人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

ドーム天文台再生化計画
at 2019-11-16 10:00
リモート天文台 J型自動導入..
at 2019-11-15 13:39

最新のコメント

> fujiiさん あ..
by makkachi at 21:02
素晴らしい 星像ですね ..
by fujii at 15:54
まだまだ使い始めたばかり..
by makkachi at 23:06

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:観測・撮像( 266 )

IC1396, 象の鼻

c0061727_11503102.jpg

北天で輝くケフェウス座には、大きな散光星雲
IC1396があります。
時あるごとに気が付けばこの星雲を撮影しています。
とても美しい星雲でもやもやとした
ガスの構造がとても躍動感があって楽しいです。

いままでマチナカに天文台を移設してから撮ってみては
なかなかしっくりいかなかったのですが
MT-160とナローの組み合わせがとても相性が良くて
上手くいってきてる気がします。

撮影機材: タカハシMT-160 クラシカルニュートン ASA 2korrr
     JP赤道儀ベアリング改造 Althiba自動導入ドライブ
使用カメラ:FLI ML8300M
フィルター:バーダーSAO 露出時間:600s*6

マチナカリモート天文台(三重県 11/4 撮影

by makkachi | 2019-11-07 15:49 | 観測・撮像 | Comments(0)

ハート星雲 | IC1805 中心部

c0061727_16203835.jpg

AlThiba ガイドが安定してた昨晩の撮像です。
ナローのカラー化はあまり経験が無いので わけわからず

バッテリーが許す限り何時間でも露光できそうなので
今晩、もう一回撮り増ししようと思ってます。

c0061727_13591222.jpg

11/5
タカハシMT-160 クラシカルニュートン
ASA 2korrr FLI ML8300M
バーダーSAO 7n 600s*5
JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
マチナカリモート天文台(三重県


by makkachi | 2019-11-06 13:59 | 観測・撮像 | Comments(0)

久しぶり晴れたAlThibaのテストの結果

Autosave-Image--006A

周辺まで点像でオートガイドの制度は良さそうです。
ベルトによるダイレクトドライブがイイみたいです。

 MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M
  600s*7 バーダーHa
  JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
  マチナカリモート天文台(三重


by makkachi | 2019-11-02 23:40 | 観測・撮像 | Comments(2)

久しぶりに晴れたのでAlThibaのテスト

c0061727_22132585.jpg
久しぶりに晴れたのでAlThibaのテストです。

  MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M

  JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
  マチナカリモート天文台(三重

構成はこんな感じでいつもと同じリモート天文台です。
オートガイドが細かく波打っているように見えますが
ガイド鏡は420mmなので、まあイイ感じでたたいてます。
このグラフ見た目以上に結構優秀で時間は何時間かけても
800mmですが撮影した星は真円になってます。

このモデルの特徴はモーターに減速ギアがなく
ダイレクトにベルトがウォームギアを回してること
この構造は、ガイドレスポンスに素早く確実に効いてきます。
ONSTEPのころの構成と比べると、ガイド制度は格上のような気がします。
マイコンは変わってないので、この組み合わせがイイんですね。

ASCOMドライバーも問題なく前回の終了時の位置から
スタートしています。
PlateSolveで2秒で同期が確定します。

by makkachi | 2019-10-31 22:32 | 観測・撮像 | Comments(0)

一時(いっとき)のガイドエラーをあきらめずに撮る

c0061727_17313203.jpg

空がピーカンで状態は良さそうなんです。
サクッとリモート天文台を立ち上げて軽くガイドをしてみたら
意外に安定していない。
ガイド星がバタバタしてる。
こんな時は撮影しても解像度が載ってこないので
やめておこうと、ほかってた。

c0061727_17313211.jpg
食事してお風呂に入ってもう一度アクセスしてみたら
その間に少し雲が出てきてた。
あきらめずにガイドを続けてたら、なんか安定してきた。
週末は下り坂なのでちっと撮影しようとスタンバイ。
c0061727_17313206.jpg
MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M バーダーHa 7n 600s~4
JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ  マチナカリモート天文台(三重県

