人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:天文台( 60 )

電力自給システム構築しました! オフグリッド天文台

電力自給システム構築しました! オフグリッド天文台_c0061727_10335389.jpg

先週の休日は太陽光独立電源の工事をしました。
やっとこれで天文台にも電気が来ました。
ソーラーパネルは190W×2枚で380wです。
パネルの設置にはお得意の単管架台を作ってみました。

電力自給システム構築しました! オフグリッド天文台_c0061727_1037201.jpg

夜間は電気が使えませんのでバッテリーで蓄電するのですが
中国:EPsolar製の「Tracerシリーズ」の新製品
30AのMPPTチャージコントローラーで
デルコバッテリー 2個(24V運用)に蓄電しています。
容量が30Aありますので800Wまでのソーラーパネルまで
対応できます。

お昼にメーターを見てみましたが5Aくらい出ていましたので
180Wくらいは発電しているようです。
電力自給システム構築しました! オフグリッド天文台_c0061727_10413272.jpg

バッテリーは床下にシリーズ接続で24V運用です。
望遠鏡、冷却カメラ等の天文台系電源はDC-DCコンバーターで24V->12Vに
変換して運用します。
ルーフはACモーターなので800WのDC-ACインバーターで商用電源を作ってます。
余裕で開閉できました。
電力容量は余裕があるので小さな電子レンジくらいは動作できそうです。
今後は遠隔天文台として使えるように省電力をめざしたシステムに
していかないといけません。まだまだこれからです。

オフ(=切る) グリッド(=送電網)ということで
電力会社に頼らない独立電源システム(自給)です。

電力会社から電気を引けば良かったのでしょうが
近接電柱からの距離があって時間も費用も掛かることと
電柱が出来ると街路灯設置の可能性があって問題があること
里山の中の天文台を目指したいので独立電源にしました。

ソーラーパネル関係も今やコストが下がってますので
結構安く仕上がりました。
電力的にはしばらく様子を見て運用していくことに
なりますが冬場はかなり発電量が下がりますので
パネルを増やすか発電機を併用したハイブリッドにしていくか?
考えているところです。
by makkachi | 2016-07-12 10:59 | 天文台 | Comments(0)

とにかく暑いので天文台建設作業が進みません。

とにかく暑いので天文台建設作業が進みません。_c0061727_1465077.jpg

とにかく暑いので天文台建設作業が進みません。_c0061727_11294093.jpg

昨日はベースがカラーコンパネの地のままだったので
ピュアホワイトに塗装しました。
暑くなる予想だったので朝6時から開始したのですが
予想以上に時間がかかりました。

とにかく暑いので天文台建設作業が進みません。_c0061727_11295362.jpg

リアビューです。
なんとかムラなく塗れましたね。
イイ感じです。

とにかく暑いので天文台建設作業が進みません。_c0061727_1130272.jpg

次は室内の床の製作です。
床板は以前と同じようにカラーコンパネを使いました。
今回はベースフレームに高さがあって根太の下に束を立てないといけません。
まだ電気が無いのですべて手作業になりました。
慣れない作業の中、暑さで午前10時頃には作業をやめました。
4時間しか作業できません。

広い広い床下は、太陽光発電のバッテリー&インバーター室になる予定です。
それでもスペースが余るので物置として利用できます。
あとで気が付いたのですが東北の震災の後で
1.7kのディーゼル発電機を買って倉庫にしまっておいたことを
忘れていました。
早速、別棟の山小屋のほうに持ち込みました。
意外なところで役に立ちます。
by makkachi | 2016-07-04 11:44 | 天文台 | Comments(0)

天文台の基礎工事

天文台の基礎工事_c0061727_13493215.jpg

移設が完了した天文台ですが

今回は予算の関係で自分で整地、基礎工事を行うことになりました。
梅畑の木の間にちょうどイイ感じのスペースがあることがわかり
家族の了承を得て建設を始めることにしました。

まずは方位の位置決めを行っています。
今は便利な時代で
GoogleMAPの航空写真を利用しておおよその方位を決めました。
赤道儀ほどシビアではないので、スケールで合わせて杭を打ってきます。

天文台の基礎工事_c0061727_13494647.jpg

地面は傾斜地なので水平になるように整地をしなければなりません。
厳密には糸を張って決めていかなければなりませんが
ちょっと手を抜いて2×4の木を使って水平器であわしていきます。
簡単かつ精度の良い方法です。
なんとかスコップ1本でここまで来ました。

