https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

梅雨時期の発電状況
at 2017-06-28 10:00
リモート天文台 夏の熱さ対策..
at 2017-06-21 16:30
リモート天文台 夏の熱さ対策..
at 2017-06-16 13:24

最新のコメント

事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02
これ良いですね。昨年遠征..
by のんた at 02:38
処分しようと思っていたと..
by makkachi at 11:44

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

リモート天文台 夏の熱さ対策

c0061727_16563933.jpg

5月も後半になり、真夏のような日がやってきました。
昨年、天文台の中が熱くて作業できなかった日がありました。
今年も予報では例年より暑い日が多いようです。
そろそろ熱さ対策をしないといけないかと思ってました。

ニッシンの観測所は屋根に薄いステンレス板が使ってあり
内装にウレタンが貼ってあります。
強い日差しを受けると輻射熱の影響でかなりの高温になります。
なるべく屋根に輻射熱を受けないようにすれば
ある程度、暑さはしのげると思います。

最近は遮熱塗料というのがあり一定の効果があるようですが
白い塗料なので汚れやすく効果も年々落ちていくようなので
私は、農業用の遮光ネットを屋根に設置してみました。

c0061727_1731478.jpg

農業用ですので効果は大きくて遮光率もいろいろありますが
最高、遮光率95%のものを使うと
日陰はかなり涼しいです。さすが業務用。
ただ、通販で購入すると長尺のものしかないので
ホムセンで切り売りしてもらったほうが良いと思います。
今日、快晴で最高気温30℃予報でしたので
換気をしたうえで
計測してみたら気温+5℃くらいに収まりました。
遮光ネットを貼っても
熱はこもりやすいので換気は必要です。
ただ、遮光ネットの寿命は2シーズン程度ですので
定期的に張替は必要になってきます。
[PR]
by makkachi | 2017-05-29 17:09 | 天文台 | Comments(0)

梅雨前の撮像 M94

M94
仕事が立て込んでいて5月は1日も休みを取れず
やっと休めると思いきや出張中に駅の階段で転倒して尾骨骨折をしてしまいました。
体の状態はそんなに悪くはないのですが、
とにかく疲労が激しくてここ3日間は寝込んでいました。


天候は次第に梅雨の気配があって空の状態がよくありません。
カスミの影響で画像処理をしても全体的に黄色い発色になってしまいます。
もうしばらくで梅雨ですので撮影は難しくなってきました。
秋に向けて機材の見直しをしていきます。
M94 りょうけん座
撮影日時  :2017/5/20 20:30~
撮影地   :桑名市内 リモート天文台
光学系   :BKP200/800OTA-KAI(F3.8 ASTRO LPR Type 2
架台/ガイド:TAKAHASHI J-Mount VIXEN 60mm F8 Guide
カメラ   :ATIK11000 MONO
露光データ :L:10分*9(90分) R:7分*1(7分)
       G:5分*1(5分)2x2 B:5分*1(5分)2x2
       合計 107分


[PR]
by makkachi | 2017-05-24 11:18 | 観測・撮像 | Comments(0)

旧サイト 引っ越しました

c0061727_8503371.jpg

以前の私のサイトで5年前まであったサイトです。
2004年天文ガイド9月号 「入れ込み自作・改造計画」で紹介された
安価で出来る汎用自動導入モータードライブ装置(赤道儀、経緯台)
の紹介がされていまして
いまだにお問い合わせがありますので別サーバーに残しておりました。

それが
大規模サイバー攻撃の影響かわかりませんが
FC2のアカウントが突然無くなりました。

新しくサーバーを変更して
引き続きご覧出来るようにさせていただきました。
今後とも宜しくお願いします。


「ようこそくわなの星空へ」
http://catsitv.html.xdomain.jp/



ちなみに私の観測所の全天カメラを載せていただいている
AllSkyCam Serverも同様に閲覧が出来なくなっております。
私と状況は同じのようです。

AllSkyCam Server
http://kawausofc2.web.fc2.com/

結構活用していますので早く復活するといいですね。
[PR]
by makkachi | 2017-05-16 09:04 | おすすめサイト | Comments(0)

