人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:遠隔撮像ソフト( 56 )

総合撮像ソフト 不具合修正

総合撮像ソフト 不具合修正_c0061727_12575443.gif

おおよそ使い物になってきた「総合撮像ソフト」ですが
今度はビニング1×1で撮像しても、何故か保存データーが1/4のサイズしか
保存できませんでした。

どうにもこうにも分からず、フルフレームで撮影が出来ないため
暫くMaxImDLのほうで撮像していました。
おそらく設定が宣言されていないため、おかしいのだろうと思ったのですが
もう一度、ASCOMのヘルプを読んで確かめてみました。
[cam.SetFullFrame]
この1行を加えることで、フルフレームで撮影が出来ました。
分かってしまうと、なんということも無いです。
このように少しずつバグ出しがされていきます。
これで通常使いは問題ないレベルまで、きました。
by makkachi | 2009-09-19 13:05 | 遠隔撮像ソフト | Comments(3)

総合撮像ソフトを改修しました。

総合撮像ソフトを改修しました。_c0061727_18424541.gif

今年前半から取り組んでいる総合撮像ソフトの続編です。
カメラ、架台、フォーカーサー、極越えセンサー、クラウドセンサーと
あらゆるデバイスを1本のソフトでコントロールする計画です。
日食前まで取り組んでいて、十分テストも出来ず終わっていたのですが。
先日久しぶりに撮像できましたのでテストしてみました。
テストしてみて結果は、
ソフト間の通信が重くハングアップしてしまう状況があります。
これは致命的で、一瞬であらゆるデバイスが制御不能になってしまって
再起動しないと動作できなくなってしまいます。
もう少しそれぞれのルーチンを見直して
必要以外は通信を控えるように変えてみました。
ベンチでのテストはOKなのですが、問題は実際に撮像すると
どうなるかですかね。
USBデバイスサーバーを使っているのも少し影響があって
最悪USBデバイスサーバーを外さないといけないのですが
便利な機械なので出来ればそのままつかいたいです。
by makkachi | 2009-08-21 18:49 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)

な~んだASCOMのソースあるじゃん!!

な~んだASCOMのソースあるじゃん!!_c0061727_1616178.gif

Mel'Scope.exeのASCOMドライバの製作の件ですが
フォーラムで問い合わせたら
ASCOMのプログラムをインストールするときに
チェックを入れると一緒にソースもインストールされるのですね!!
知らなかった。
ちょっくらGeneric LX200ドライバの中身を見てみたら
これはいけそうな気がしますね
とりあえず私の環境に合わせようと思うと
Generic LX200ドライバとPOTHのドライバを改造する必要があります。
なんとなくこれで出来そうです。
仮想シリアルで組むよりスマートなので即プログラムにかかります。
by makkachi | 2009-04-30 18:13 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)

フォーカーサーコントロールだヨ!!

フォーカーサーコントロールだヨ!!_c0061727_19492795.gif

1つ1つルーチンが完了していますが
今度はフォーカーサのコントロールです。
FLIのPDFという、ドでかいフォーカーサなのですが
これを外部ソフトからコントロール使用するというものです。
1番簡単なのはASCOMを使うことらしいのですが
いまいち英語でよくわかりません。
フォーラムへ行けばなんか、分かるかもと思い
意外と簡単でしたね
フォーラムにはサンプルソフトがありますので、
これをダウンロードすると簡単です。
せっかくだから連動動作させたいので、UP/DOWNのステップは
撮像と連動させました。
1クリックで微動し撮像してくれるという便利機能です。
また終了時は現在地点を覚えてくれますので
再度、起動したときはフォーカスポジションを再現できます。
ASCOMなのでFLIだけでなくROBOFocusでもPCFocusでも
使えます
by makkachi | 2009-04-26 19:57 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)

MaxImDLの外部ソフトからの制御

MaxImDLの外部ソフトからの制御_c0061727_12502117.gif

フォーカーサーとフィルターホイル、冷却CCDカメラとリンクしたいのですが
とりあえずMaxImDLと通信しないと始まらないです
下記のように宣言して
Set cam = CreateObject("MaxIm.CCDCamera")
Set App = CreateObject("MaxIm.Application")
リンクを張ればとりあえず動作できそうです。
フォーカーサーは細かい制御がMaxImDLでは出来ないようで
動作のためのコマンドが用意されてないです。
フォーカーサーに限っては(ドーム制御も赤道儀も同様ですが)
ASCOMから制御させたほうがよさそうです。
リンクは全て一括でリンクを張るのですがその前に
MaxImDLの外部ソフトからの制御_c0061727_10322550.jpg

以前秋月で購入したIP Power 9258の電源をソフトから動作させます。
IP Power 9258 電源ON→USBデバイスサーバー電源ON→
冷却CCDカメラ、フィルターホイル、フォーカーサ 電源ON→
MaxImDL リンク開始 というような感じですね
by makkachi | 2009-04-24 12:59 | 遠隔撮像ソフト | Comments(2)

クラウドセンサーとリンク

クラウドセンサーとリンク_c0061727_2215273.gif

先日お天気メールを作りましたので、その応用でルーチンを組み立てます
AAG CloudWatcher v5.10は、うちのサーバーにインストールしてあり
まずは初めに遠隔で撮像パソコンからデーターを読みにいかないといけません。
AAG CloudWatcherとはWindowsCOMで通信しあうので
AAG CloudWatcherのアプリが無いと天候データが読み取れません。
CSVでファイルに落としてもよいのですが、1週間も使っていると
データがブタブタになってしまうので、
アプリのクライアント/サーバー機能を使います。
撮像パソコンにAAG CloudWatcherのクライアントを組みました。
これを使うとAAG CloudWatcherが遠隔でも使えるようになり
またクライアントとWindowsCOMで通信しあうことができます。
この部分はチョイチョイと作って
曇ったら極軸傾斜センサーでモーターをOFFする機能まで作り上げました。
by makkachi | 2009-04-21 22:12 | 遠隔撮像ソフト | Comments(3)