マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

タカハシ160J型赤道儀 ベ..
at 2018-11-19 09:10
都内のホテルからリモート撮影
at 2018-11-16 17:30

最新のコメント

> あっちさん 一旦、..
by makkachi at 15:03
おぉ〜、新しいコントロー..
by あっち at 22:27
> あっちさん JP赤..
by makkachi at 22:15

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:観測・撮像( 254 )

都内のホテルからリモート撮影

c0061727_17224295.jpg

予定されていた出張とはいえ、天文台の全天カメラを見てると
予想外の快晴www
なんかこのまま過ごすのも勿体ない気持ちがしてて
とはいえここは天文台から遥か300kmも離れたところです。
なんか、トラブルが出ても対処が出来ない。
まあでも、このところ安定してそうなので、リモート撮影してみました。
いままでここまで遠方からリモートしたことはなく
ちょっと心配でしたが、インターネットなので距離は関係ないですね。

c0061727_17224385.jpg

バッテリーの構成を変えたので、容量が増えてます。
残量も十分なので、たっぷり2時間撮影しました。
ガイドグラフはあまり安定してない様ですが、いつものことです。
今回はNJPベアリング改造を行ったので
もう少し良くなるかと思いましたが、あまり変わりませんでしたね。


[PR]
by makkachi | 2018-11-16 17:30 | 観測・撮像 | Comments(0)

久しぶりに電車の中からリモート撮影

c0061727_13504390.jpg
伊豆からの帰りの空を見たらあまりにも
スッキリした空だったので
いったん事務所に戻ったあと、帰りの電車の中からリモート撮影をしました。
このところ
天候が悪かったり猛暑で天文台の室温が異常に高かったりして
2か月もの間、リモート天文台を操作していませんでした。
今回は鏡筒の斜鏡金具をダブルスパイダーにした効果か
フォーカスズレもなくコンスタントに撮影出来ました。

スマホの画面だけの操作で画面が小さかったので
操作が大変でしたが、まあ出来ます。

以前こういう記事を書いたのですが

ネタではなくてホント実践でやってます。とにかく安定してますyo。
この時期はバッテリーに不安が無いのでガンガン行けます。

やっぱいいよね リモートって

場所や時間に縛られない。


マチナカ撮影ということもあって
最近は空の状態を選別してベストな時だけ狙って撮影しています。

網状星雲 NGC6992
鏡筒   :BKP200-KAI(F2.9)ASA 2korrr
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
露光   :LRGB 540sec×7,240sec×2,2,2
オートガイド:Vixen 60 ASI120MM MaxImDL
撮影場所  :リモート天文台(桑名








[PR]
by makkachi | 2018-08-09 14:10 | 観測・撮像 | Comments(0)

オープンしたての浪合パークとあららぎ高原遠征

c0061727_07265573.jpg
7月7日に長野県下伊那郡阿智村にある星空観測施設
「日本一の星空 浪合パーク」がオープンしました。

先の日曜の夜の遠征前に立ち寄ることにしました。
治部坂高原スキー場のお隣にあり、また周辺にはロッジなどがあり
結構雰囲気の良いところです。
訪問したのは午後3時ごろでしたがもう既に家族連れやカップル等々
たくさんの方々が受付に並んでおり、かなりの賑わいを見せてました。
c0061727_07300167.jpg
内部にはホールや休憩室などがあるようですが、
ホールだけ見学させていただいて出てきました。
10棟の星空デッキは予約で一杯らしく
もう少し数はあればよかったかなと思います。
パークの連携協定企業として、望遠鏡メーカーの株式会社ビクセンさんの
名前があるだけあって、貸出望遠鏡はビクセンの望遠鏡ばかりです。
一般の方には面白い施設だと感じました。
おそらくガチな天文マニアの方は来られないでしょう。

そのあと、天候の状況を見ながら
ガチな天文マニアの遠征地のあららぎ高原へ向かいました。
c0061727_07265669.jpg
あららぎ高原は、
天体撮影の遠征地としてよっちゃん動画などで紹介されて
私の中では大変期待をしていたところです。
現地は視界は少々狭いものの窪地になっていることもあって
上手く光害を防いでくれている絶好な場所です。
また、自宅から2時間かからず来れるということもあり
高速道路からのアクセスも良く、
道中は日帰り温泉もあっていい場所です。

