https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

ふたご座流星群をみにプチ遠征
at 2017-12-14 11:44
デジタルELパネルインバータ..
at 2017-12-12 23:08
リモート天文台 順調に発電
at 2017-12-12 14:27

最新のコメント

あくまでもMaximDL..
by makkachi at 22:39
こんばんは。 度々の質..
by ミュートン at 18:56
ミュートンさんこんにちは..
by makkachi at 07:45

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2017年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

天文台は春真っ盛り

c0061727_12271070.jpg
c0061727_12273017.jpg

天文台は梅畑の中にあります。
カメラではいつも見ているのですが、久しぶりに現地に行ってきました。
花粉症の方には辛いかもしれませんが、とってもいい香りがします。
春ですな。
[PR]
by makkachi | 2017-03-31 12:30 | コラム・つぶやき | Comments(0)

プレセペ星団 (M44、NGC 2632)

Praesepe ( M44 NGC 2632)

BKP200/800OTA-KAI(F3.8) Atik11000 LRGB 600sec×8,2,2,2
ASTRO LPR Type 2 TAKAHASHI J-Mount

このところ、黄砂??の影響で苦しくなってきました。
しばらくはこんな天候が続きますね。
コレクターPHと冷却CCDの位置関係が悪くてゴーストが出てしまってます
鏡筒を変えてみてもいいんですが...
[PR]
by makkachi | 2017-03-30 11:29 | 観測・撮像 | Comments(0)

風速計を付けました。

c0061727_7455711.jpg
c0061727_7454826.jpg

引っ越し以来、移設していなかった
風速計を付けました。
スライドルーフ式の観測所は風に弱いので必須です。
このタイプはアナログタイプなので
アナログ・デジタル変換をしてシリアルサーバーで
ネット越しに計測しています。
以前のように常時観測ではなく観測前や観測中のみの
計測にしています。
[PR]
by makkachi | 2017-03-29 07:50 | 天文台 | Comments(0)

望遠鏡メンテナンス

c0061727_6402622.jpg

先週の日曜日にニュートンの鏡を洗浄しました。
引っ越し以来初めてで
何度か夜露でびしょびしょになり
この半年、過酷な使い方をしてました。
合わせてCCDのゴミが気になってきた
(フラット処理でも取れなくなってきたので
チャンバーガラスも拭いておきました。
今週になって今日撮影してみたのですが
意外に光軸もばっちりですっきりしました。
光軸が決まると微恒星まで映るんですね。

10秒撮影でキッチリ決めるこれが肝です。
納得いくまで何度も調整します。
だから極力鏡は洗いたくないです。

露光時間10秒の写真をアップします。
[PR]
by makkachi | 2017-03-25 06:41 | 望遠鏡 | Comments(0)

新タイプのドームコントローラです。

c0061727_2226767.jpg

新タイプのドームコントローラです。
以前に比べるとかなり
パワーアップしています。
ちなみに動作中にLANを抜いて
パソコンとの通信を切断させても
再度、ケーブルをコネクターに付けると
自動復帰します。
この機能のおかげで
インターネット越しの
コントロールが可能になりました。
[PR]
by makkachi | 2017-03-11 22:26 | ドームコントローラ | Comments(0)

なかなか山でのリモート天文台の運用は骨が折れます

c0061727_924218.jpg

c0061727_9243477.jpg


先日のLANケーブルが動物にかじられた事件の続き

またまた、モバイルルーターの回線切断の事案が発生。
早速、会社の帰りに原因を捜索して見たが、
日没のために発見に至らずやむなく中止。
日の出を待って朝から山の中の回線を調べたら
先日修理したLANケーブルで原因を発見!
防水の処理が悪くてLANーJJ内でショートして
筐体が溶けていました。
溶けたことによってコンタクトが離れて
電源を送らなかった様です。
エフコテープでしっかり巻いたはずなんですが

ルーターへはPOEを使って電源を送っているため、
このような事案が出ると危険です。
ルーター本体は14wなので、通常運用では
溶けることはないはずです。
やっぱり原因は雨水でしょうね。
この回線だけの自動ブレーカーを
入れる様に対策します。

c0061727_17143421.jpg


焦げたLAN中継コネクターの内部
7番ピンあたりが一番ひどい
TypeB結線なので、やはりPOE電源です。
7、8番のいずれかが
コネクターの圧着ミスで8番コンタクトが
結線されずに7番に倍の電流が流れて
負荷が掛かったと考えられなくもない。
[PR]
by makkachi | 2017-03-09 09:26 | 天文台 | Comments(0)

スティックPCを変えた

c0061727_11141831.jpg

インテルのstk2m3w64ccです。
以前と同じように赤道儀のマッチプレートに載せています。
やはりこのボディにCore M 3を搭載している事が大きいです。
リモート操作もサクサクです。
ちょっと電気を喰うのと発熱があります。

