https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

撮像パソコンを交換しました。
at 2017-10-18 11:19
リモート天文台のメリット&デ..
at 2017-10-16 22:30
雨ばかりなので絶賛、鏡筒改造中
at 2017-10-16 08:55

最新のコメント

基本は温度変化なので即座..
by makkachi at 09:41
初めまして。 クラウド..
by たろう at 08:17
事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

天文台の引っ越しの様子が記事になってます。

c0061727_23582160.jpg

引っ越しをしていただいた御会社さんの
ブログに今回の移設の様子が記事になってます。

★いいぞ!カニクレーン★
http://koukigumi.net/blog-entry-43.html

[PR]
by makkachi | 2016-06-29 17:30 | 天文台 | Comments(0)

遠隔天文台の引っ越し

c0061727_12331740.jpg

昨日、天文台の引っ越しを行いました。
梅雨の真っ最中ですが偶然にも運よく晴れました。
絶好の作業日和です。

今回は重量運搬の業者さんにお願いをいたしました。
スタッフさんのチームワークも良くお互いに声掛けを行いながらの
作業は素晴らしかったです。

c0061727_12341685.jpg

実家の山へ2tトラックで運ばれていきます。
アクセスの道は狭く普段は軽トラックしか通らない道です。
なんか不思議な光景ですね。
桑名市内では自然が手つかずに残る開発から取り残された場所です。
電気も来ておらず桑名にしては暗い空です。

c0061727_130118.jpg

ユニック車が入らなかったのでカニクレーンという
クローラー式のクレーンで天文台を吊り上げることになりました。
あとでこれが大活躍してくれました。

c0061727_12342734.jpg

天文台は実家の梅畑の一角に設置することになりました。
整地、基礎工事は1人で行ってきました。

カニクレーンで少しづつ吊り上げ、移動を繰り返し
基礎に近づいていきます。
地面がぬかるんでして、アウトリガーが沈み
何度か落としそうな場面がたびたびありました。
スタッフさんのチームワークでなんとか乗り越えていきました。
トラッククレーンを頼んでいたら絶対無理だったなあ。

c0061727_1234416.jpg

無事設置されました。とりあえずひと安心です
今はまだ電気がありません。
電力会社から電気を引くことは出来ると思うのですが
これ以上環境を悪くしたくないので
太陽光発電&蓄電池を利用したオフグリッドで運用したいと思ってます。
運用開始までまだまだです。ほんとにやること満載です。
まあ、ぼちぼち作業を行っていきます。
[PR]
by makkachi | 2016-06-28 12:53 | 天文台 | Comments(0)

スターブックTENとドームコントローラーの連携 考察

c0061727_7545261.png

スターブックTENは液晶付きのコントローラーで星図があって
大変便利なのですが制御の関係で
ドームコントローラーと連携させるにはちょっと敷居が高そうです。
スターブックTENの制御はLANなのですが
説明書を見るとパソコンとの接続はクロスケーブルで
接続しなければならずLANポートを占有されてしまいます。
これはおそらくネットワーク初心者でもわかるように
APIPA(Automatic Private IP Addressing)と呼ばれる
IPアドレスの自動割り当て機能を使って簡単に設定出来るように
しているみたいです。
この環境では
パソコンからはインターネットに繋げることが出来ず結構不便です。
もちろんドームコントローラーも使えません。

c0061727_755552.jpg

思い付いたのがこの設定。おそらく動くのではないかと思うのですが、
確証が取れないのでやって見るしかないと思います。
メーカーのこの辺のところ融通が効くといいのですがどうなんでしょうね。
[PR]
by makkachi | 2016-06-17 07:55 | ドームコントローラ | Comments(0)