しかし、阿智村は日本一星空の綺麗なところという
キャッチコピーで宣伝されてることもあって
夜になると、こんなとこでも一般の車が来るは来るはで
車のライトは眩しく、
結局のところ撮影どころではありませんでした。

c0061727_07265661.jpg

挙げ句に花火を楽しむ者や、馬鹿騒ぎをしている者等
とても星見にきたとは思えない状況です。
地域振興としてはいいアイデアっだったのでしょうが
星空自慢というのも、考えもんです。
浪合パークとは対照的な、現状を見てしまいました。

撮影はとっととやめてONSTEPの動作確認と
ぼーっと星見だけで
終わっちゃいました。





[PR]
by makkachi | 2018-07-19 07:57 | 観測・撮像 | Comments(0)

久々のリモート撮影

M51 Whirpool (Galaxy)

春はどうしてもダストの影響で
晴れてても撮影しないことが多々あります。
撮影したものの、自動導入コントローラーを作っていたので
暫く放置してました。

次回は遠征でということになりますが、
遠征日は限られてきますので、天候次第なんですが...

今年に入って、ダブルスパイダーや自動導入コントローラーと
大幅改良が続いていて、機材は大変革しています。
私の場合は、
リモートも遠征も主要機材は自作機器に
支えられていると思います。

M51 Whirpool (Galaxy)

鏡筒   :BKP200-KAI(F2.9)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
露光   :LRGB 480sec×10,240sec×2,2,2
オートガイド:Vixen 60 ASI120MM MaxImDL
撮影場所  :リモート天文台(桑名


[PR]
by makkachi | 2018-05-02 10:10 | 観測・撮像 | Comments(0)

BKP200 ダブルスパイダー改造 試写

獅子座 トリオ銀河

獅子座 トリオ銀河

鏡筒   :BKP200-KAI(F2.9)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
露光   :LRGB 480sec×9,240sec×2,2,2
オートガイド:Vixen 60 ASI120MM MaxImDL
撮影場所  :リモート天文台(桑名

濃尾平野のひどいモヤで背景がメチャクチャで破状しまくっていたので
通常の処理をやめてL画像のみで一旦処理を進めてます。
背景がファーファーしてるのですが...
これはBIASを引いていないためでKODAK CCDの素性の悪さです。
最近、はやりのSONYあたりの冷却CMOSを使えば、ツルツルスベスベになると思います。
RGBは別に画像処理を行っていてブレンドした画像になります。
ちょっと評価しにくい画像になってしまいましたね

星像はダブルスパイダーのおかげで
BKPは思えないほど引き締まった感があります。
オライオンあたりの鏡筒とよく似てます。
c0061727_10535523.jpg
星像はとても良いイメージです。




[PR]
by makkachi | 2018-03-27 10:54 | 観測・撮像 | Comments(0)

ボロボロだった御嶽遠征!!

c0061727_15291343.jpg
c0061727_15292630.jpg
遠隔ドームコントローラのユーザーさんのところへ
再調整作業に行ってきました。
八ヶ岳帰りの赤富士の綺麗な事!!
その脚で御嶽へ

20年以上振りの遠征で
前回は今は亡きFCTー100とサクラ400での撮影でした。
御嶽の空の暗さは20年前と比べると明らかに改善しています。
いやあ、これはいけるね!




c0061727_08284597.jpg


鏡筒   :GINJI-150FN
撮像カメラ:ATIK11000M Astronomik
赤道儀  :セレストロン アドバンスGT
露光   :LRGB 30sec×30,30sec×2,2,2
オートガイド:なし
撮影場所  :御嶽 木曽馬の里

撮影のほうはというと
とにかく、フィルターホイルは動かないわ! オートガイドも動かないわ!で
ボロボロでした。
最終手段で点像に映る30秒露光を繰り返して撮影
炙り出してみると背景ノイズが持ち上がって荒れ荒れ状態
オートガイドが動かないのはASCOMの問題らしいことがわかった。

c0061727_15331589.jpg
何故かセレストロンのドライバーからASCOMダイレクトが動かない!!
バグだと思うんだが、
後から思えばインストールしてあったphdguidingを使えばよかった。

しかし......満天の星空は堪能出来ました。
午前1:00に撤収して4:00に帰宅、さすがにフラフラでした。

c0061727_15431413.jpg
御一緒させていただいたFB友のAさんの画像です。
満天の星空が伝わってきますよね!!!






