人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

タカハシJ型赤道儀をAlth..
at 2019-08-17 09:38
Teensy 4.0が8/8..
at 2019-08-09 08:52

最新のコメント

まだまだ使い始めたばかり..
by makkachi at 23:06
こんばんは。 いつも楽..
by タカsi at 20:46
リモート端子から撮影につ..
by makkachi at 13:10

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

Ciel SkychartのServer機能を効率的に使う。

c0061727_144073.jpg

CielのServer機能のコマンド表を見ていましたら
OBSLISTNEXT機能があることに気がつきました。
CielのObserving Listがコントロールができます。
Observing Listは以前の遠隔ソフトでは間接的に使ってました。

便利な機能で登録した天体リストを次々に選択できるものです。
星図を選択し右クリックでリストへの天体の登録も簡単に出来ます。
リストにはチェックボックスがあり現在見えているものや
子午線より西のものだけのもの(又は東)を限定で表示できます。
ドイツ型の赤道儀の場合は、特に便利ですよね。

これをネットワークにより外部アプリから
次々に選択できるようになるんです。

c0061727_14563255.jpg

今回作った遠隔アプリにNEXTとPREVを付けて
小窓に天体名を表示させることにしました。
この状態でGotoをすれば簡単に導入できます。
アプリの組立によっては、
観測用にリストの上から順に導入し撮影していくという方法も出来ると思います。
画期的ですよね。
この多機能なCielがフリーなんて考えられませんね

導入に関しては、すべてCielのほうがやってくれますので
MaxImDLやPluginには負荷はかかりません。
by makkachi | 2015-04-03 18:00 | パソコン | Comments(0)