人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

ドーム天文台再生化計画
at 2019-11-16 10:00
リモート天文台 J型自動導入..
at 2019-11-15 13:39

最新のコメント

> fujiiさん あ..
by makkachi at 21:02
素晴らしい 星像ですね ..
by fujii at 15:54
まだまだ使い始めたばかり..
by makkachi at 23:06

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

ドーム天文台再生化計画

c0061727_09284028.jpg
5年前に引っ越してしまって以来使われなくなった天文台です。
もう25年くらい経過しています。
引っ越してすぐに落雷があってドームコントローラー盤が壊れて
その秋に台風でスリットが開いてしまいドームが水びたしになって
そのまま放置しています。


c0061727_09284030.jpg
望遠鏡は防水シートが被せてあったので冷却CCDカメラ共々無事でした。
その後、事情があってディスカバリーの25cmニュートン鏡筒は手放してしまってます。
リモート天文台も落ち着いてきましたので再生していこうと部材を集めてます。
今回は床張りや壁も改修しまして
来週あたりから内部の電装品の撤去を始めようと思ってます。
c0061727_09284090.jpg
このピラーですが数年前にミカゲ210赤道儀を1式譲っていただきました。
そのピラーです。
メインで自動導入機として使う予定でしたが、
望遠鏡メーカーで赤緯を部分微動から全周微動に改造する際
測定すると3/100ほど偏芯があるようで
自動導入機に出来ないことがわかりました。
前回改造したアスコ350赤道儀でもそうでしたが
その当時はホイルの製作精度にばらつきがあって、
いいものを赤経側に品質が落ちたものを赤緯側に使った傾向があるようです。

結局、その赤道儀はオーバーホールはしましたが使わず
オーバーホール費用がかなり掛かってしまいましたが
持出し覚悟で
ピラーを残してお譲りしました。
現在はそのピラーをレストアしてユーハン工業のU-150赤道儀を載せています。

c0061727_09283980.jpg
今年の夏に英オライオンの25cmVX鏡筒をお譲りいただいたので
これを改造して再生していこうと思ってます。






# by makkachi | 2019-11-16 10:00 | 天文台 | Comments(0)

リモート天文台 J型自動導入ドライブ 経過状況

c0061727_08222899.jpg
リモート天文台に新しい自動導入ドライブを設置してから
2か月になります。
特に目立ったトラブルもなく順調に使えています。
10月に新たにASCOMドライバーを開発して使いだしてからは
ソフトウエア原点スイッチのおかげで電源復帰後の再現性が良くなりました。
クランプを緩めない限りは大きく外れることはないので
リモートで撮影では安心して使えるようになりました。
c0061727_08222706.jpg
赤緯側のモーター金具の状況ですが
モーターに減速ギアがついてなくダイレクトにドライブをしていますので
オートガイドの修正にタイムラグが少なくなり
ハンチングが起こりにくくなりました。
この機種は新旧でクランプの位置が違っているようで
その後、金具は新たに設計しなおして作り替えました。
c0061727_08222705.jpg
モーター軸が太くてトルク感があります。
金具の関係でモーターの取り付けボルトを1本取り付けられないですが
M5ボルトなので強度にはまったく問題ないようです。
総評として
結論から言いますと
以前のオリエンタルモーターPKP264を使ったモデルよりも
数段オートガイドの精度が良くなったような感じを受けます。
とにかくレスポンスがイイです。
ステップ数が少なめな構成ですが256分解のマイクロステップ
のおかげで特にオートガイドにムラを感じることはありませんでした。
もしかすると惑星など長焦点で使われる方には
少し影響が出るかもしれません。
厳冬地域で使う場合はモーターを1サイズ上のモデルにも変更できます。
金具はそのままで行けますので、影響が出たら交換してみようと思ってます。
このリモート天文台もディープサイクルバッテリーが
3年以上使ったことから
リチウムリン酸バッテリーに換装予定です。
交換後は冬期間の撮影は安定してできそうです。





# by makkachi | 2019-11-15 13:39 | コラム・つぶやき | Comments(0)

中央光学赤道儀 Althiba自動導入ドライブ

c0061727_16442205.jpg

中央光学赤道儀向けにAlthiba自動導入ドライブを設置しました。
今回は基本機構部分を残したうえで
コントローラーのみの入れ替え改造になりました。
c0061727_16442135.jpg
中央光学赤道儀の純正モーターは高解像度版の5相ステッピングモーターになります。
かなり高信頼性のある高価なモーターがついておりましたので
このまま使うことにしました。
c0061727_16453315.jpg
AlThibaの駆動部分をオリエンタルモーター純正のドライバーに
置き換えて駆動することにしました。
今回、かなり高ステップになるということで
マイコンを新しく出たTeensy4.0を採用しています。
c0061727_16442155.jpg
ドライブはWiFiやガイドポート等、基本性能はそのままで
据え置き赤道儀用のファームウェアを新たに作りました。
今回ハンドパッドも開発しています。
c0061727_10083139.jpg
専用のASCOMドライバーはソフトウェア原点スイッチ機能があり
電源を切って再度立ち上げても
クランプを緩めなければ多少のずれはあるものの
ほぼ毎回目標天体を導入できます。
c0061727_16442130.jpg
パソコンへの接続は一般的なUSBになっております。



# by makkachi | 2019-11-12 10:08 | New Device | Comments(0)