マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

浪合パーク プレミアムナイト..
at 2019-03-24 09:36
ONSTEP自動導入コントロ..
at 2019-03-20 13:54

最新のコメント

改良されたのかな。締まり..
by makkachi at 10:22
偶然ですが、2年前、星見..
by オヤジ at 10:04
私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:観測・撮像( 257 )

MT160始動! マチナカリモート天文台

M45
M45
鏡筒   :タカハシ MT-160(F4.5)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(onstep )
撮影場所 :マチナカリモート天文台
      L:600s*11 RGB 600s*10

遂に始動に漕ぎ着けました。
光害地に適した望遠鏡が見当たらず、これまでいろいろ変えてきたのですが
結論、これです。

当初は、短時間露光が可能なイプシロンに代表されるような
F値の明るい鏡筒を導入しました。
短時間でたくさんの画像ファイルを生成することが出来るのですが
迷光にともなう背景ムラやコントラスト低下に悩みました。
あとの画像処理がほんと大変

コントラストの面では屈折系がイイのですが
リモートで常にオープンにしておくには、
レンズの曇りなどがあってかなりメンテナンスに心配が出てしまいます。

ということで、
今回導入した、少し長めのニュートン望遠鏡
昔に流行ったタカハシMT-160鏡筒です。
もう既にディスコンになっていまして、入手は中古しかありません。
現状、F6くらいでしっかりした鏡筒は新品も含め絶滅危惧種で
中古でコンディションの良さそうなものは、めったに出てきません。

これだけ貴重にも関わらず、中古市場ではあまり見向きもされず
かなり安い価格で取引されている場合が大半です。

私は新品同様で眠っていたものを譲っていただいて導入しています。
レデューサも別のところで入手はしたものの、
アナログ時代のものであってキリッとしたものが出てきません。
レデューサーは前回を引き継ぎ、デジタルに対応したものにしました。
デジタル物は撮像面に対して入射角が違うようで
かなり明るくシャープに映ります。

ウンチクはここまでにして
取りあえず撮影してみました。リモートでの操作感はBKPと同じにしました。
露光時間はF値の関係で計算上2倍ほど伸ばしましたが
それ以上に良く映ってくれます。
斜鏡による掩蔽が少ないことがメリットとして挙げられます。
ニュートン鏡筒は斜鏡による掩蔽を含めた実効F値を表示したほうが
イイんじゃないかと思います。

実はこの撮影は3日間かけました。
光害カットフィルターなどは一切入れていません。普通のLRGB画像です。
4等星くらいしか見えない空で良く映るもんだと感心します。

同じ対象をフレーミングを変えずに撮影するのは
リモートの一番得意なところです。

もう今シーズンは難しいかと思いますが、
来シーズンも撮影枚数を重ねて
永遠に完成しない「サグラダ・ファミリア」のような
ガウディイメージングをしていこうと思っています。



by makkachi | 2019-01-17 13:38 | 観測・撮像 | Comments(0)

新春 あららぎ高原 初遠征

c0061727_14180544.jpg
あららぎ高原に初遠征に行ってきました。
あららぎへは2回目ということで昨年の夏以来になります。
夏にきた時は一般の方がたくさん見えてまして
ほぼ撮影出来ない状態でしたが、今回は私が来たときは一人でした。
実は冬場はここはスキー場ですので使えないのですが
今シーズンから休業されていまして穴場なんです。
スキー場会社側から駐車場の閉鎖を検討されているということで
今後、どのような展開になるかわかりませんが
ぜひ残していただきたいですね。
c0061727_14180493.jpg
東のほうは、飯田市の光が西は名古屋の光があって
必ずしもベストではないですが、標高が高いゆえに
そこそこの暗さはあります。

この日はPM2.5のとにかく冴えない星空です。
西からは時々雲が流れる天候でした。
あれこれしているうちの星撮りと思われる車が来てました。

Orion
2019/01/05 21:10-
sigma 135mm f1.8(2.2) Nikon D810A
120s×20枚 ISO1600
AGT赤道儀(Onstep)ノーガイド

今回は新春セールで買ったシグマの135mmf1.8 art カメラレンズに
ニコンのD810Aという組み合わせで、どちらも初めて使います。
シグマはカメラレンズと思えないくらいシャープで色のにじみも少なく
重さから言っても天体の撮影用として開発されたんじゃないかと
思うほどすばらしいレンズでした。
c0061727_14180437.jpg
2019/01/05 18:30-
sigma 135mm f1.8(2.2) Nikon D810A
120s×42枚 ISO1600
AGT赤道儀(Onstep)ノーガイド

時間がたつにつれ空がだんだん冴えなくなったので
夜半前には撤収しました。
2時間チョイで帰れるところなので、またちょくちょく行きたいと思ってます。
デジカメの画像処理も初めてで、とにかくわからないことだらけ
画像枚数の多いコンポジットに苦戦してます。



by makkachi | 2019-01-08 15:17 | 観測・撮像 | Comments(0)