天文台の基礎工事_c0061727_13495559.jpg

後はブロックを並べて大きさを決めていきます。
地面は粘土質で柔らかいので地面をたたいて砂利をたくさん入れて
その上にブロックを並べインスタントモルタルで固定しました。
何とか暑くなる前の梅雨中に移動したかったので急ピッチな工事になりました。
基礎工事を業者に頼みますと30万程度はかかります。
自分でやれば10分の1。とにかくコストを圧縮させました。
基本休みの日しか作業ができません。
雨が降ったりとなかなか思うようにいきませんでしたが
基礎工事を実質3日ほどで完了させています。
「自分でやる」ってほんと楽しいです。
by makkachi | 2016-07-02 14:10 | 天文台 | Comments(0)

天文台の引っ越しの様子が記事になってます。

天文台の引っ越しの様子が記事になってます。_c0061727_23582160.jpg

引っ越しをしていただいた御会社さんの
ブログに今回の移設の様子が記事になってます。

★いいぞ!カニクレーン★
http://koukigumi.net/blog-entry-43.html

by makkachi | 2016-06-29 17:30 | 天文台 | Comments(0)

遠隔天文台の引っ越し

遠隔天文台の引っ越し_c0061727_12331740.jpg

昨日、天文台の引っ越しを行いました。
梅雨の真っ最中ですが偶然にも運よく晴れました。
絶好の作業日和です。

今回は重量運搬の業者さんにお願いをいたしました。
スタッフさんのチームワークも良くお互いに声掛けを行いながらの
作業は素晴らしかったです。

遠隔天文台の引っ越し_c0061727_12341685.jpg

実家の山へ2tトラックで運ばれていきます。
アクセスの道は狭く普段は軽トラックしか通らない道です。
なんか不思議な光景ですね。
桑名市内では自然が手つかずに残る開発から取り残された場所です。
電気も来ておらず桑名にしては暗い空です。

遠隔天文台の引っ越し_c0061727_130118.jpg

ユニック車が入らなかったのでカニクレーンという
クローラー式のクレーンで天文台を吊り上げることになりました。
あとでこれが大活躍してくれました。

遠隔天文台の引っ越し_c0061727_12342734.jpg

天文台は実家の梅畑の一角に設置することになりました。
整地、基礎工事は1人で行ってきました。

カニクレーンで少しづつ吊り上げ、移動を繰り返し
基礎に近づいていきます。
地面がぬかるんでして、アウトリガーが沈み
何度か落としそうな場面がたびたびありました。
スタッフさんのチームワークでなんとか乗り越えていきました。
トラッククレーンを頼んでいたら絶対無理だったなあ。

遠隔天文台の引っ越し_c0061727_1234416.jpg

無事設置されました。とりあえずひと安心です
今はまだ電気がありません。
電力会社から電気を引くことは出来ると思うのですが
これ以上環境を悪くしたくないので
太陽光発電&蓄電池を利用したオフグリッドで運用したいと思ってます。
運用開始までまだまだです。ほんとにやること満載です。
まあ、ぼちぼち作業を行っていきます。
by makkachi | 2016-06-28 12:53 | 天文台 | Comments(0)

新たな再スタート

新たな再スタート_c0061727_11124595.jpg

御心配をおかけしました。FB等でご存知の方も見えますが
新たな再スタートを切ります。

主要な機材がドームに戻ったことで、かなり天文台が強化されました。
ドームは元自宅(実家)で現在の自宅からは車で10分です。

ドームの周囲は目立った街路灯等の光もなく
全周囲見晴らしの良い所にあります。

今後はこれがリモート天文台として動作します。

今まで週十回テスト撮影を繰り返しています。
次の新月期にはデビューできそうです。
空の条件は決して良くないものの
数年前に比べると見違えるほど画像処理の環境が上がっているので
どんな絵が出てくるか非常に楽しみです。
いっそ冷却カメラをダイナミックレンジの広く高感度のものに
変更しようかとも思ってます。
リモートとはいっても近くなので問題が出ればすぐに行ける距離なので
心身の負担はかなり楽になります。
Ha画像では実績を上げたドームなので期待しています。

ドームコントローラー盤も最新のファームウェアに変更してありますので
動作は完璧です。
by makkachi | 2016-05-21 11:27 | 天文台 | Comments(0)

