マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

EKOSのタブレットバージョ..
at 2019-01-11 16:41
初撮りはリモート天文台です。
at 2019-01-09 17:35

最新のコメント

改良されたのかな。締まり..
by makkachi at 10:22
偶然ですが、2年前、星見..
by オヤジ at 10:04
私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

この画像処理を行えば、まあまあ光害地でも行けるかな

c0061727_17483360.jpg


2017-02-28のマルカリアンの銀河鎖です。
トータル1時間の露光なので
まだまだ、3倍くらいはかけないといけないと思いますが
画像処理的にはこの方法で問題ないようです。

私が行っている手順として

ステライメージでホット/クール処理
        ↓
ステライメージで周辺減光&傾斜処理
        ↓
CCDStack2.0でノーマライズ処理
        ↓
ステライメージで画像合わせ自動でバッチコンポジット
        ↓
ステライメージでコンポジット画像をガンマ1.0&0.5でフラット補正
        ↓
ステライメージでカラー化
        ↓
(FlatAide Pro)でカブリ補正
        ↓
Tiffにて保存 PhotoShopCSで開く
以降PhotoShopでの処理
        ↓
緑カブリ補正 plugin
        ↓
背景フラット処理&カラーバランス plugin
        ↓
星マスク製作 アクション
        ↓
背景ノイズ低減 アクション
        ↓
ダイナミック調整 アクション
        ↓
効果レイヤー アクション
        ↓
露光量/自然な彩度 調整
        ↓
レベル補正/明るさコントラスト 調整
        ↓
       仕上げ

となります。

自作のpluginとアクションの組み合わせで処理をしていきますが
以前と違って光害地では仕上げまで半日程度は掛かってしまいます。
ステライメージではなるべくワークフローを使って
省力化を行っていきます。
[PR]
by makkachi | 2017-03-02 11:19 | コラム・つぶやき | Comments(0)