人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

MaxIm DL V5 Plugin 遠隔自動撮像ソフト

MaxIm DL V5 Plugin 遠隔自動撮像ソフト_c0061727_11265730.jpg

MaxIm DL V5 Plugin 遠隔自動撮像ソフト_c0061727_1127874.jpg

MaxIm DL V5 Plugin、ついに作ってしまいました。
昨晩、チョコット晴れたので動作させて問題ないようです。

MaxImDL付属のサンプルコードを元に作っていましたが、 
名前問題、ユニークなクラスIDのこと、外部スクリプトからでのコール
これは、わかりにくいですよね。

遠隔自動撮像ソフトはアプリ版でしっかり作りこみましたので、
構造がわかってしまえば、移植にはそう時間は掛からなかったです。
とりあえず名前は
Makkachi Observatory Console ver 3 (MOC3)
として MaxImDLのPluginで登録します。
登録が出来ればMaxImDLのなかでCOMオブジェクトとして動作します。
使ってみた感じは、アプリ版とは全く別物です。安定そのものです。
いままで作った遠隔自動撮像ソフトの中でも一番イイ感じです。
前回、お話した考え方は正解だったようです。

フォーカーサーと赤道儀はASCOMを使い
カメラはMaxImDLを呼びます。
照明、電源コンセント、スライドコントローラー盤はLAN制御で
コントロールさせることにしました。
スライドコントローラー盤はASCOMドライバーを使わず
非公開のLANコマンドを使ってます。

今回新たにSkyChart CielのServer機能を使ったLAN制御を使いました。
赤道儀をPark動作させるときに瞬時に星図の画角を変更することが出来ます。
撮影が終わると自動で屋根を閉めて、照明がつき、カメラの冷却をゆっくり暖めて
赤道儀をパーク位置にもっていき電源コンセントを切る。
一連の動作が安定して行うことが出来るようになりました。
これもいろいろ、小惑星や新星の観測とかに応用出来そうなアプリです。
by makkachi | 2015-04-02 11:42 | パソコン | Comments(0)