人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:観測・撮像( 270 )

マチナカから見る アトラス彗星(C/2019 Y4)


マチナカから見る アトラス彗星(C/2019 Y4)_c0061727_22383001.jpg
アトラス彗星(C/2019 Y4) 3/24
Orion250VX F4.8 コレクターPH
QHY16200A (CFW7)
バーダーRGBフィルター 露光時間:60秒×9
ユーハンU-150 AlThiba5相ベルトドライブ
Takahashi GT-40 ASI120MM Mini 自宅ドーム

2020年4月から5月ごろ、アトラス彗星(C/2019 Y4)が
明るくなると期待されています。
現状どんな状態なのか撮影してみました。

最近のマチナカは春霞の影響で2等星が見えるのがやっと
いくら光害に強い冷却カメラだとしても
撮影すれば被ってくるし背景は白いしまあ期待はしてなかったのですが
何とか写るもんです。
とにかく時間をかけて処理を進めてきました。
マチナカから見る アトラス彗星(C/2019 Y4)_c0061727_22400110.jpg

彗星は
まだまだ遠くて
1000mmで撮ると、ちびっちいイメージ
とりあえずクロップしてみました。尾が出てますね。




by makkachi | 2020-03-27 14:51 | 観測・撮像 | Comments(0)

改めてバラ星雲を撮る

バラ星雲

Orion250VX F4.8 コレクターPH
QHY16200A (CFW7) バーダーHaフィルター 露光時間:600秒×5
ユーハンU-150 AlThiba5相ベルトドライブ
Takahashi GT-40 ASI120MM Mini 自宅ドーム

このところ周期的に晴れてきましたので改めてバラ星雲を撮りました。
O3フィルターの写りが載ってこなかったので
今回はHaのみ50分の露光時間です。
マチナカなので普通は期待できないところなのですが
Ha成分には光害の成分がほぼほぼ載ってこないことがわかりました。
CCDセンサーなので滑らかな階調とシャープなイメージになりました。

自宅ドームもリモート化してあって、外出してても撮影はできます。
この日も外出先からです。
ドームコントローラー盤もIoT化して新しく開発しました。

改めてバラ星雲を撮る_c0061727_10152388.jpg
オートガイドは5相ステッピングモーターとベルトドライブの組み合わせで
期待通りの結果になっています。
ガイド精度がいいみたいですね。

by makkachi | 2020-03-21 10:28 | 観測・撮像 | Comments(0)

マチナカの馬頭星雲

マチナカの馬頭星雲_c0061727_14490614.jpg
この対象も毎年のように撮影するのですが
マチナカではしっくりとしたイメージにならなかったんですが
今回は露光時間を思い切って伸ばしてみました。

どうしてもナローとはいえ光害部分の影響が大きいので
疑似的に光害部分を作って引いてみると
結構露光が足らないことが多くノイジーが画像になってしまいます。
結局。画像処理をするのをあきらめてしまいます。

まして以前は電源の問題で長く撮像するのは難しく、
最後にルーフを閉める電力が残っていないと
リモートでは大変なことになります。

そういう意味でリチウム電源にしたのは大正解で
電力を気にすることなく安心、安全なシステムだと思います。

MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M バーダー
AOO 900*6 JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
マチナカリモート天文台(三重県





by makkachi | 2020-03-08 17:50 | 観測・撮像 | Comments(0)

マチナカのバラ星雲

マチナカのバラ星雲_c0061727_07331873.jpg

MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M バーダー

AOO 600*6 JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ

マチナカリモート天文台(三重県


最近リモート天文台のまわりも工場団地の開発が進んできまして
周辺が明るくなってきました。
今年だけで2件の大型の工場が出来てきてます。
おそらくそこに棲んでいたと思われる野生動物たちが来るようになって
夜間はなかなか行きにくくなってきました。

天文台のある場所は三重県の山林保護指定になっていて
開発は一切されない地域になっています。
県からは何も連絡はないのですが
個人の土地が指定地域になっているというのもなにか不思議な感じです。

MT-160鏡筒に変更して撮影もなんとかこなせるようになりました。
タカハシの鏡筒のなかでは人気のない機種で
オークションサイトに頻繁にでていて、手頃な価格で取引されています。
ですが、やっぱり古くてもそこはタカハシです。星像はきれいですね。

バラ星雲ですが毎年のように撮影してます。
普通にLRGB撮影ではマチナカではさえなくて、納得いかないことが多いのですが
やっぱりナローはいいですね。

大きな画像はこちらから


by makkachi | 2020-02-27 07:49 | 観測・撮像 | Comments(0)

IC1396, 象の鼻

IC1396, 象の鼻_c0061727_11503102.jpg

北天で輝くケフェウス座には、大きな散光星雲
IC1396があります。
時あるごとに気が付けばこの星雲を撮影しています。
とても美しい星雲でもやもやとした
ガスの構造がとても躍動感があって楽しいです。

いままでマチナカに天文台を移設してから撮ってみては
なかなかしっくりいかなかったのですが
MT-160とナローの組み合わせがとても相性が良くて
上手くいってきてる気がします。

撮影機材: タカハシMT-160 クラシカルニュートン ASA 2korrr
     JP赤道儀ベアリング改造 Althiba自動導入ドライブ
使用カメラ:FLI ML8300M
フィルター:バーダーSAO 露出時間:600s*6

マチナカリモート天文台(三重県 11/4 撮影

by makkachi | 2019-11-07 15:49 | 観測・撮像 | Comments(0)