撮像用パソコンとしてはハイパフォーマンスだと思います。
[PR]
by makkachi | 2017-03-06 11:13 | New Device | Comments(0)

リモート天文台が突然繋がらなくなった。

c0061727_10482683.jpg

リモート天文台のネットワークが突然繋がらなくなりました。
とにかく何も見えなくなったので、現地に行って
スティックPCを立ち上げてみました。
現地から見るとインターネットも繋がるし
TeamViwerもアクセス出来ているようです。
DDNSの設定も問題なし
しかしルーターのアドレス変換がうまくいっていない感じです。
かといってルーターに異常は無いようで
いろいろ調べてみると契約しているプロバイダーが
グローバルIPをやめてプライベートIPに変更した模様です。

この状況だとスティックPCのTeamViwerしか繋がらず
もし撮影中にPCがフリーズでもするとコントロール不可に
なってしまいます。
もう、あきらめて違うプロバイダーと契約しなおすことにしました。

c0061727_10485569.jpg

以前、ADSLでお世話になっていたASAHI-NETです。
今でもメールのみの契約で続けていましたが
今どきの格安LTEの契約があり
おまけに固定IPアドレスが使えるということで
早速申し込みました。
これで、ダイナミックDNSの問題も解決するし
安心して使えます。
リモート天文台も安定してきました。
[PR]
by makkachi | 2017-03-05 07:43 | 天文台 | Comments(0)

ソーラー発電 バッテリー ネットワーク電圧計(容量)

c0061727_97326.jpg

リモート天文台のバッテリーの容量を
ネットワーク(外部)から見るためにネットワーク電圧計を作りました。

冬至から立春までは太陽高度も低く発電はかなり落ち込んでしまいます。
そこに冬型の天候で何日も曇ることが多くて
バッテリーはだんだんと少なくなってきます。
鉛電池は容量を50%以下を何度も続けると
充電サイクルが格段と悪くなる傾向があります。
それを避けるために、常に50%を下回らないように
見ている必要があると思うんです。
かといって電圧計といえども機器を24時間運用させると
それも電気を食っている訳ですから、
24時間運用の機器は極力付けたくないです。

今回はこれを改善させるため、
マイコン1台で電圧、レインセンサー、システム起動をさせる
システムを作りました。
この天文台で24時間動作している機器は
モバイルルーターと16PortHUBと、このマイコン1台だけになりました。
今まで続けていたスティックPCは電源を切りました。
Totalで最大15w程度です。

c0061727_974470.jpg

電圧はマイコンでAD変換され
パラレルで自宅のパソコンでAD値を読み取っています。
それを自作ソフトで電圧と容量に変換され
グラフ化しています。
そしてFTPでWEBサーバーに転送して外部から見れるようにしています。

撮影中もバッテリー容量は大変気になるところです。
撮影中は15秒毎に更新して容量を見ながら撮影しています。

c0061727_98487.jpg

マイコンにはWEBサーバー機能が付けてあり
この画面からもAD値が見れるようになっています。

運用を考えられている方、ご興味のある方は連絡いただければ幸いです。
[PR]
by makkachi | 2017-03-03 09:28 | 天文台 | Comments(0)

この画像処理を行えば、まあまあ光害地でも行けるかな

c0061727_17483360.jpg


2017-02-28のマルカリアンの銀河鎖です。
トータル1時間の露光なので
まだまだ、3倍くらいはかけないといけないと思いますが
画像処理的にはこの方法で問題ないようです。

私が行っている手順として

ステライメージでホット/クール処理
        ↓
ステライメージで周辺減光&傾斜処理
        ↓
CCDStack2.0でノーマライズ処理
        ↓
ステライメージで画像合わせ自動でバッチコンポジット
        ↓
ステライメージでコンポジット画像をガンマ1.0&0.5でフラット補正
        ↓
ステライメージでカラー化
        ↓
(FlatAide Pro)でカブリ補正
        ↓
Tiffにて保存 PhotoShopCSで開く
以降PhotoShopでの処理
        ↓
緑カブリ補正 plugin
        ↓
背景フラット処理&カラーバランス plugin
        ↓
星マスク製作 アクション
        ↓
背景ノイズ低減 アクション
        ↓
ダイナミック調整 アクション
        ↓
効果レイヤー アクション
        ↓
露光量/自然な彩度 調整
        ↓
レベル補正/明るさコントラスト 調整
        ↓
       仕上げ

となります。

自作のpluginとアクションの組み合わせで処理をしていきますが
以前と違って光害地では仕上げまで半日程度は掛かってしまいます。
ステライメージではなるべくワークフローを使って
省力化を行っていきます。
[PR]
by makkachi | 2017-03-02 11:19 | コラム・つぶやき | Comments(0)