NEW クラウドセンサー 製作中

c0061727_8252953.jpg

クラウドセンサーの原理は
放射温度計を利用して空の温度を測ります。
その温度によって雨が降り出す前にアラートを出す仕組みです。

快晴ですと地表面からの放射冷却があって空の温度は下がり続けます。
良く冬に天気予報で耳にする言葉ですよね
雲が近づいてくると地表面から放射されたエネルギーの一部は、
雲によって吸収されます。
雲は吸収したエネルギーを放射します。
雲から地表面の方向へ放射されるエネルギーによって、地表面は暖まるため
温度が上がります。
ある一定の温度の閾値を決めれば雲が出てくるのがわかるようになります。
いちいち空を見上げなくても良いわけですね。

c0061727_8404251.jpg

ちなみにGoogleで検索をするとたくさんの製品が出てきます。
ほとんどが海外製品で結構高価なんです。
実際使っている人に聞くと壊れやすいそうなんです。

c0061727_8444831.jpg

c0061727_84506.jpg

以前から自前で作ろうと進めていたのですが
いまいち進まなくて今回じっくり作ってみました。

意外にも国内で入手できるパーツを組み合わせるだけで
簡単に安価に出来ました。
実際使ってみますと、PCアプリはまだ作っていないので
一般的なターミナルを使ってテストしてみたところ
すんなりと動作しています。
手の体温とか測れて面白いですね。
防水ケースに組み込めば即、実戦で使えそうです。

ドームだけでなく遠征される方にも大変便利なアイテムかもしれません。
[PR]
by makkachi | 2017-05-15 08:51 | New Device | Comments(2)

今年の連休はずーっと仕事でした。

c0061727_818516.jpg

連休中はひたすらリモート撮影です。

4/23に撮影した画像です。
ガイドエラーと急激な温度変化で
フォーカスがずれていたのに気づかなかった
お蔵入りのものです。

これも画像処理の練習に使っています。
エラーが無かったらイイ画像になっていたと思います。
もったいないことをしました。

M101(NGC 5457) おおぐま座
撮影日時  :2017/4/23 21:35~
撮影地   :桑名市内 リモート天文台
光学系   :BKP200/800OTA-KAI(F3.8 ASTRO LPR Type 2
架台/ガイド:TAKAHASHI J-Mount VIXEN 60mm F8 Guide
カメラ   :ATIK11000 MONO
露光データ :L:10分*11(110分) R:7分*2(14分)
       G:5分*2(10分)2x2 B:5分*2(10分)2x2
       合計 144分
[PR]
by makkachi | 2017-05-14 08:19 | コラム・つぶやき | Comments(0)

リモート天文台 モバイル回線

c0061727_7595125.jpg

前回の設置から1か月がたちました
設置状況ですが見える範囲には基地局は見えません。
先日の突風の影響を見に行ったのですが全く問題ありませんでした。
今でも電波状況は良くてインターネットがサクサク動きます。
モバイル回線設備は
遠隔操作には、欠かせない重要なパーツなので
望遠鏡より力を入れて設置をしてます。

山の中なので有線タイプの回線は引けませんが
日本は携帯電話網は充実していてこんなところでも
インターネットが使えます。
電源も太陽光発電をすれば供給できますね。

私はこの天文台を運用させるまでは
電源とインターネットが合って
車の入る山の中のいう条件しか
天文台の設置は出来ないと思っていたのですが
かなり設置の敷居は低くなったと思ってます。
[PR]
by makkachi | 2017-05-09 08:10 | 天文台 | Comments(0)

光害地での天体写真

c0061727_07303490.jpg
c0061727_07304189.jpg
光害カブリについて、 処理方法をいろいろ考えてみました。
桑名で撮影した通常のフラット処理をした画像です。
上の画像を見ていただくとわかるように補正レンズの影が映っていて
また厄介なことにRGBそれぞれ映り方が違っています。
赤やら青やらいろいろな色がムラになってますよね
ここまでなると通常のフラット処理では背景ムラは取り切れません。
根本的にはシェーディング処理しか方法はないと思います。
海外のアプリにもPhotoshopのpluginのシェーディング処理に特化したものがあります。
今回はこのアプリを何回も実行して処理しました。

