人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

Mel Bartels Computer Operated Telescopes その1

Mel Bartels Computer Operated Telescopes その1_c0061727_9384621.gif

Mel Bartelsさんが開発した自動導入機能を備えたモータードライブユニットです。
簡単なハードウェア(モーター駆動回路)を作ることで運用できます。
最大の利点はPEC機能があること。
ガイド撮影をするものにとって必要不可欠の機能です。
ガイドを始めて暫くするとガイド補正が少なくなってくるのが分かります。
PEC機能が利いてきます。
外的要因(ドーム回転による振動、近辺の道路の振動)とかを除けば
ほぼ完璧がガイドが期待できます。

私の場合
   ドーム回転による振動   ---- DCモーターに変更
   近辺の道路の振動     ---- ピラーに防振ゴムを設置
という感じで対策しています。

簡単なメニューは以下のとおり
1.コマンドメニュー
 設定、導入、PEC、テストなどのメニューの切り替えを行います。
2.現在座標の表示
 赤径、赤緯、高度、方向を表示します。
3.目標天体座標の表示
 赤径、赤緯、高度、方向を表示します。
4.トラックモードのON/OFF表示
 ONの状態でモーターが回ります。
5.ハンドパッドの状態表示
 ボタンが押されると状態が表示されます。
6.LX200コマンドの状態
 外部導入ソフトでコントロールする場合はONの状態で使います。
by makkachi | 2010-07-17 09:49 | 望遠鏡 | Comments(0)