人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

ドーム天文台再生化計画
at 2019-11-16 10:00
リモート天文台 J型自動導入..
at 2019-11-15 13:39

最新のコメント

> fujiiさん あ..
by makkachi at 21:02
素晴らしい 星像ですね ..
by fujii at 15:54
まだまだ使い始めたばかり..
by makkachi at 23:06

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:ONSTEP( 51 )

自動導入コントローラー キット お譲りします。

c0061727_10592496.jpg
これまでいろいろ紹介しております、自分用に製作しました
自動導入コントローラー(ONSTEP)をお譲りします。


どうしても数台まとめて発注しないと
かなりイニシャル(初期投資)が掛かってしまいますので
ちょっと台数を作りました。
余剰分をお譲りするということになります。

自作派の方、コストを抑えたい方には持って来いの
アイテムだと思います。
arduino ideとTeensyduinoInstallをお持ちのパソコンに
インストール頂ければ、
お持ちの赤道儀のギア比の設定、最高速の設定も可能です。
基板はオリジナル設計のプリント基板
ケースはメーカーにて加工しております。
c0061727_10592526.jpg
モーターへの接続はDSUB15Pコネクターになっています。

c0061727_10592381.jpg
CPU:Teensy3.2 モータードライバ:A4988×2Wifi 組込済
電源端子(DC12-24V) 2.1mm センタープラス
USB、ST4ガイドポートが付きます。
Bluetooth、Wifiモジュールを付け加えると
無線での操作が可能になります。
ただ技適が適合しておりませんので自己責任でお願いします。
ご自身での書き込みが必要です。

お譲りする販売価格は 40,000円(税込、送料別 となります。

5/9 いきなり価格変更です。
 35000円(税込、送料別 
部品をまとめて発注しましたので少しお安くなりました。

オプションです.
1.ビクセンGP系赤道儀ベルトドライブモーター +20,000円
2.タカハシ JP/NJP ベルトドライブモーター +40,000円
3.組込調整 +5,000円

1.EM200USD/Tenma一体型コントローラー(モーターはそのまま使います
 50,000円
 その他 EM200/EM10系  +モーター&取付金具
2.組込調整 +5,000円

その他赤道儀も改造いたします。(オーバーホールは出来ません
オンラインショップも再開します。


操作、設定にあたってはオープンソースなので
わかる範囲でサポートいたします。
価格に関しては製作費用を数量で分割したシェア割りです。
後日会計報告ができると思います。
赤道儀改造に関しては実費費用です。
なので数量限定で終了となります。
頒布形式なので商用利用はしておりませんが
GNU General Public Licenseに基づき
オープンソースの開示情報は以下のサイトをご覧ください。
商用利用についてはWikiをご覧ください。

以下は公開情報です。


詳細についてはメールにてお問い合わせください。

c0061727_11214935.jpg
皆さんでONSTEPを盛り上げていきましょう!

著作権表示

OnStep について
Howard Dutton 氏の作成のONSTEPを
GNU GPLに基づきMasakatsuMizutaniが改変しています。

このプログラムはフリーソフトウェアです
あなたはそれを再配布したり、変更したりすることができます
GNU一般公衆利用許諾契約書の条項の下で *フリーソフトウェア財団、
ライセンスのバージョン3、
このプログラムは有用であることを願って配布されていますが、
ただし、いかなる保証もありません。

詳細はGNU General Public Licenseをご覧ください。
製作元 Copyright(C)2012 to 2018 Howard Dutton


by makkachi | 2018-05-09 08:00 | ONSTEP | Comments(0)