ハート星雲 | IC1805 中心部

ハート星雲 | IC1805 中心部_c0061727_16203835.jpg

AlThiba ガイドが安定してた昨晩の撮像です。
ナローのカラー化はあまり経験が無いので わけわからず

バッテリーが許す限り何時間でも露光できそうなので
今晩、もう一回撮り増ししようと思ってます。

ハート星雲 | IC1805 中心部_c0061727_13591222.jpg

11/5
タカハシMT-160 クラシカルニュートン
ASA 2korrr FLI ML8300M
バーダーSAO 7n 600s*5
JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
マチナカリモート天文台(三重県


by makkachi | 2019-11-06 13:59 | 観測・撮像 | Comments(0)

久しぶり晴れたAlThibaのテストの結果

Autosave-Image--006A

周辺まで点像でオートガイドの制度は良さそうです。
ベルトによるダイレクトドライブがイイみたいです。

 MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M
  600s*7 バーダーHa
  JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
  マチナカリモート天文台(三重


by makkachi | 2019-11-02 23:40 | 観測・撮像 | Comments(2)

久しぶりに晴れたのでAlThibaのテスト

久しぶりに晴れたのでAlThibaのテスト_c0061727_22132585.jpg
久しぶりに晴れたのでAlThibaのテストです。

  MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M

  JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
  マチナカリモート天文台(三重

構成はこんな感じでいつもと同じリモート天文台です。
オートガイドが細かく波打っているように見えますが
ガイド鏡は420mmなので、まあイイ感じでたたいてます。
このグラフ見た目以上に結構優秀で時間は何時間かけても
800mmですが撮影した星は真円になってます。

このモデルの特徴はモーターに減速ギアがなく
ダイレクトにベルトがウォームギアを回してること
この構造は、ガイドレスポンスに素早く確実に効いてきます。
ONSTEPのころの構成と比べると、ガイド制度は格上のような気がします。
マイコンは変わってないので、この組み合わせがイイんですね。

ASCOMドライバーも問題なく前回の終了時の位置から
スタートしています。
PlateSolveで2秒で同期が確定します。

by makkachi | 2019-10-31 22:32 | 観測・撮像 | Comments(0)

一時(いっとき)のガイドエラーをあきらめずに撮る

一時(いっとき)のガイドエラーをあきらめずに撮る_c0061727_17313203.jpg

空がピーカンで状態は良さそうなんです。
サクッとリモート天文台を立ち上げて軽くガイドをしてみたら
意外に安定していない。
ガイド星がバタバタしてる。
こんな時は撮影しても解像度が載ってこないので
やめておこうと、ほかってた。

一時(いっとき)のガイドエラーをあきらめずに撮る_c0061727_17313211.jpg
食事してお風呂に入ってもう一度アクセスしてみたら
その間に少し雲が出てきてた。
あきらめずにガイドを続けてたら、なんか安定してきた。
週末は下り坂なのでちっと撮影しようとスタンバイ。
一時(いっとき)のガイドエラーをあきらめずに撮る_c0061727_17313206.jpg
MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M バーダーHa 7n 600s~4
JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ  マチナカリモート天文台(三重県

ガイド不良をあきらめずに撮影した北アメリカ
16cmと考えると...解像度は
以前撮った ディスカバリーの25cmニュートンより素晴らしい。
さすがタカハシ
クラシカルニュートンまた作ってほしいな。


by makkachi | 2019-09-18 17:40 | 観測・撮像 | Comments(0)

MT160 ナローデビュー

MT160 ナローデビュー_c0061727_09495807.jpg

サドル付近
MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M バーダーHa 7n 600s~5
JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
マチナカリモート天文台

今年のお正月にBKP200からMT160に変更してから
やっと、十分な撮影が出来ました
リモート天文台ではナローのデビューとなります。
状況を見てこちらはε160鏡筒に
天体ドームのほうはオライオン250鏡筒を納入したいと思ってます。

天体ドームは内装を改装する予定で
準備室をマチナカテレスコ工房として オープン準備を進めています。


MT160 ナローデビュー_c0061727_09133018.jpg

Althiba自動導入ドライブ GP赤道儀 改造用

ビクセン GP赤道儀用のモーター金具を少量でございますが製作いたしました。
Althiba自動導入ドライブを頒布出来ることになりました。
ビクセンGP、GP2赤道儀をはじめスカイウォッチャーEQ5、セレストロンアドバスドGT
一部SP赤道儀にも取り付け可能です。
Althiba自動導入ドライブはONSTEPをベースに、使いやすさを追求した
自動導入ドライブです。
マイクロステップ256分割でよりスムーズで静かなドライブを追求しております。
ベルトドライブによりバックラッシュのない動作を実現しております。
ギア数やリミット動作などはWifi接続によりブラウザで設定可能です。
今回申し訳ございませんが5台限定で 価格:78,000円です。
お申し込みは頒布サイトのほうから宜しくお願いします。



MT160 ナローデビュー_c0061727_09331523.jpg

永らく準備中でございました
ε-160/MT-160 フレームタイプ 鏡筒バンド ロスマンディプレート付き
も製作しております。

MT160 ナローデビュー_c0061727_09262025.jpg
                        ε-160への取付例

ε-160/MT-160の鏡筒バンドは市販品でも数少ないので新たに設計しました。
アルミ材 軽量でスタイリッシュなバンドです。
トッププレートにはタカハシ規格のM8 35mmピッチのネジが切ってあります。

こちらは1台のみです。価格は1組45,000円です。






by makkachi | 2019-09-07 09:40 | 観測・撮像 | Comments(0)