人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

タカハシJ型赤道儀をAlth..
at 2019-08-17 09:38
Teensy 4.0が8/8..
at 2019-08-09 08:52

最新のコメント

まだまだ使い始めたばかり..
by makkachi at 23:06
こんばんは。 いつも楽..
by タカsi at 20:46
リモート端子から撮影につ..
by makkachi at 13:10

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

自動導入計算

c0061727_16383817.gif

E-ZeusのCPUからはモーターの位置(絶対値)を通信してきます。
なので自動導入を行うための座標計算のは、パソコン(ASCOMドライバー)で
計算してやらなければなりませんね。
現在の望遠鏡の位置と導入天体の赤経、赤緯の座標を角度に変換し
角度の差を計算します。その差をステッピングモータがワンステップしたときの動く角度から
移動に必要なステップ数を計算しています。

  赤経・赤緯の角度変換式
    赤経:θ = (hh + mm/60 + ss/3600) × (360/24)
    赤緯:ψ = ±(x° + y′/60 + z″/3600)

たとえば私の赤道儀360度回転するステップ数は、
モーターが200ステップで1回転。減速ギヤー比:1/10で、
J型赤道儀の赤経のウォームギヤー歯数240枚、接続ギヤ比100:50
マイクロステップが8分割なので、

240 × 100/50 × 200 × 10 × 8 = 7,680,000PPS /1回転
7,680,000ステップで360度回転します
これから1ステップで赤道儀が、回転する角度は、

    360 / 7,680,000 = 0.00004688

となり1ステップの回転角度は、0.00004688°となります。
以上から現在の位置(θ1,ψ1)から目標天体(θ2,ψ2)への赤経・赤緯の移動ステップ数は、

    赤経方向の移動ステップ数 = |(θ2 - θ1)| / 0.00004688
    赤緯方向の移動ステップ数 = |(ψ2 - ψ1)| / 0.00004688

となります。

これをASCOMの書式にあわせるだけです。

しか~し
実際はこれだけの基本計算だけでは、真ん中に入ってきません。
というのは、導入に掛かる時間が計算の中に含まれていない。
導入計算されてから、完全に導入するまでに時間が掛かるため
目標天体が逃げていってしまいます。
これを補正するプログラムが必要になってくるわけです。

ステッピングモーターのステップ回路と同じCPUの
中で計算させるのは、そう難しくないと思いますが
現在のE-Zeusのプロトコルの中で計算させるのは
結構ハードルが高いと思います。

というのは前にも述べたように
「モーターの位置(絶対値)を通信してくる」ということです。
RS232Cで通信してくるのですが、
ここに掛かる通信時間も誤差として出てきてしまいます。

さあ、どうしよう
by makkachi | 2011-05-23 18:21 | Comments(2)
Commented by 星羊翁 at 2011-05-23 21:36 x
計算式で求めた移動ステップ数で問題ありません。E-Zeusの内部で日周運動の補正をしてくれます。
http://starwatch.blog78.fc2.com/blog-date-20090623.html
Commented by makkachi at 2011-05-24 14:22
星羊翁さん こんにちは
情報ありがとうございます。
昨晩、自動導入の計算が終わり、試したところ
E-Zeusの内部で日周運動の補正を確認できました。
RAに関してはパルスを読み込みにエラーがあるのか
導入誤差が出ています。
この部分は、繰り返し導入コマンドを発行してやると
ジャスピンで導入できてます。
まだまだ先は長いです。