人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

2012年 09月 08日 ( 1 )

ガイドのこと

ガイドのこと_c0061727_223983.gif

前回の記事で紹介したとおり
架台の追尾精度は大変良くて優秀なんですが
ガイド撮影となると、いろいろな影響を受けて上手くいかないことがあります。
まずはMaxImDLから
大きく振れていますが、スケールが0.5なので
そんなに大きな影響は無いのですが
シンチレーションがガイドグラフに反応しっちゃっている感じです。
MaxImDLの悪いところは雲にかかったときに
ガイドプロセスが止まらなくて、ガイドが大きく乱れることです。

ガイドのこと_c0061727_2247244.gif

次にPHDガイディング
追尾精度自体は同じくらいでしょう。
細かい設定があるので、そのときの気象状態に合わせて
ガイドを追い込むことが出来ます。
特筆なのは雲にかかったときにガイドが一時停止してくれます。
晴れれば再開します。このプロセスはいいですね。

最近思うことなんですが、露光時間についてです。
ほとんどのソフトが
オートガイドは星の重心を測ってガイドルーチンを作っています。
シンチレーションの影響を軽減するには
理論上、露光を伸ばすと劇的に減るようです。
実際にやってみると私の場合2.5秒が
一番振れ幅が少なくてベストでした。
5秒くらいに伸ばすとかえって振れ幅が大きくなります。
理論通りにはいきませんが、露光は長いほうが良いみたいです。
by makkachi | 2012-09-08 22:58 | DSIオートガイダー | Comments(0)