調子の悪くなったリブーター

調子の悪くなったリブーター_c0061727_852677.jpg

先週あたりからパソコンの電源をON/OFFしているリブーターが
ネットから見えなくなりました。

撮像パソコンやWEBパソコン、ELパネルの電源をこれで管理していますので
これが壊れると遠隔天文台の機能しなくなります。
要の機器なのですが、平日は天文台には行けないので
昨日の休みに、新しいものと入れ換えてきました。

もともと仕事先で使っていたものを譲り受けたものですが
あまり使っていたようですが、年数が経っていますので寿命ですね。
おそらく電源周りのコンデンサを交換すれば復活すると思うのですが
筐体のねじが硬くて内部を開けられません。

機械も古くてTelnet しかコントロールできないので
現行のタイプのように
WEB Telnet RS232とマルチにコントロール出来るものの方が
何かあったときありがたいです。

今回はRS232にシリアルLANコンバーターをつけて
ネット越しにRS232でコントロールできるようにしました。

これで3種の安全性が確保できました。かなめの機器なので念には念を!!
by makkachi | 2016-02-22 12:51 | 天文台 | Comments(0)

全天カメラも凍る寒さです。

全天カメラも凍る寒さです。_c0061727_7595597.jpg

全天カメラも凍る寒さです。_c0061727_80776.jpg

今朝はしっかり冷えました。
霜もびっちり降りました。

昨晩は撮影してみましたが、やっぱり星像が安定せず
フォーカスがわかりません。

寒いのに湿度が高い天文台周辺です。
今月は撮影には不向きですね
by makkachi | 2016-02-08 08:03 | 天文台 | Comments(0)

揖斐天文台の昨年の稼働日数

揖斐天文台の昨年の稼働日数_c0061727_13191641.jpg

昨年の揖斐天文台の稼働日数をグラフ化してみました。
昨年の冬は雪が多くて不安定な日が続きました。
それに加え、赤道儀のマイナーなトラブルが続き
その対策に追われた日々でした。
いろいろ問題が出ては潰していってますので
8月以降は安定し、かなり撮影日数が伸びてます。
特に10月は晴れた日が連続して続いたので、良かったです。
自宅撮影からタブレットを使って通勤中の撮影方法に変えたのも効率が表れたと思います。
時間に縛られなく撮影できるのもリモートの楽しみだと思いますよ。

リモート天文台を本格的に始めてから、やっと安定してきた感がありますね。
新しい年になってもう1か月が過ぎましたが昨年よりは撮影に数が増えていまので
今年は期待できますかね
by makkachi | 2016-02-04 13:18 | 天文台 | Comments(0)

雪に強い 揖斐天文台

雪に強い 揖斐天文台_c0061727_11184787.jpg

今年は暖冬で、このまま雪無しかと思ったところで
先日積雪がありました。10cm程度で大したことはありませんでしたけど。

写真は昨年の豪雪時の写真です。
その時は40cmほど積もりましたが、屋根に積もった雪は自重でスルリと落ちていきます。
この形は意外に雪に強いです。
屋根からはつぎつぎと雪が落ちていきますので、1日くらい晴天が続けば
翌晩はすぐに撮影にかかれます。

今年はエアコンを入れましたので、ある程度積もったところで
リモートで暖房を入れて雪おろしをしようと思ってたのですが、
朝になって近所の方が気を利かして雪下ろしをしていただきました。
昨年、雪の重みで水切が壊れてしまったことを気にかけていただいたんですね。
ホントに助かります。

雪に強い 揖斐天文台_c0061727_11293181.jpg

同じ日の桑名ドームの写真なのですが
ドームの場合は
屋根からは雪が落ちてるのですが、スカートの部分に雪が溜まって
ドームを回転させることが出来ません。
またこの雪が数日間残ってしまうのです。
桑名は揖斐に比べると雪の降る日数は少ないので、
いつも、あきらめて撮影を休んでいます。

雪に強い 揖斐天文台_c0061727_1135329.jpg

話は変わりますが、乾いた雪の場合は雨センサーが感知しません。
このメーカーには雪センサーがあってこれを使うと雪でも感知できるようです。
強力なヒータが内蔵されていて、雪が解けてその水分で感知する仕組みです。
ニッシンドーム ドーム/スライドコントローラー盤も対応しています。
雨センサーと雪センサーを同時に取り付けることも出来ますので安心です。

週末の強力な寒気で揖斐天文台の雨センサーがどのように働くか見てみようと思ってます。
by makkachi | 2016-01-22 11:41 | 天文台 | Comments(0)