マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

タカハシ160J型赤道儀 ベ..
at 2018-11-19 09:10
都内のホテルからリモート撮影
at 2018-11-16 17:30

最新のコメント

> あっちさん 一旦、..
by makkachi at 15:03
おぉ〜、新しいコントロー..
by あっち at 22:27
> あっちさん JP赤..
by makkachi at 22:15

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

タカハシ160J型赤道儀 ベルトドライブ改造

c0061727_08491932.jpg
やっとのことでリモート天文台の赤道儀を
ベルトドライブ改造を行いました。
遠征機材を中心に改造を始めましたが、
NJPベアリング改造を先行してやる必要があったため
ここまで来るのに時間がかかりました。
ステッピングモーターは現在運用している物より
一回り大きなものを採用しています。
スペック的にはNJP Temma2 赤道儀に近いものにするために
駆動周波数 約195PPS 高速駆動 約300倍速 程度にしています。
NS5000は150倍速でしたので、導入で待たされる時間がかなり短くなりました。
c0061727_08491968.jpg
モーターはごっついですが、stealthChop駆動の効果で
とても静かで追尾の音はほぼ聴こえません。...
今回は
リモート天文台運用のため専用のファームを新たに開発しています。
モーターの電源を切っても望遠鏡の最終位置を保持できるので
再起動の運用も問題なく動作出来ます。

c0061727_08491969.jpg

リモート運用で、ネットワークカメラでベルトの状態を確認するため
ベルトカバーは取り付けていません。

c0061727_08492094.jpg
ガイド追尾テストをしてみました。
ベルトの効果か、短い露光時間のほうが上手くいきます。
0.5s露光のグラフです。
先日のホテルからのリモートでの グラフと比べても明らかに良くなってます。
ベルトは細かい動きに効果が大きいですね。

M33


取りあえず2時間露光
カブリの影響を極力少なくするため
天頂付近で集中して撮影していますが...

M33
鏡筒   :BKP200-KAI(F2.9)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
撮影場所 :マチナカリモート天文台




[PR]
# by makkachi | 2018-11-19 09:10 | 望遠鏡 | Comments(0)

都内のホテルからリモート撮影

c0061727_17224295.jpg

予定されていた出張とはいえ、天文台の全天カメラを見てると
予想外の快晴www
なんかこのまま過ごすのも勿体ない気持ちがしてて
とはいえここは天文台から遥か300kmも離れたところです。
なんか、トラブルが出ても対処が出来ない。
まあでも、このところ安定してそうなので、リモート撮影してみました。
いままでここまで遠方からリモートしたことはなく
ちょっと心配でしたが、インターネットなので距離は関係ないですね。

c0061727_17224385.jpg

バッテリーの構成を変えたので、容量が増えてます。
残量も十分なので、たっぷり2時間撮影しました。
ガイドグラフはあまり安定してない様ですが、いつものことです。
今回はNJPベアリング改造を行ったので
もう少し良くなるかと思いましたが、あまり変わりませんでしたね。


[PR]
# by makkachi | 2018-11-16 17:30 | 観測・撮像 | Comments(0)

結局、ファンレスPCにした

c0061727_17101420.jpg
スティックパソコンが熱暴走で故障したので
いろいろ構想を練っていました。
第一候補のラズパイを使ったステラメイトですが
オートガイドのガイドカメラが2×2ビニングしか上手くいかず意気消沈
解像度が1/2になるので精度が落ちる上
グラフを見ても、なんとなく満足できませんでした。
やっぱり、ラズパイのパワーかなぁ 

さっさとあきらめて
2020年に出ると噂されている次期ラズパイを期待することにしました。
その点、ASIAIRはガイドに改良が加えられていて、
良さげのようです。ZWOの技術陣たちが頑張っているんですね。
ただのオープンソースのコピーではないです。

ということで
以前にも紹介したファンレスのWindowsボードPCを使うことにしました。
今回の物はRAMもSSDもパワーアップ
CPUはクアッドコアの「Atom Z8350」で、動作周波数は1.44GHz(最大1.92GHz)
メモリーは4Gバイト、
GPUはIntel HD Graphics 400で、WindowsのGUIを実用的な速度で動かせます。
Windows10エンタープライズバージョンです。
ケースを新たに設計して大き目のヒートシンクを付けました。
とにかくサクサク動きます。

基本、モニターを無くしWifiでリモートデスクトップでアクセスします。
ケースが金属なのでWiFIフィルムアンテナを外部に出してます。

c0061727_17101574.jpg

銀次150鏡筒もパソコンに合わせて整備しています。
ガイド鏡は質実剛健なGT40
ファンレスPCと組み合わせて動作確認しています。
ケーブルを出来るだけ隠したので、スッキリしています。





[PR]
# by makkachi | 2018-11-13 17:24 | 望遠鏡 | Comments(0)