光害地でも暗い空でも天体からやってくる光は、ほぼ一定で
光害地ではプラス、光害成分が載った画像データーになるわけです。
なので光害成分をそのデーターから光害成分を取り除けば
諸条件はあるものの、同等な画像が得られるわけです。
シェーディング処理は背景を平均化して引いたり割ったりしています。
厳密には光害成分を引いているわけではないですが
ほぼ近い処理をしているということになります。
冷却CCDの特性も
露出時間長くとるとすぐに飽和(真っ白)になってしまいますので
なるべく16bit階調(65536)のものを選んだほうが
イイと思います。


[PR]
by makkachi | 2017-05-07 07:44 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)

ASCOM ドームドライバーで予期せぬエラー回避方法

c0061727_13313751.jpg

ASCOMをインストールすると、まれに
「予期せぬエラーが発生しました。終了します。」という
エラーを目にすることがあります。
これは開発環境が
Windows7以前の古いバージョンで開発されたものに多く出ます。
実行ファイルが管理者として実行されていなために
ASCOMの設定値(レジストリ)にデーターがかけないのが原因です。

これを回避するために
あらかじめ実行ファイルを管理者として登録してしまいます。

c0061727_13314756.jpg


ASCOMドライバーのあるフォルダーをエクスプローラーで開けます。

ニッシンドームドライバーだと下記のところにあります。
C:\Program Files (x86)\Common Files\ASCOM\Dome  (64bit OSの場合)

c0061727_1332129.jpg


「NissinDome.exe」を選択して 右クリックをします。

メニューが出たらプロパティを通常のクリックをします。

c0061727_13321451.jpg


「互換性」というタブがありますので選択して
互換モードを表示させます。

互換モードの項目
互換モードでこのプログラムを実行する: にチェック
「Windows7」を選択

設定の項目
管理者としてこのプログラムを実行する にチェック

「適応」をクリックしてOKして画面を閉じます。

これで次回実行時から予期せぬエラーの表示は出なくなります。

NS企画 NS5000ASCOMドライバーも同様です。
[PR]
by makkachi | 2017-05-03 13:44 | パソコン | Comments(0)

M100(NGC 4321)

M100(NGC 4321)

M100(NGC 4321)
撮影日時  :5/1, 2017 21:30~
撮影地   :桑名市内 リモート天文台
光学系   :BKP200/800OTA-KAI(F3.8 ASTRO LPR Type 2
架台/ガイド:TAKAHASHI J-Mount VIXEN 60mm F8 Guide
カメラ   :ATIK11000 MONO
露光データ :L:10分*11(1100分) R:7分*2(14分)
       G:5分*2(10分)2x2 B:5分*2(10分)2x2
       合計 144分

ゴールデンウィークも中日ですが、相変わらずの仕事で
特に昨晩は夜間仕事だったのですが、
予定より早く終わりました。
寒気が入って空気が入れ替わったので、大変透明度の良い空でしたので
またまたリモート撮影はじめました。

光害地では、透明度の良さが左右します。
風が強いですが、湿度が低くて
ガイドも安定してます。

c0061727_10423069.jpg


タリーズ寄らずに真っ直ぐ帰りました。
こうゆう天気を待ってましたね。
[PR]
by makkachi | 2017-05-02 10:46 | 観測・撮像 | Comments(0)

M106(NGC 4258)

M106(NGC 4258)

M106(NGC 4258)
撮影日時  :April 28, 2017 22:00~
撮影地   :桑名市内 リモート天文台
光学系   :BKP200/800OTA-KAI(F3.8 ASTRO LPR Type 2
架台/ガイド:TAKAHASHI J-Mount VIXEN 60mm F8 Guide
カメラ   :ATIK11000 MONO
露光データ :L:10分*8(80分) R:7分*2(14分)
       G:5分*2(10分)2x2 B:5分*2(10分)2x2
       合計 114分


ゴールデンウィーク最初の夜ということで
遠征に行かれた方も多いと思います。
私は、比較的早く帰ってきたのですが
いつものようにタリーズで閉店まで
まったりとしてしまったので
リモート天文台での撮影をしました。
もやっとしててガイドも安定してなかったのと
ピンを外してしまいました。
結構、湿度が上がってきましたので空の透明度が
悪くなってきました。
こうなると光害地では難しくなってきます。
風が吹けば、もう少しよくなるんですが...
[PR]
by makkachi | 2017-05-01 11:10 | 観測・撮像 | Comments(0)