[PR]
by makkachi | 2018-03-12 15:38 | 観測・撮像 | Comments(0)

マチナカ撮影で究極のバラ星雲を撮る。


c0061727_10225334.jpg



鏡筒    :BKP200-KAI(F2.9)
撮像カメラ :FLI ML8300 Astronomik
赤道儀   :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
露光    :LRGB 600sec×10,240sec×1,1,1
オートガイド:Vixen 60 ASI120MM MaxImDL
撮影場所  :リモート天文台(桑名

これが、なかなか難しいんです。
① 透明度の良い日を狙って
② 子午線を挟んで2時間程度の撮影 (低高度では撮らない
③ 生活活動が落ち着く夜半過ぎ   (若干、マチナカの光が少なくなる
④ 風のない日           (ガイドが乱れる
⑤ バッテリーの充電がたっぷりとある

まあ、こんな日 まずないですわ
c0061727_15562870.jpg
昨晩も寒気が入って雪雲がバンバン流れているところで
撮影してました。







[PR]
by makkachi | 2018-02-14 16:00 | 観測・撮像 | Comments(0)

月蝕さ、まあ、見れて良かったよ。

c0061727_16011724.jpg
低気圧が近づいていることもあり
ダメダ~ダメダ~とメディアでも騒がれてましたが
何とか、皆既月蝕、見れました。
今回は久しぶりに撮影してみようと思い
advanced-gt赤道儀を買って初めて使いました。
イイネこの架台。ウエイト付けたまま組み立てられるし(笑

いつもリモート天文台で撮影しているときは
パソコンだけで撮影出来ちゃうんですが
今回は全手動、チョーマニュアルな撮影です。www

Super Blue Blood Moon

皆既の途中から曇ってしまいましたが
綺麗な赤銅色のお月さまを見ることが出来ました。
チョット皆既中は暗かったんじゃない???


今回初めての試みで
リモート天文台の全天カメラを使った
動画を作ってみました。



光量の変化が面白いですね。





[PR]
by makkachi | 2018-02-01 16:13 | 観測・撮像 | Comments(0)

寒気が入るとダメじゃん

c0061727_10274932.jpg
今年初めから寒気が入ってきて撮影がうまくいってません。
空気中の水蒸気量が多くなってマチナカの光が
反射している影響で背景が持ち上がって
へんてこりんな迷光に悩まされてます。
何とか画像処理で背景をフラットにしたのですが
ありゃりゃ...
c0061727_10332070.jpg
ちなみに通常のフラット処理後はこんな感じ
これじゃあ、何が映っているのかわからない。
胎児星雲を狙ってみたんですけどね。
構図が取れないので自動導入まかせです。
どこ狙ってるの!!

c0061727_10275404.jpg
過去の写真と見比べてみると
こんな画角で撮影していたみたいです。

途中で空が霞で白くなったのでやめたんですが
これだとモチベーションが上がらない。

マチナカ撮影は空の条件が左右します。




[PR]
by makkachi | 2018-01-20 10:42 | 観測・撮像 | Comments(0)

マチナカではこの対象は難しい。

カルフォルニア星雲

カルフォルニア星雲

鏡筒   :BKP200-KAI(F2.9)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
露光   :LRGB 360sec×14,240sec×4,4,4
オートガイド:Vixen 60 ASI120MM MaxImDL
撮影場所  :リモート天文台(桑名

撮り直してみました。マチナカではこの対象は難しいですね。
よほど条件が良くないといけません。
冬はバッテリーとの闘いで残量を気にしながら撮影しているので
お気楽に運用できない厳しさがあります。




[PR]
by makkachi | 2017-12-29 16:26 | 観測・撮像 | Comments(0)