人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

アスコ SE310型赤道儀 ..
at 2019-05-24 16:41
ポータブル電源 1kWh ..
at 2019-05-22 10:05

最新のコメント

リモート端子から撮影につ..
by makkachi at 13:10
これは良さそうですね。 ..
by GENTA at 15:34
ONSTEPの良さはカス..
by makkachi at 08:22

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

アスコ SE310型赤道儀 自動導入改造


c0061727_11433115.jpg
アスコ SE310型赤道儀 自動導入改造を御依頼いただきました。
早速、改造のイメージをつかむために現物を拝見してきました。

見た感じは私のユーハン U-150と雰囲気が似ていて
赤緯のくびれ部分なんかはよく似ています。
亡くなられた工場長もアスコの仕事を手伝っていたことを
話されていたのを思い出しました。

昔は一世風靡した赤道儀で、
今でもその作りの良さは素晴らしさを感じます。
国内屈指の望遠鏡メーカー 旭精光研究所(アスコ)ですが
残念ながら現在、望遠鏡製造業は廃業されています。


以前、出張の帰りに工場跡地に立ち寄った時のレポートです。

c0061727_11433096.jpg
まず、現況のモーターの収納状況や
ギアのトルクの状態を確認するために
各箇所を分解していただきました。

駆動部分をバラバラにしてギアのあたりを見てみたのですが
外観の状態とは反して内部はとてもイイ状態を保っていました。
とてもスムーズです。これなら問題なく高速導入出来そうな
感じを受けました。
c0061727_11433064.jpg
赤緯のウエイトハウジンングに入っている
駆動部分なのですが、大きな電磁クラッチとウォームギア
ギア部分だけになっていますがモーターはACリバーシブルモーターでした。
自動導入という概念が無かった時代なので
赤緯は、だた微動で回転すれば良く正確に回転角を刻む必要が無いために
トルクの強いACモーターが使われてました。

手動クランプもありますが。
大型赤道儀だと手が届きにくいので
既存の電磁クラッチを新たな回路を作って復元していきたいと思ってます。
c0061727_11433003.jpg
赤経モーターは90角のかなり大きなステッピングモーターです。
トルクフルで当時としては贅沢なモーターが使われていたと思います。

ただ、このモーター
お借りして高速運転をさせてみたのですが、
特性が良くなくてすぐに脱調してしまいます。
若干加工が必要ですが今回は取り替えさせていただいて
赤経赤緯共 モーターは新調することにします。

c0061727_11433011.jpg
実はこの赤道儀はもう一つモーターが付いてました。
それも、シンクロナスモーターです。
最初は何のためなのか良くわかっていませんでしたが
そういえば
むかーーしアスコへ工場訪問へ行ったときに
社長様から聞いたことがあったのを思い出しました。
これ目盛環を恒星時で回すためだけのモーターなんです。
自動導入が無かった時代
目盛環で目標天体を導入するのには、画期的な仕組みで
天体座標をこの目盛環に合わせれば、視野に入るという
素晴らしいアイデアです。
今の目盛環は恒星時で動作しないので
天体スケールの意味をなさず、バーニア的使い方しかできません。
c0061727_16381784.jpg
何かと感慨深い望遠鏡メーカーさんの物ですが
自動導入化(CoolStep)をして
再度、日の目を見られるようにしたいと思ってます。

これだけ大きな赤道儀の改造は過去にも行ったことが無くて
いろいろな意味もあってやりがいのある改造だと思ってます。




# by makkachi | 2019-05-24 16:41 | ONSTEP | Comments(0)

ポータブル電源 1kWh 実力はいかに!! 後編


c0061727_11395515.jpg

前回の記事で紹介したように
ポータブルバッテリー 1000W HY-1100を購入しました。
いままで1000Wいけるポータブル電源って
業務用が多くて、筐体もでかいしお値段も20万とか
とてもムリッって思ってたのよ
でもこの電源 75000円くらいで手の届く電源で
ほんと、遠征ではもう発電機イラネって思います。

さてさて、買ってみたものの使ってみなきゃ
わからないこともありますので
この子の実力を見せて貰いましょうかね
c0061727_20095586.jpg
まずは、AC100Vの電圧チェックから
デジタルテスターを突っ込んでACパワーオン!!