ガイド不良をあきらめずに撮影した北アメリカ
16cmと考えると...解像度は
以前撮った ディスカバリーの25cmニュートンより素晴らしい。
さすがタカハシ
クラシカルニュートンまた作ってほしいな。


by makkachi | 2019-09-18 17:40 | 観測・撮像 | Comments(0)

MT160 ナローデビュー

c0061727_09495807.jpg

サドル付近
MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M バーダーHa 7n 600s~5
JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
マチナカリモート天文台

今年のお正月にBKP200からMT160に変更してから
やっと、十分な撮影が出来ました
リモート天文台ではナローのデビューとなります。
状況を見てこちらはε160鏡筒に
天体ドームのほうはオライオン250鏡筒を納入したいと思ってます。

天体ドームは内装を改装する予定で
準備室をマチナカテレスコ工房として オープン準備を進めています。


c0061727_09133018.jpg

Althiba自動導入ドライブ GP赤道儀 改造用

ビクセン GP赤道儀用のモーター金具を少量でございますが製作いたしました。
Althiba自動導入ドライブを頒布出来ることになりました。
ビクセンGP、GP2赤道儀をはじめスカイウォッチャーEQ5、セレストロンアドバスドGT
一部SP赤道儀にも取り付け可能です。
Althiba自動導入ドライブはONSTEPをベースに、使いやすさを追求した
自動導入ドライブです。
マイクロステップ256分割でよりスムーズで静かなドライブを追求しております。
ベルトドライブによりバックラッシュのない動作を実現しております。
ギア数やリミット動作などはWifi接続によりブラウザで設定可能です。
今回申し訳ございませんが5台限定で 価格:78,000円です。
お申し込みは頒布サイトのほうから宜しくお願いします。



c0061727_09331523.jpg

永らく準備中でございました
ε-160/MT-160 フレームタイプ 鏡筒バンド ロスマンディプレート付き
も製作しております。

c0061727_09262025.jpg
                        ε-160への取付例

ε-160/MT-160の鏡筒バンドは市販品でも数少ないので新たに設計しました。
アルミ材 軽量でスタイリッシュなバンドです。
トッププレートにはタカハシ規格のM8 35mmピッチのネジが切ってあります。

こちらは1台のみです。価格は1組45,000円です。






by makkachi | 2019-09-07 09:40 | 観測・撮像 | Comments(0)

藤橋城・西美濃プラネタリウム GW遠征


c0061727_15300630.jpg

EOS6D HKIR改造 SAMYANG 14mm F2.8 -> F11 ISO1600 120sec×4


5/2 GPV予報が北のほうで2時間ほどいけそうだったので
外観はお城、内部はプラネタリウムの
藤橋城・西美濃プラネタリウムに行ってきました。




c0061727_15415578.jpg


アルティバEQ
片持ちフォーク赤道儀から思考を変更して星景写真儀にしました。
専用の自動導入のファームも作りました。
自動導入出来る経緯台は色々あると思いますが
星景写真に特化した写真儀は珍しいと思います。
出来るだけイメージを崩さないように
レンズの中心を回転軸のセンターにしています。

ということで
星景写真儀のテストをしてきたのですが
レンズ収差の影響であまり良い効果が出せませんでした。

c0061727_15415581.jpg

歪が出たので通常の固定撮影してTrailしてみた画像...

この方が自然です。
日没直後のほうが空の状態は良かったです。

獅子がお城の上に昇る
春らしい風景になりましたね。



by makkachi | 2019-05-07 15:34 | 観測・撮像 | Comments(0)

阿智村遠征 2019春

阿智村20190406

先日の土曜日に阿智村に遠征しました。
いつものところが閉鎖しましたので、
少し離れた場所に
開けたところがありますので最近はそこでやっております。
現地について駐車場に入ったら女子学生20人くらいが寝っ転がって
星見をしてて、ビックリです。
マイクロバスで来ていたようです。
阿智村は全体が星の観光化してまして
いたるところでツアーバスに出会います。

