人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

2010年 12月 06日 ( 1 )

遠隔撮像ソフトのフェールセーフ

遠隔撮像ソフトのフェールセーフ_c0061727_1054168.jpg

まず天文台を遠隔するには、
「導入する」 「フォーカスを合わせる」 「撮像する」というのは
プログラム的にもあまり難しくないのだけど。
途中で雲がでたり雨が降り出したときどうするかを考えないといけません。
実は私の知り合いでスリットを閉めるのを忘れて雨で大事な機材を台無しに
してしまったことがありました。

皆さん遠隔で行う場合、どうしていますか??
天候の変化によって雲センサー(私の場合AAGクラウドウォッチャー)がCloud/Rainに
変化した場合に撮像を停止してドームのスリットを閉めるのが基本だと思います。
海外の方も含めて大半の方がこの方法ですね。私もそうしていました。
ただ私が思うには、もし雲センサーが撮像途中に
故障してしまったらとか思うと安心できないです。
それを補うために、雨が降り出す前とか霧が出る前には湿度が上がる傾向があるので
ドーム内の湿度が80%超えたら撮像を停止してスリットを閉めるようにしています。
また、薄明開始前とか日の出時刻になると同様に停止するようにしています。
遠隔撮像ソフトのフェールセーフ_c0061727_112489.jpg

AAGクラウドウォッチャーは屋外の機器なので
ドーム内の機器全体から考えても、故障率が高いです。
安心のために2台設けてます。(というかセンサーの不良でもう一台送ってきました)
イロイロなセンサーからの情報を受けるために
ドームスリットはサーバー化させて単独で監視させています。
以前に遠隔ソフトがエラーを出し止まってしまったことがありました。
当然ドームは閉まらないままです。この状態で雨が降られたらと思うとぞっとします。
なので遠隔ソフトからスリットサーバーに向かって定期的にコマンドを送って
そのコマンドが切断されたらスリットサーバーが判断してドームスリットを強制的に閉めます。
とにかく何かあったら閉めるというフェールセーフを組み込んでいます。
ちょっと凝りすぎでしょうかね。
by makkachi | 2010-12-06 23:39 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)