自動導入コントローラー使ってみました。

c0061727_08153909.jpg
新型自動導入コントローラの動作テストをしました。
場所は
国営木曽三川公園(治水タワー)付近です。...
駐車場は17時にゲートが閉まってしまいましたので
対岸の堤防で行いました。
c0061727_08153955.jpg
堤防上にゲートがあって車は入れませんので
これ以上車は入ってこれないし
観望には最適な場所です。
ほぼほぼ、360度の視界があります。
c0061727_08154036.jpg
夜、iPhoneで撮影した星景写真です。
月夜で空が明るくて極軸望遠鏡で
極軸が合わせれなかったのですが
2つの星を導入を繰り返しながら極軸を合わせていきました。
(PolrMastarいらない。)
極軸があった後はかなり快適でした。
アンドロイドアプリの3つの星を使ったアサインは
ちょっとおかしな動きをします。
c0061727_08153915.jpg
自宅に帰って再度検証すると
winタブとiPodを同時に自動導入コントローラと
Wifiで接続、同時に操作できることを発見
SkySafari とCiel いやあ!!これは便利
また、androidのSkySafariと
iPhoneのSkySafari が同時に動作もします。
SkySafariが使えれば微動使えるし
Bluetooth は一対一しか使えないがWiFiは複数台いくようです。WiFi最高!



by makkachi | 2018-05-01 08:44 | ONSTEP | Comments(0)

自動導入ドライブ 動作中の動画公開

いろいろ書いてんだけど、ほんま動いてんの
という同志の方に!!



まだ粗造りですので
もう少しまとまったら
AGT赤道儀の動画も撮影します。

by makkachi | 2018-04-22 12:25 | ONSTEP | Comments(0)

自動導入ONSTEP 極越えについて訂正

c0061727_15103717.jpg
>この設定、良くわからないのですが
>デフォでは60になっていて極越えが出来ません。
>なので720にして極越え出来るようにしてます。
>#define MinutesPastMeridianE 720
>#define MinutesPastMeridianW 720

極越えに関して間違っていた項目があります。
これは720ではなくて60のままでOKです。
フリップさせるには

#define REMEMBER_AUTO_MERIDIAN_FLIP_ON
これが正しいと思います。

by makkachi | 2018-04-21 22:07 | ONSTEP | Comments(4)

自動導入ドライブ OnStep WiFiモジュールを組み込む

c0061727_21344325.jpg
自動導入ドライブ OnStep のもう一つの
特徴としてWiFi機能の追加があげられます。
最近では海外の赤道儀にはすでに取付されたものがあり
目新しいものではありませんが、スマホ使いの方には
大変便利なものです。
特にBluetoothでコントロールできないiPhone使いの方には
手を離せないものです。
モジュールはESP8266というモジュールで
組み込み型では珍しい技適が通った製品です。(写真のものは違いますが...

早速組み込み手順を紹介します。

c0061727_21403262.jpg
ESP8266そのものがマイコンでWiFiのアクセスポイントと
シリアルサーバー、WEBサーバーが一体になったものとして機能します。
今回もArduino IDEを使ってファームを入れていきます。
ESO8266を使うにはボードマネージャーを設定しないといけません。
環境設定に
http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json
と項目を入力します。
ソースはOnStepフォルダの中のsrc \addons \WiFi-Bluetoothを使います
WiFi-BluetoothフォルダのWiFi-Bluetoothをダブルクリックして立ち上げます。

c0061727_21401682.jpg
使うボードの設定をします。
Generic ESP8266 Module
最後に→でボードに書き込んでいくわけですが
本来はESP8266専用の書き込みボードを用意しないといけないのですが
MiniPCB基板には専用のコマンドが用意してあって

シリアルモニター(ターミナルソフト)から
: hC #
: hF #

: ESPFLASH #"

と3つのコマンドを送信してやれば
Teensy3.2経由でESP8266にプログラムを書くことができるようになります。
但しONSTEPのコンフィグには
#define AUTOSTART_TRAKING_ON
#define ESP8266_CONTROL_ON
をあらかじめコンパイルしておかないといけません。
あとはONSTEPのモーター動作のLED点滅が止まりますから
すぐにプログラムを書き込みます。


※4/21 14:00
***************************
説明が間違っていたようです。
#define AUTOSTART_TRAKING_ON の設定がある場合は
: hC #
: hF #