場所を代えて移動してセッティングをしようと思いましたが
晴れてるものの黄砂のダストの影響で空は真っ黄きです。
星景で撮ると車がはっきり写るくらい明るくて、
当初の予定のマミヤアポでの撮影を断念しました。
それに加え持病の下痢症状が出てきて
撮影するモチベーションはとにかく下がりに下がってしまいました。
体調が思わしくなかったので急いで下山し昼神のコンビニに立ち寄りました。
昼神から見る星空もはっきりしてなくてまあこうゆう日もあるんですね。
星景だけは撮影したのでイイ思い出になりました。



by makkachi | 2019-04-08 10:43 | 観測・撮像 | Comments(0)

sigma 135mm f1.8はやっぱり凄かった

Orion

2019/01/05 18:30-
sigma 135mm f1.8(2.2) Nikon D810A 120s×42枚 ISO1600
AGT赤道儀(Onstep)ノーガイド あららぎ高原 スキー場跡 駐車場

ビックカメラの新春セールで購入した 
シグマのアートレンズ 135mm F1.8 DG HSMとNikon D810Aを持って
遠征した画像の再処理をしてみました。
改めて見てみてもこの解像度や周辺も含めても
たまらない興奮をおぼえました。
どちらも購入してから試写もせずぶっつけ本番の撮影でしたよ。

私は銀塩撮影から冷却CCDに転向してきましたので
デジカメで撮影するのも初めてでした。
何もわからずヒストグラムだけを見てパシャパシャと撮影したわけですが
まあ良く写るもんですね。D810A
冷却CCDの下処理をD810Aは内部のロジックで
こなしてしまいますのでほんと楽です。

夏に向かって結構モチベーションが上がってきました。





by makkachi | 2019-03-28 15:49 | 観測・撮像 | Comments(0)

MT160始動! マチナカリモート天文台

M45
M45
鏡筒   :タカハシ MT-160(F4.5)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(onstep )
撮影場所 :マチナカリモート天文台
      L:600s*11 RGB 600s*10

遂に始動に漕ぎ着けました。
光害地に適した望遠鏡が見当たらず、これまでいろいろ変えてきたのですが
結論、これです。

当初は、短時間露光が可能なイプシロンに代表されるような
F値の明るい鏡筒を導入しました。
短時間でたくさんの画像ファイルを生成することが出来るのですが
迷光にともなう背景ムラやコントラスト低下に悩みました。
あとの画像処理がほんと大変

コントラストの面では屈折系がイイのですが
リモートで常にオープンにしておくには、
レンズの曇りなどがあってかなりメンテナンスに心配が出てしまいます。

ということで、
今回導入した、少し長めのニュートン望遠鏡
昔に流行ったタカハシMT-160鏡筒です。
もう既にディスコンになっていまして、入手は中古しかありません。
現状、F6くらいでしっかりした鏡筒は新品も含め絶滅危惧種で
中古でコンディションの良さそうなものは、めったに出てきません。

これだけ貴重にも関わらず、中古市場ではあまり見向きもされず
かなり安い価格で取引されている場合が大半です。

私は新品同様で眠っていたものを譲っていただいて導入しています。
レデューサも別のところで入手はしたものの、
アナログ時代のものであってキリッとしたものが出てきません。
レデューサーは前回を引き継ぎ、デジタルに対応したものにしました。
デジタル物は撮像面に対して入射角が違うようで
かなり明るくシャープに映ります。

ウンチクはここまでにして
取りあえず撮影してみました。リモートでの操作感はBKPと同じにしました。
露光時間はF値の関係で計算上2倍ほど伸ばしましたが
それ以上に良く映ってくれます。
斜鏡による掩蔽が少ないことがメリットとして挙げられます。
ニュートン鏡筒は斜鏡による掩蔽を含めた実効F値を表示したほうが
イイんじゃないかと思います。

実はこの撮影は3日間かけました。
光害カットフィルターなどは一切入れていません。普通のLRGB画像です。
4等星くらいしか見えない空で良く映るもんだと感心します。

同じ対象をフレーミングを変えずに撮影するのは
リモートの一番得意なところです。

もう今シーズンは難しいかと思いますが、
来シーズンも撮影枚数を重ねて
永遠に完成しない「サグラダ・ファミリア」のような
ガウディイメージングをしていこうと思っています。



by makkachi | 2019-01-17 13:38 | 観測・撮像 | Comments(0)