人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

NEW ELインバータ 考察

NEW ELインバータ 考察_c0061727_224369.jpg

新しいELインバータのことです。
ELインバータは製品としてリリースしていますが
現状、A2サイズが最大でこれ以上大きなサイズのELパネルを光らすことが
出来無いことがわかっています。
私が思うにトランスのマッチングが悪いのではないかと思います。
それで、いろいろトランスを用意して試験をしてみました。
NEW ELインバータ 考察_c0061727_2220515.jpg

従来の100V-5Vのものと2倍の電圧が出せるであろう
200V-6Vのものを使ってみました。
不思議なことに巻き数が2倍にもかかわらず出力は最大100Vしか出せませんでしたね。
これは従来のものとまったく同じ結果です。

そもそも電源トランスを逆付けして使うことが限界を生んでいる気がしてきました。
私のA2ELパネルは80V-310Hzで一番明るく光ります。
これ以上、電圧や周波数を上下させても光りません。
電源トランスは50~60Hzで一番効率よく変換できるように出来ています。
ELパネルは300Hz~400Hz位です。
効率言い訳ではありませんね。

なのでA2~A3サイズまで位は何とか使えるのですが
それ以上上げるとFETに負担がかかり
発熱が果てしなく大きくなります。

NEW ELインバータ 考察_c0061727_22211375.jpg

近くの工場で
特注で300Hz~400Hzで効率の良いトランスを作っていただきました。
FETの発熱は見るからに下がり、かなり効率が良いのがわかります。
トランスも発熱してません。
おそらく電源を強化すればA1サイズのELパネルを光らすことは
出来そうです。
by makkachi | 2012-09-26 22:24 | New Device | Comments(2)
Commented by かわうそ at 2012-09-30 10:54 x
期待してます!
Commented by makkachi at 2012-10-01 22:58
私の読みどおり、トランスの問題は大きかったです。
あの大きなルミテクノを光らすには
まだまだ問題を解決しなければなりません。