チョット高めの103.7Vでした。
負荷をかけると変わってくるので丁度いいくらいに
なるのではないかと思います。

c0061727_20095508.jpg
次にタブレットの充電です。
USB-A端子からの充電で約8W
意外に使ってるなあと感じますが
純正のアダプターの容量も10Wなので
まあまあ規格通りだと思います

c0061727_20095520.jpg
自動導入ドライブ CoolStep for GP赤道儀 です。
DC12V出力で恒星時運転をしている状態で
数値はパラパラ変わってましたが
約2Wです。
このまま使って500時間は持つ計算です。
20日ですね。
CoolStep はホント 省電力設計です。

ACで接続したら何故か0Wでした。1W以下ということかな。
数値がおかしくなってるかもしれません


c0061727_20095591.jpg
i3 Windows10 パソコン
遠征用にリリースしたファンレスパソコンです。
AC接続で 7W です。
通電しっぱなしで6日は持つ計算で
この結果はビックリします。
このパソコンはお勧めです。

c0061727_23361295.jpg

季節外れですが
400Wカーボンヒーターです。
435Wくらいでした。まだまだ全然余裕です。

まあ遠征で冷却CCDカメラを使っても
有り余る電力だとおもいます。
冬は電気毛布とかも持ち込んでもいいですしね

ポータブル電源 1kWh 1000Wh 超大容量
ホント 使えるわ


# by makkachi | 2019-05-22 10:05 | 機材レビュー | Comments(0)

ポータブル電源 1kWh 1000Wh 超大容量 きたぞー!! 前編

c0061727_07594849.jpg
遠征のメインとして
Anker PowerHouse (434Wh / 120,600mAh ポータブル電源) を使っています。

以前から遠征用のポータブル電源を増強しようと思ってまして
いろいろ探していました。

昨年は遠征で冷却カメラを使ってたのですが
やはり電力的には厳しいものがあって
Anker PowerHouse (434Wh )でも余裕のなさを感じてました。

お友達のお勧めで
たまにAmazonセールで10000円ほど安くなる
SmartTap ポータブル電源 PowerArQも対象に入ってたのですが
AC100Vの出力が300wまでということで悩んでいました。
c0061727_08003748.jpg

遠征だけならば300wもあればもちろん十分です。

でも....
せっかくならAC1000Wくらい出るものが欲しいなと....。
大きいのを買っても
防災用に持ってても悪くはないと思ってて
特に三重県は南海トラフには近いところなので
来るべき危機に備えあって憂いなしです。

c0061727_11395515.jpg
そんなところで見つけたのが
ポータブルバッテリー 1000W HY-1100です。

価格は¥ 74,900 です。

suaoki ポータブル電源 G1200の半額くらいですね。

1000Wもあれば、トラベルクッカーも電子レンジも使えるので
結構、夢は広がると思います。

車中泊にもとても人気があって
品薄状態みたいです。

c0061727_20095484.jpg
やっときたわー
開封しました。

前面はメインスイッチに
USB端子が4個 USB-Cが1個
DC12V出力が2個でシガレットコンセント
で合計1000WのAC100Vコンセントが2個です。
ほんで、ジャンプスターターの端子が付いてます。
遠征先でのバッテリー上りも心配いりません。
c0061727_20095477.jpg
背面は蓋になっていて
充電用の端子 これはACアダプター経由ではなくて
ACケーブルを直接接続できます。すっきりしてます。
ファンが付いてますが
内部温度によって動作するみたいで
電源入れただけでは回らんかったです。

ソーラーパネルの端子もあります。
ジャンプスターターのケーブルが収納されていますね。

c0061727_20095441.jpg
開封した時は79%あって
AC、DCの出力状態や使用時間も表示されています。
ありがたいのが
電力出力表示があることで、消費量が一目でわかります。

これ持っていけば、車で生活できるレベル
遠征も安心安心です。




# by makkachi | 2019-05-20 08:40 | 機材レビュー | Comments(0)