NISSIN DOMEコントローラー トラブルシューティング

c0061727_882936.jpg

前回のASCOMインストールに関連して
ドームドライバーのインストールで良くあるトラブルと解決方法を紹介します。
ドライバーを管理者として実行してインストールします。
まず最初にしないといけないのがドームコントローラーとの通信設定です。
ドームコントローラーはLAN通信なのでIPアドレスを設定します。
環境を確認しないといけませんが、まずパソコンのIPアドレスを調べます。
コントロール パネル→ネットワークとインターネット→ネットワーク接続
ローカル エリア接続の状態を表示して詳細ボタンを選択すると
IPv4のアドレスが表示されます。
通常、192.168.XX.XXとなってます。
これを参考にドームコントローラー盤のIPアドレスを決定します。
設定は設定アプリを使います。
例えばパソコンが192.168.1.1だったとしたらドームコントローラー盤は
192.168.1.20と設定すればよいと思います。
そしてASCOMDOMEドライバーの設定も192.168.1.20にすればOKです。
設定がおかしいと上記のようなメッセージが出ます。
パソコンの
ローカル エリア接続の設定を自動的に取得するにチェックを
入れているときは要注意です。
ルーターや光ゲートウェイを入れている場合はいいのですが
クロスケーブル接続やルーターを接続していない場合は
ローカル エリア接続の設定を固定アドレスにしないといけません。

c0061727_884232.jpg

症状の一つ接続するといきなりフリーズする症状
これは設定レジストリが読めない状態です。
ドライバーを立ち上げるとレジストリに書かれたIPアドレスを元に
コントローラー盤に接続を試みるのですが設定を読めなくてコケてしまいます。
これは前回の記事で紹介したASCOMが管理者権限でインストールされてない場合です。
必ず管理者で実行でインストールしてください。

c0061727_885597.jpg

ASCOMと一緒にインストールされる ProfileExplorerで
各ドライバーの設定値を確認することが出来ます。
コントローラーのIPアドレスは青線のところにあります。
設定しても数値が書き換わらない場合は、
NISSINドームドライバーが管理者権限になってない場合があります。
数値が変わってないと通信が確立できなくなり
IPアドレスをセットしてくださいのメッセージが出ます。

一度、確認していただければと思います。
[PR]
by makkachi | 2016-06-15 12:22 | ドームコントローラ | Comments(0)

Windows10におけるASCOMドライバーインストール

c0061727_18371812.jpg

ASCOMプラットホームの最新バージョンは6.2ですね。
公式WEBサイトを見ますとWindows7 Or Windows XPになっています。
Windows10は公式にはサポートしていないということです。
私のリモート天文台では新たにWindows10 32bitバージョンで
ASCOM Platform 6.2を使っています。

普通にインストールしても問題なく出来るのですが
あとで動作が安定しないことがあります。

私のドームコントローラーのお客さんでも
結構頻繁に症状が出ていて何をやってもうまくいかないとHelpが来ました。

まず先方に確認をすると管理者として
ASCOMをインストールしていないと言われます。
これが管理者として動作していないと動かない症状が必ずと言っていいほど出ます。
というのもASCOMは直接Windowsのレジストリを書き換えるので
管理者特権を持ってないと設定が書くことも読むことも出来ません。

c0061727_18373231.jpg

インストールするときはインストーラーを右クリックして
「管理者として実行」するようにしてください。
これでうまくいくはずです。
同じく望遠鏡ドライバーもドームドライバーもMaxImDLも同様にしてください。

もうすでに管理者として実行せずにインストールしてしまった場合は結構修復が難しいですね。
何故か上手くアンインストール出来ないことが多くて
以前お客さんのパソコンでTeamViewerを使って遠隔でインストールを試みたのですが
十数回インストールとアンインストールそれに再起動を繰り返して
4時間の苦闘の末、やっと正常になりました。

こうなるとメーカーリカバリーのほうが早いです。
どちらにしても本家はWindows7以降はサポートしていないので
上手くいったら良し位に思っていたほうがイイです。

私の環境ではWindows10 32bitも64bitもうまくいってます。

あとログイン名に全角文字(漢字で名前)を付けてもまったくうまくいきません。
英語圏のソフトなのでその辺は最低でも半角にしなければなりません。
赤道儀によっては英語OSでないと動かないものもあるようです。

ご注意を!!
[PR]
by makkachi | 2016-06-14 18:57 | パソコン | Comments(0)

