人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

アスコ SE310型赤道儀 ..
at 2019-05-24 16:41
ポータブル電源 1kWh ..
at 2019-05-22 10:05

最新のコメント

リモート端子から撮影につ..
by makkachi at 13:10
これは良さそうですね。 ..
by GENTA at 15:34
ONSTEPの良さはカス..
by makkachi at 08:22

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

オートフォーカス操作 自動化 計画

c0061727_20372178.gif

BJ-42Lでオートフォーカスが出来るようになり、1つのパソコンで多様なソフトが
使われるようになりました。
FocusCheckerでは撮像ソフトとあわせて2つのソフトを連携させて
オートフォーカスを実現させています。
実際使ってみると2つのソフトを行ったりきたりして操作をしなくてはならず
結構手順を覚えるのには大変です。
そこで「うみうみ屋さん」のWindows 自動化ソフト「UWSC」を使って
作業の自動化をしてみました。
このアプリケーションの面白い所は、マウスの操作やキーボードのタイピングなど
ユーザからコンピュータに与える指示を台本 (スクリプト) に書くことによって、
UWSC が操作の肩代りしてくれます。

ここで行ったのはBITRANの撮像ソフトを起動しCCDを冷却
FocusCheckerを立ち上げで、取り込み間隔やファイル名の設定をする
テスト撮像し測光星を選択後、フォーカス撮像する。
この1連の流れが、ディスクトップのアイコンをクリックするだけで実現できました。

サンプルスクリプトはこちらから(メモ帖で開けます)

今後これは発展させてBITRANの撮像ソフトでフィルター交換を自動化
させようと思っています。
by makkachi | 2007-05-19 20:52 | CCD | Comments(0)