いので銀河の詳細は撮れないのですが
広がった星野の中にポツポツと浮かぶ渦巻きがなんだか愛らしいです。
いままで銀河を撮ったことはあまりないのですが結構楽しめますね。
[PR]
by makkachi | 2016-03-07 12:21 | 観測・撮像 | Comments(0)

惑星状星雲M97と系外銀河M108

M108 & M97
3/2 GINJI-150FN(F2.9) FLI ML8300 Baader LRGB 600sec×6,1,1,1
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied
揖斐も都市化の波に勝てず、天文台の周辺にも民家が立ち始めました。
数年後には東海環状自動車道も近くに通ってきますので
近隣は開発が進んでいくと思います。
近くの民家の窓から漏れる直接の光を防ぐため
遠隔天文台の壁の周りにアオリを付けてます。
観測室はドーム型の屋根なのでスライドルーフのように
アオリの収納の必要がなく、リモート撮影でも問題なく使えてます。
今回は、民家の明かりが点いた状態でのテストを兼ねて撮影してみました。
やはり、常設のアオリの効果は高く以前と比べてまったくかわりません。
逆に、良くなったイメージがあります。
もう少し1枚の露光時間が稼げそうなので次回は時間を延ばして
撮影してみたいと思ってます。
[PR]
by makkachi | 2016-03-06 14:54 | 観測・撮像 | Comments(0)