光害地での挑戦は続いています。

M64
GINJI-150FN(F2.9) ATIK11000 Baader LRGB 420sec×4,1,1,1
U-HAN U-150 Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied
晴れていたのですが透明度は最悪で薄くモヤがかかった状態でした
とりあえずデーター取りを兼ねて撮影しました。
結局L画像撮影途中で曇られまして28分で終了しました。
もう少し長く撮ってみたかったのですが、梅雨時期ですからね。いたしかたないです。
銀河ならそこそこ映ってますね。色は変だけど
すっきりした空が欲しいです。
画像の周辺で星像が乱れていますが、そもそもこのレデューサーは
APS用なので、フルサイズでは良像範囲を超えてしまってます

[PR]
by makkachi | 2016-06-13 14:11 | 観測・撮像 | Comments(0)

今月の新月期の結果です。Leo Triplett @桑名ドーム

Leo Triplett (M65、M66、NGC 3628)
GINJI-150FN(F2.9) ATIK11000 Baader LRGB 420sec×10,1,1,1
U-HAN U-150 Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied
梅雨時の貴重な晴れで撮影しました。
桑名での撮影では結構善戦していると思います。
おおよそ問題点は分かってきましたので
光害地での機材の選択を見直したいと思います。
画像処理の手間はかなり増えましたが、
処理だけでそこそこいけることは、わかってきました。
今のカメラはQEが低いので、こんな感じで限界でしょう。
[PR]
by makkachi | 2016-06-06 09:13 | 観測・撮像 | Comments(0)

光害地での画像処理

c0061727_1316273.jpg

リモート天文台を桑名ドームに移動したのですが光害がひどいです。
光害マップを見ると結構赤い。
この状態でのリモート天文台になったため、
天体写真の画像処理もかなり工夫を強いられることになりました。
基本、リモート天文台にこだわる訳ではないのですが、
現在の生活環境から考えると平日に遠征することが、まず皆無です。

というわけで画像処理と撮影方法で工夫をしていきます。

撮影に関しては、光害地ではバックグランドが上がっていきますので
レンジの山が範囲を超えないように、短露光+多枚数の撮影をしていきます。
レンジの山は高めにして綺麗に範囲内に収まるように
露光時間を決めていくのが良いでしょう。
画像処理をしてみるとわかるのですが、総露光時間は今までと変わらないものの
十分な映りをしてくれません。処理するにあたりかなり画像情報を捨てる部分が
多いので今までの1.5倍から2倍程度の露光時間が必要だと感じてます。

c0061727_1112459.jpg

これをコンポジットしたものが上の画像です。ひどいでしょ。
円形に映っているのはレデューサーの影です。
とりあえず、ELフラットパネルでフラット画像を作りフラット処理をしているのですが
背景がムラムラでほぼ役に立ってないことがわかります。

GINJI150は迷光処理がしていないのでこんな結果になってしまいます。
BKP200ならもう少し落ち着いてくると思ってます。
この状態では画像処理しても無理なので
シェーティング処理をしてフラットを合わせてやります。
シェーティング処理はいろいろツールがあるのですが
手っ取り早くぴんたんさんのフラットエイドを使うのが簡単だと思います。
フラットエイドですべての処理は完結するのですが
私はフラット画像だけを作ってステライメージでフラット処理を行いました。

最後にPhotoShopCCでいつもやっている処理を行うと
まあまあ見れる画像になります。

Markarian's Chain
[PR]
by makkachi | 2016-06-04 11:34 | コラム・つぶやき | Comments(0)

桑名ドーム 復帰後 初めて撮影しました。

Markarian's Chain
Markarian's Chain
GINJI-150FN(F2.9) ATIK11000 Baader LRGB 420sec×16,1,1,1
U-HAN U-150 Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied
天文台の閉鎖でバタバタしてしまって大変でしたが
なんとかリモート天文台の復帰をこの新月期に間に合わせました。
まだまだ調整不足で星像が良くないようです。
カメラも新しいものに変更していますので部分部分で良くないところがあるようです。
桑名のような光害の強い所で
あまり期待はしていなかったのですが、まずまずの映りです。
これならもっと工夫すればいけますね。

鏡筒を光量のあるBKP200に戻せばもっと良くなるでしょう。
これから夏、秋に向かって撮影したいものがたくさんあるので
梅雨時にいそいで整備したいと思ってます。
[PR]
by makkachi | 2016-06-03 11:58 | 観測・撮像 | Comments(0)