人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

コスパのイイ、コマコレクター
at 2020-02-20 09:03
新しいタカハシNJPドライブ..
at 2020-02-19 18:36

最新のコメント

こんにちは カーボ..
by キリコ at 17:26
> 三井恵太さん DD..
by makkachi at 10:01
EM200が改造済みでし..
by makkachi at 05:55

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

Melドライブ 起動ディスクの作り方

Scope.exeはDOSで使用するためDOSが必要なのですが
MS-DOSはサポート終了。販売もしていないので入手ができません。
なのでフリーで使えるFreeDOSを使います。
FreeDOSはMS-DOSと100%の互換性を持っているため、
DOS起動しなければならないscope.exeには貴重なOSです。

とりあえずUSBメモリを起動ディスクにしてみる。
手順は以下のとおり

1. FreeDOSオフィシャルサイトからブートイメージファイル(fdboot.img)を入手する
 FreeDOSオフィシャルサイトのダウンロードページからリンクを辿って入手。
FreeDOS
http://www.freedos.org/
2. イメージファイルからCOMMAND.COMとKERNEL.SYSファイルを抽出する。
 ファイルを抽出できれば良いので方法は問わないが以下のソフトを紹介する。
DiskExplorer
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se107750.html
 DiskExplorerを起動するとファイルを指定するダイアログが表示されるので、
先に入手しておいたイメージファイルを指定する。
 次にプロファイルを選択するダイアログとなるが、
デフォルトのまま『一般ディスクイメージ』で良い。
 プロファイルを指定するとイメージファイルの中身が表示されるので、
COMMAND.COMとKERNEL.SYSを抽出し保存しておく
(空のフォルダを1つ用意しその中に入れておくのが良い)。
Melドライブ 起動ディスクの作り方_c0061727_14394598.gif

3. USBメモリをPCに刺す
 フォーマットするので中身は全部消えちゃう。注意。
4. USBメモリに焼きこむ
 HP USB Disk Storage Format Toolという名のツールを用いてUSB起動メモリを作成する。
HP USB Disk Storage Format Tool
http://files.extremeoverclocking.com/file.php?f=197 
インストールの後、起動したら以下のように指定し[Start]ボタンを押下する。
Melドライブ 起動ディスクの作り方_c0061727_1443654.gif

Device:『対象となるUSBメモリ』を設定
File system:『FAT』を設定
Volume label:空でいいです
Format options:『Create a DOS startup disk』をチェック。そしてCOMMAND.COMとKERNEL.SYSが入ってるフォルダを設定
* [Start]ボタンを押下すると「データ全部消えちゃうけど、ホントにやる?」って聞いてくるので
[はい]ボタンを選択しパソコンを再起動する。
もちろんパソコンのBIOSをUSB起動できるようにしておけば
USBメモリから起動できるようになる。
あとは
WindowsでUSBメモリ内にScope.exeのフォルダを作って
Scope.exeのファイル達をコピーすればOKです。
再度、USBメモリで起動してDOSが立ち上がったら
C>\scope\scope とコマンドを打てば起動して使えるようになります。
by makkachi | 2012-03-25 14:49 | GOTOドライブ | Comments(0)