人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

2015年 08月 26日 ( 1 )

撮影された画像位置へ正確に再導入するアプリ

撮影された画像位置へ正確に再導入するアプリ_c0061727_1723392.jpg

撮影中にたまに再起動する障害が残っていて
前回の撮影のときも撮影終盤になって再起動しました。
Windows8.1なのでリブートは速く
前回の状態に戻すアプリを作ってあるので、
再始動するのはそれほど手間どったりはしません。
ただ再起動の間に一旦望遠鏡のリンクが外れるので
パソコンと通信していない時間があり
再始動しても
画角を同じ位置に戻すのは、結構時間が掛かります。

その対策として
再起動直前に撮影された画像から正確な中心座標を割り出し
赤道儀を導入させるアプリを作りました。

まず直前に撮影された画像を呼び出しSolveします。
PlateSovleが中心座標を割り出しその位置データーを
ASCOMに渡し赤道儀を導入させるということです。

Fitsデーターのヘッダには位置データーが入っていますが
撮影されたときの赤道儀のドライブが出している
通信データーですので必ずしも正確ではない可能性もあります。
正確性を求めるためSolveすることにしました。

毎回PlateSovleで割り出しますのでかなり正確に再導入できるわけです。
今回も単独アプリをやめてMaxImDLのPlug-inとして動作します。
by makkachi | 2015-08-26 17:41 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)