人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

ASCOMドライバーのレジストリ内容

ASCOMドライバーのレジストリ内容_c0061727_1914990.gif

ASCOMドライバーを作っていると

「Activex コンポーネントを作成できません。」
                 というエラーが出てきました。

ASCOMのレジストリは登録されているし、どうもおかしい。

一度じっくりとレジストリーの中味をいろいろと調べることにしました。

ASCOMドライバーのレジストリ内容_c0061727_1922542.gif

COMオブジェクトは、クラス名とクラスID番号で管理されています。
ScopeSimの場合は、”ScopeSim.Telescope”がクラス名、
検索するとID番号は、{575A8E82-B2A4-4C95-8CAE-ACF25ED65869}という
コード番号の中にありました。

ここをあけると
ProgIDというのがあって「ScopeSim.Telescope」というクラス名が登録されています。

LocalServer32には
「C:\Program Files\Common Files\ASCOM\Telescope\Source\Simulator\ScopeSim.exe」
実行ファイルの場所が記載されています。

このコード番号はランダムに作成されていてシステムにひとつの番号になっています。

クラス名とID番号の関連づけされ
COMオブジェクトは内部的に、このID番号で処理されることになります。
ScopeSim.TelescopeだけでScopeSim.exeが実行されます。

ASCOMドライバーのレジストリ内容_c0061727_1924670.gif

ASCOMのレジストリの中には
「ScopeSim.Telescope」というクラス名のDATAところに
「Telescope Simulator」とASCOMのchooserの名前が登録されています。

新しいドライバを作ったときは
上の設定をレジストリに書いてやれば使えます。

「Activex コンポーネントを作成できません。」
というエラーはクラス名とID番号の関連づけが無かったので
エラーメッセージが出たということです。

ん~ 難しい。でも、わかってスッキリしました。
by makkachi | 2011-05-17 19:02 | パソコン | Comments(0)