https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

雨ばかりで撮れんぞー
at 2017-08-18 07:31
M13 (Great glo..
at 2017-08-16 06:04
システム変更しました。
at 2017-08-14 19:03

最新のコメント

事前に雲の動きがわかるの..
by makkachi at 08:02
これ良いですね。昨年遠征..
by のんた at 02:38
処分しようと思っていたと..
by makkachi at 11:44

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

リモート天文台 夏の熱さ対策 その3

c0061727_7542733.jpg

道具は用意できましたので、早速、塗装に取り掛かりました。
一旦屋根を開けて前回取り付けたフックを外します。
屋根が汚れていると塗装のノリが悪いのでウエスで拭きました。
以前、岐阜の山にあった時に近所で薪ストーブがありましたので
結構ススだらけです。
まずは刷毛塗りで細かいところから塗っていき
広いところはローラーで順に転がしていきます。
塗装は漆喰のようなドロドロしたものでしたから
ひっつきが良くて結構塗りやすかったです。
3度塗りをして仕上げました。
c0061727_7543915.jpg

ムラもなくうまく仕上がりました。
このごつごつした感じが赤外線を反射してくれるんですね。
以前、仕事でガイア(遮熱塗料)を塗ったカメラハウジングを見ましたが
同じような仕上がりでした。

c0061727_83509.jpg

c0061727_84258.jpg


上の温度グラフは
上が桑名ドームで下が今回遮熱塗装をしたリモート天文台です。
両方の施設は同じ桑名市内にありお互いの距離は2km程です。
ピーク時4℃くらいは下がっています。
両方とも部屋は閉め切った状態です。
今回、屋根だけですので天文台全体に遮熱塗装を施せば
かなり効果が上がるでしょうね。

太陽光電池運用なのでエアコンが入れられないリモート天文台ですが
何とか夏を乗り切りたいですね。
[PR]
# by makkachi | 2017-06-06 08:09 | 天文台 | Comments(0)

リモート天文台 夏の熱さ対策 その2

c0061727_97612.jpg

天文台の内部の熱さに関してニッシンドームさんと話をしていましたら
やはり屋根に遮熱塗料を塗るのが一番効果的だということでした。
現在、メーカーさんではオプションで選択できるようです。
一番大切なのは赤外線を部屋に入れないことだということです。

前回、やった遮光ネットは光は95%カットしてくれるのですが
赤外線はそれほど効果が出せないようで、
やはり屋根のステンレス板は熱くなります。
私も人の話に流されやすく遮熱塗料は効果的だなぁと思うようになってきました。

遮熱塗料は
サイトとか調べると各メーカーいろいろなものがありますが
塗料の効果は大体同じのようです。
反射率80%で表面温度-15℃くらいが多いですね。

今回は屋根が回転するので足場はいらないですし
長い柄のローラーがあればDIY出来そうなので
自分でやることに決めて 早速、道具を調達してきました。

c0061727_923074.jpg

遮熱塗料はパワークール遮熱コート材にしました。
天文台の屋根は6㎡で3Lくらいあれば十分なので、
4kg缶のあるこれはイイです。
梅雨前の晴天で今しかないと思いアマゾンで注文しました。
翌日、塗料が届きました。
[PR]
# by makkachi | 2017-06-05 09:27 | 天文台 | Comments(0)

再撮影 M94

M94

5/27に再撮影をしたM94です。
この時期としては透明度の良い空で
名古屋から御嶽山が見えるほどでした。
前回色合いが変だったのは色の露出倍数がおかしかったのが原因で
今回は正規になるように変更してみました。
G画像の露光時間が少ないのは光害地特有の緑カブリを
抑えるためで一定の効果がありました。
対象に対して焦点距離が短いのでM94の構造までは
映し出せませんが、宇宙にポッカリ浮かぶM94を表現できたと思います。

M94 りょうけん座
撮影日時  :2017/5/20 20:30~
撮影地   :桑名市内 リモート天文台
光学系   :BKP200/800OTA-KAI(F3.8 ASTRO LPR Type 2
Collector PH
架台/ガイド:TAKAHASHI J-Mount VIXEN 60mm F8 Guide
カメラ   :ATIK11000 MONO
露光データ :L:10分*11(110分) R:7分*2(14分)
       G:5分*2(10分)2x2 B:7分*2(14分)2x2
       合計 148分
[PR]
# by makkachi | 2017-06-01 09:19 | 観測・撮像 | Comments(0)