マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

EKOSのタブレットバージョ..
at 2019-01-11 16:41
初撮りはリモート天文台です。
at 2019-01-09 17:35

最新のコメント

改良されたのかな。締まり..
by makkachi at 10:22
偶然ですが、2年前、星見..
by オヤジ at 10:04
私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

FocusMaxによるオートフォーカス

c0061727_1219539.jpg

先日のM81ですが私のチョンボでフィルターNo.の設定を間違えていました
てんでんバラバラな画像を撮ってしまって
結局カラー画像が作れずカラー化は次回に持越しです。

USBフォーカーサーでオートフォーカスを行うには、ご存知だと思いますが
FocusMaxというソフトを使います。
このソフト良く出来ていまして目標の星のピークをあらかじめ測定しておくと、
合焦位置を推測してフォーカスをあわせてくれます。賢いことに
モーターのバッグラッシュやステップパルスの抜けも上手く補正してくれます。
ところで
目標の対象がどのようなものが良いか、色々意地悪をしながら調べてみました。
 1. 1等級の恒星
 2. 淡いが中心がしっかりした銀河
 3. 5~6等級の恒星
結果はというと5~6等級の恒星が一番正確に合っていました。
1.2はおおよそ合っているとは思いますが、まだまだフォーカスは甘い感じがします。
合焦にかかる時間も長いです。

これからは撮像対象を選ぶ前に近くのフォーカス対象の恒星を導入しておき
FocusMaxで合焦させ撮像対象を導入する手順が一番効率的だと思います。
手で合わせているより、数倍早いしストレスも感じません。FocusMaxえらい!
[PR]
by makkachi | 2007-02-14 12:36 | コラム・つぶやき | Comments(0)