マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

アイベルCD-1改造が完成し..
at 2018-12-07 23:49
ONSTEP iOSアプリ現..
at 2018-12-06 09:11

最新のコメント

私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48
初めまして、神奈川海沿い..
by オヤジ at 18:14
OSがどんどん変わって対..
by makkachi at 09:01

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

2018年 12月 04日 ( 1 )

リモート天文台のバッテリー

c0061727_09035627.jpg
リモート天文台のあるところは、商用電力が来ていないところです。
中部電力さんに電気が引けるかどうか聞いてみたのですが
結構、時間も費用も掛かるようです。
ということで
太陽光パネル&ディープサイクルバッテリーでの運用です。
設置から2年を経過しましたので、今回はバッテリーの構成を変更してみました。

c0061727_09081184.jpg
ディープサイクルバッテリーは、AC Delco Voyager Battery M31MF 6台
価格が安くて安定しているのでチョイスしたのですが
ロットのばらつきが大きく並列接続をすると、循環電流が大きく
無駄に電力を消費します。

ショットキー バリア ダイオード を使ってブリッジを組んで
バッテリー間で循環電流を流れないようにしました。
本来、充電コントローラーからするとこの方法は良くないらしいですが
冬場は発電が落ちる上に気温が寒いので、致し方ないところ
電力保持のために変更しました。
c0061727_09035579.jpg
新たにデサルフェーターという機器を使います。
放電時に生成される硫酸鉛を電極から取り除くものです。
サルフェーションが進むと電極の劣化が激しくなり、
劣化するとバッテリーはもう元には戻りません。
バッテリーを人間に例えると、
サルフェーションは血管にこびりつく悪玉コレステロールです。
パルスを与えて悪玉コレステロールを徐々に融かして行く必要があるんですね。
青く光っているのがそのデサルフェーターです。


2年経過しましたが、電圧の経過を見ていると、今のところ劣化は見られないです。
問題は
床下なので気にしてなかったですが、気が付いてみるとすごい配線です。
整理せねばね。






[PR]
by makkachi | 2018-12-04 09:25 | 天文台 | Comments(2)