人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

究極のGINJI150FN鏡..
at 2019-07-12 08:28
GoogleHome 対応の..
at 2019-07-11 08:26

最新のコメント

まだまだ使い始めたばかり..
by makkachi at 23:06
こんばんは。 いつも楽..
by タカsi at 20:46
リモート端子から撮影につ..
by makkachi at 13:10

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

究極のGINJI150FN鏡筒改造

c0061727_07570786.jpg
以前、揖斐のリモート天文台に設置してあった機材なのですが
現役を引退してはや3年
遠征用に使うべく改造を推し進めてきました。
基本的なコンセプトは、軽量化と剛性の強化、
フルサイズ冷却カメラが使えるようにしています。
GINJIシリーズの弱点である鏡筒バンドは、
前回イプシロン160で作ったフレームタイプの物をリサイズしています。
ベースはロスマンディーアリガタプレートになっています。
NC加工ですので真円度が高く鏡筒の歪みの校正にも一役買っています。
c0061727_07570761.jpg
後方のバンドには設置や持ち運びを考慮してハンドルを付けています。
ポリカポネート製で軽量で丈夫な物です。
ちろっと見えているのは乾燥空気用のニップルです。
c0061727_07570643.jpg
もう一つの弱点である斜鏡スパイダーは
ダブルスパイダーにして構造化しています。
ダブルスパイダーは回折もきれいで好みもありますが
微光星まできれいな回折像が出ます。
c0061727_07570612.jpg

冷却カメラはフルサイズのモノクロセンサータイプのAtik 11000です。
フィルターホイルと合わせると結構な重量がありますが
FLIのがっちりしたフォーカーサーで支えています。



c0061727_07570610.jpg
冷却カメラの接続リングですが、今回新たにワンオフで製作しました。
ネジの噛み合いが結構気になって
通勤途中の電車の中で確認してました。
c0061727_07570780.jpg
レデューサーは0.8倍で合成F値は3.2になります。
フルサイズは対応できるのですが
周辺減光はかなり出ると想像してます。
c0061727_07570745.jpg
鏡筒の定価をはるかに超える改造費用になりましたが
アストロカメラとして十分実践出来て
かなり素晴らしい鏡筒に仕上がったと思います。




# by makkachi | 2019-07-12 08:28 | 望遠鏡 | Comments(0)

GoogleHome 対応のドームコントロール盤 ASCOM対応

c0061727_08065208.jpg
新しい設計でのドーム/スライドルーフコントロール盤ですが
ハードウェアのほうがほぼFixが終わったので
ASCOMドライバーを作りました。

c0061727_08065243.jpg
ASCOMの仕様の関係で、
大きく変わることは無いのですが
LANの接続状態が良く分かるようにインジケーターを付けたり
細かい仕様変更をしています。

接続状態でLANケーブルを外して接続が外れても
再度ケーブルを挿し直すと再接続する仕様は変わりません。

今回はLANモジュールを変更しまして
複数の接続に対応しました。

ドームの回転については対応できてないのですが
スリットの開閉、AUXスイッチに関しては
複数個所からの操作が可能になります。

ASCOMを接続しながらGooGleHomeの操作が可能です。
c0061727_08065237.jpg
アプリを複数立ち上げて
こんなことも出来ました。




# by makkachi | 2019-07-11 08:26 | Comments(0)

GoogleHome 対応のスライドルーフコントロール 試作

c0061727_20583012.jpg
天体撮像を完全に忘れてしまってる
マチナカリモート天文台なのですが(梅雨だからいいっか)

Google Homeにどっぷりはまってしまってまして
スマートデバイスを買い込んで
自宅のエアコンやパソコン電源入れたりして
遊んでおりやす。

あれからGoogle Home miniが増殖しまして
マイカーのほかに自宅の部屋とリモート天文台にも
入れました。
帰った時にジメジメした部屋は嫌なので
Ok Google エアコンつけてとか設定温度を25℃に
とか運転中でも操作できるとあって結構便利です。

で、
前回、リモート天文台のスマート化のテストをしたのですが
そろそろLANデバイスも入手が難しくなってきたので
せっかくだから一から設計しなおそうかと思って..........

やっとここまでキターーーーー!
基板を組んで、新しいファームを作って
OkGoogle ルーフ開けてと言って
リレーが動くことを確認。

おまけに30%開けてと細かい操作も
出来るようにしました。
OnstepとかOnFocusも出来マシタ。
このへんは次回にして

要望があれば別だけど
これをベースに販売していこうとか
まったく思わなくて、
採算どがいしで作ったんですが

いまは、近未来を感じている、

その感覚を味わってます。





# by makkachi | 2019-07-02 21:13 | New Device | Comments(0)