名古屋港 星景遠征

c0061727_10224635.jpg
先週、あまりにも天気が回復してたので
FB友と名古屋港に星景遠征に行ってきました。
ここに訪れるのはかなり久しぶりです。
結局、現地に到着するとあいにくの曇空で
月も大きかったので何となく夜景写真で終わりました。
c0061727_10224747.jpg
以前は、改造車が走り回っていましたが今はなりをひそめてます。
時代ですかね。
金城ふ頭は良く車が海に落ちるので岸壁まで行けないところが増えました。

c0061727_10224760.jpg
その後、若干雲が取れてきたので、オリオンと橋の画角のイイ
対岸の潮見ふ頭に移動しました。
でも結局 橋に近寄れず
南面の堤防まで移動して対岸の製鉄所をバックに撮影です。
この場所、ビューは綺麗なんですが、匂いがなんとも!!
名古屋港は観光には程遠いですね。


by makkachi | 2018-12-27 10:33 | 観測・撮像 | Comments(0)

都内のホテルからリモート撮影

c0061727_17224295.jpg

予定されていた出張とはいえ、天文台の全天カメラを見てると
予想外の快晴www
なんかこのまま過ごすのも勿体ない気持ちがしてて
とはいえここは天文台から遥か300kmも離れたところです。
なんか、トラブルが出ても対処が出来ない。
まあでも、このところ安定してそうなので、リモート撮影してみました。
いままでここまで遠方からリモートしたことはなく
ちょっと心配でしたが、インターネットなので距離は関係ないですね。

c0061727_17224385.jpg

バッテリーの構成を変えたので、容量が増えてます。
残量も十分なので、たっぷり2時間撮影しました。
ガイドグラフはあまり安定してない様ですが、いつものことです。
今回はNJPベアリング改造を行ったので
もう少し良くなるかと思いましたが、あまり変わりませんでしたね。


by makkachi | 2018-11-16 17:30 | 観測・撮像 | Comments(0)

久しぶりに電車の中からリモート撮影

c0061727_13504390.jpg
伊豆からの帰りの空を見たらあまりにも
スッキリした空だったので
いったん事務所に戻ったあと、帰りの電車の中からリモート撮影をしました。
このところ
天候が悪かったり猛暑で天文台の室温が異常に高かったりして
2か月もの間、リモート天文台を操作していませんでした。
今回は鏡筒の斜鏡金具をダブルスパイダーにした効果か
フォーカスズレもなくコンスタントに撮影出来ました。

スマホの画面だけの操作で画面が小さかったので
操作が大変でしたが、まあ出来ます。

以前こういう記事を書いたのですが

ネタではなくてホント実践でやってます。とにかく安定してますyo。
この時期はバッテリーに不安が無いのでガンガン行けます。

やっぱいいよね リモートって

場所や時間に縛られない。


マチナカ撮影ということもあって
最近は空の状態を選別してベストな時だけ狙って撮影しています。

網状星雲 NGC6992
鏡筒   :BKP200-KAI(F2.9)ASA 2korrr
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
露光   :LRGB 540sec×7,240sec×2,2,2
オートガイド:Vixen 60 ASI120MM MaxImDL
撮影場所  :リモート天文台(桑名








by makkachi | 2018-08-09 14:10 | 観測・撮像 | Comments(0)

オープンしたての浪合パークとあららぎ高原遠征

c0061727_07265573.jpg
7月7日に長野県下伊那郡阿智村にある星空観測施設
「日本一の星空 浪合パーク」がオープンしました。

先の日曜の夜の遠征前に立ち寄ることにしました。
治部坂高原スキー場のお隣にあり、また周辺にはロッジなどがあり
結構雰囲気の良いところです。
訪問したのは午後3時ごろでしたがもう既に家族連れやカップル等々
たくさんの方々が受付に並んでおり、かなりの賑わいを見せてました。
c0061727_07300167.jpg
内部にはホールや休憩室などがあるようですが、
ホールだけ見学させていただいて出てきました。
10棟の星空デッキは予約で一杯らしく
もう少し数はあればよかったかなと思います。
パークの連携協定企業として、望遠鏡メーカーの株式会社ビクセンさんの
名前があるだけあって、貸出望遠鏡はビクセンの望遠鏡ばかりです。
一般の方には面白い施設だと感じました。
おそらくガチな天文マニアの方は来られないでしょう。

そのあと、天候の状況を見ながら
ガチな天文マニアの遠征地のあららぎ高原へ向かいました。
c0061727_07265669.jpg
あららぎ高原は、
天体撮影の遠征地としてよっちゃん動画などで紹介されて
私の中では大変期待をしていたところです。
現地は視界は少々狭いものの窪地になっていることもあって
上手く光害を防いでくれている絶好な場所です。
また、自宅から2時間かからず来れるということもあり
高速道路からのアクセスも良く、
道中は日帰り温泉もあっていい場所です。

しかし、阿智村は日本一星空の綺麗なところという
キャッチコピーで宣伝されてることもあって
夜になると、こんなとこでも一般の車が来るは来るはで
車のライトは眩しく、
結局のところ撮影どころではありませんでした。

c0061727_07265661.jpg

挙げ句に花火を楽しむ者や、馬鹿騒ぎをしている者等
とても星見にきたとは思えない状況です。
地域振興としてはいいアイデアっだったのでしょうが
星空自慢というのも、考えもんです。
浪合パークとは対照的な、現状を見てしまいました。

撮影はとっととやめてONSTEPの動作確認と
ぼーっと星見だけで
終わっちゃいました。





by makkachi | 2018-07-19 07:57 | 観測・撮像 | Comments(0)

久々のリモート撮影

M51 Whirpool (Galaxy)

春はどうしてもダストの影響で
晴れてても撮影しないことが多々あります。
撮影したものの、自動導入コントローラーを作っていたので
暫く放置してました。

次回は遠征でということになりますが、
遠征日は限られてきますので、天候次第なんですが...

