マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

USBフォーカーサーをOns..
at 2018-12-12 17:25
アイベルCD-1改造が完成し..
at 2018-12-07 23:49

最新のコメント

私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48
初めまして、神奈川海沿い..
by オヤジ at 18:14
OSがどんどん変わって対..
by makkachi at 09:01

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

Ciel(SkyChart)の観測地情報をGPSで設定するアプリ

c0061727_09535671.jpg
Ciel(SkyChart)の観測地情報をGPSで設定するアプリを作りました。
遠征に行くと観測地ごとに望遠鏡に緯度経度を入力しないといけません。
みなさんどうされてますでしょうか?
スマホ?GoogleMap??
ネットが使える場所ならイイんですが、繋がらないところもあるし
望遠鏡やCiel,MaxImDLと
観測地を入力しないといけないところが多くて
手入力だと面倒ですね。間違えやすいし
c0061727_09540390.jpg
セレストロンにはSkySyncというユニットがありますが、これがやけに お高い。
c0061727_09535826.jpg
ということで
上海皆既日蝕用に作ったGPS時計を活用することにしました。
Cielのサーバーコマンドを利用してGPS時計のUSBから得られた現在の観測地のデーターを
Cielの観測地に入力するアプリを作りました。
まずGPS時計から時刻や位置情報を取得しCielの望遠鏡のメニューからSet Locationを選択して
観測地の情報を望遠鏡にSyncさせればSkySyncと同じ機能が使えるようになります。
MaxImDLはTelescopeタブから赤道儀の位置情報を引き出せは設定完了です。
わずわらしい作業もなくなります。
c0061727_10044051.jpg






[PR]
by makkachi | 2018-01-30 10:04 | パソコン | Comments(0)