今年に入って、ダブルスパイダーや自動導入コントローラーと
大幅改良が続いていて、機材は大変革しています。
私の場合は、
リモートも遠征も主要機材は自作機器に
支えられていると思います。

M51 Whirpool (Galaxy)

鏡筒   :BKP200-KAI(F2.9)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
露光   :LRGB 480sec×10,240sec×2,2,2
オートガイド:Vixen 60 ASI120MM MaxImDL
撮影場所  :リモート天文台(桑名


by makkachi | 2018-05-02 10:10 | 観測・撮像 | Comments(0)

BKP200 ダブルスパイダー改造 試写

獅子座 トリオ銀河

獅子座 トリオ銀河

鏡筒   :BKP200-KAI(F2.9)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
露光   :LRGB 480sec×9,240sec×2,2,2
オートガイド:Vixen 60 ASI120MM MaxImDL
撮影場所  :リモート天文台(桑名

濃尾平野のひどいモヤで背景がメチャクチャで破状しまくっていたので
通常の処理をやめてL画像のみで一旦処理を進めてます。
背景がファーファーしてるのですが...
これはBIASを引いていないためでKODAK CCDの素性の悪さです。
最近、はやりのSONYあたりの冷却CMOSを使えば、ツルツルスベスベになると思います。
RGBは別に画像処理を行っていてブレンドした画像になります。
ちょっと評価しにくい画像になってしまいましたね

星像はダブルスパイダーのおかげで
BKPは思えないほど引き締まった感があります。
オライオンあたりの鏡筒とよく似てます。
c0061727_10535523.jpg
星像はとても良いイメージです。




by makkachi | 2018-03-27 10:54 | 観測・撮像 | Comments(0)

ボロボロだった御嶽遠征!!

c0061727_15291343.jpg
c0061727_15292630.jpg
遠隔ドームコントローラのユーザーさんのところへ
再調整作業に行ってきました。
八ヶ岳帰りの赤富士の綺麗な事!!
その脚で御嶽へ

20年以上振りの遠征で
前回は今は亡きFCTー100とサクラ400での撮影でした。
御嶽の空の暗さは20年前と比べると明らかに改善しています。
いやあ、これはいけるね!




c0061727_08284597.jpg


鏡筒   :GINJI-150FN
撮像カメラ:ATIK11000M Astronomik
赤道儀  :セレストロン アドバンスGT
露光   :LRGB 30sec×30,30sec×2,2,2
オートガイド:なし
撮影場所  :御嶽 木曽馬の里

撮影のほうはというと
とにかく、フィルターホイルは動かないわ! オートガイドも動かないわ!で
ボロボロでした。
最終手段で点像に映る30秒露光を繰り返して撮影
炙り出してみると背景ノイズが持ち上がって荒れ荒れ状態
オートガイドが動かないのはASCOMの問題らしいことがわかった。

c0061727_15331589.jpg
何故かセレストロンのドライバーからASCOMダイレクトが動かない!!
バグだと思うんだが、
後から思えばインストールしてあったphdguidingを使えばよかった。

しかし......満天の星空は堪能出来ました。
午前1:00に撤収して4:00に帰宅、さすがにフラフラでした。

c0061727_15431413.jpg
御一緒させていただいたFB友のAさんの画像です。
満天の星空が伝わってきますよね!!!






by makkachi | 2018-03-12 15:38 | 観測・撮像 | Comments(0)

マチナカ撮影で究極のバラ星雲を撮る。


c0061727_10225334.jpg



鏡筒    :BKP200-KAI(F2.9)
撮像カメラ :FLI ML8300 Astronomik
赤道儀   :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
露光    :LRGB 600sec×10,240sec×1,1,1
オートガイド:Vixen 60 ASI120MM MaxImDL
撮影場所  :リモート天文台(桑名

これが、なかなか難しいんです。
① 透明度の良い日を狙って
② 子午線を挟んで2時間程度の撮影 (低高度では撮らない
③ 生活活動が落ち着く夜半過ぎ   (若干、マチナカの光が少なくなる
④ 風のない日           (ガイドが乱れる
⑤ バッテリーの充電がたっぷりとある

まあ、こんな日 まずないですわ
c0061727_15562870.jpg
昨晩も寒気が入って雪雲がバンバン流れているところで
撮影してました。







by makkachi | 2018-02-14 16:00 | 観測・撮像 | Comments(0)