: ESPFLASH #

#define AUTOSTART_TRAKING_OFF または
記述がされていない場合は
: ESPFLASH #
だそうです。

****************************

c0061727_21402603.jpg
こんな感じの結果になります。

c0061727_21590279.jpg
プログラムが書き終わったら再起動しますと
Wifiはアクセスポイントになりますので
SSIDにONSTEPとして現れます。
接続パスワードは"password"です。
あとからWEBで変更できます。

c0061727_21590241.jpg
ブラウザで”192.168.0.1”を開くと各種設定が出来ます。
ブラウザでは簡単な操作しかなく自動導入できないので
Skysafariなどで操作します。

c0061727_21590263.jpg
Telescopeの設定は LX200 Generic
ポートは192.168.0.1:9999です。

まあ、最初何をやっていいのかわからず
ここまで使えるようになるには
まる2日かかりました。
本家WEBサイトは詳しく説明してないですね。
わからんかったら聞いてくれの世界で
フォーラムもあるのですが
結構マニアックなあつまりなのでねwww。

by makkachi | 2018-04-20 21:56 | ONSTEP | Comments(6)

自動導入ドライブ OnStep ステップ数 設定編

c0061727_08441506.jpg
OnStepのギア設定ですが、
コンフィグを見てても、なかなか理解が難しいと思います。
http://o.baheyeldin.com:1111/
ででで、なんとギア比を入れるだけでコンフィグ設定を作ってくれる
サイトがありました。
c0061727_08493224.jpg

画面は設定例なのですが............

順に、
マウントのタイプ(赤道儀ドイツ型、フォーク型、経緯台)
マイコンボードのタイプ
導入の最高速度(倍率)
PECのバッファ
電源ONと同時 恒星時駆動するかしないか

AXISに関してはギア設定なんですが
モーターの1回転のステップ数
マイクロステップの分周率 (使うドライバーのよって変わってきます。)
伝達ギア(減速ギア)の減速比
赤道儀のウォームギアの減速比
ドライバーのモデル


各項目を入力して
Genetateを押すと
c0061727_08574988.jpg

コンフィグが作られますので
あとはコピペしてArduino IDEでコンパイルして使えます。

なんとも便利!!


by makkachi | 2018-04-19 08:59 | ONSTEP | Comments(0)

自動導入ドライブ OnStepのファームウェア

c0061727_14571720.jpg

自動導入ドライブ OnStepですが
サイトにてArduinoのFirmwareが公開されています。

ASCOMドライバーもこのサイトにありますね.....


ダウンロードしたソースをコンパイルソフトで書き込みことによって使えるのですが
実はソースコードには汎用なのでかなり細かい設定があります。
c0061727_14571481.jpg
ちなみに書き込みソフトのArduino IDEはここからダウンロードできます。
ソースコードにはいろいろな種類のマイコンボードに対応できるように
コンフィグが数種類ありこれを使いたいコンフィグだけにして
コンパイル->書き込みという手順になります。

まずはダウンロードしたファイル群をコピーして
OnStepのソースコードファイルの中にOnStepというファイルがありますので
ダブルクリックして開きます。

c0061727_11473035.jpg
Onstepタブの中にConfigを指定するところがありますので
使いたい設定のコメントアウトを外します。
私のボードはMiniPCB互換(まったく同じではないです)にしましたので
Config.MiniPCBをコピペして使ってます。

c0061727_15103717.jpg
あと、
ギア比の設定、最高速度、等々はConfigタブの項目にありますので
内容を書き換えます。

参考例です。

マウントタイプですね。ドイツ型です。フォークとか経緯台もいけます。
#define MOUNT_TYPE_GEM

ギアの設定項目ですね。
このへんはまた後日説明します。
#define StepsPerDegreeAxis1 4266.624
#define StepsPerWormRotationAxis1 10666.56
#define AXIS1_DRIVER_MODEL A4988
#define AXIS1_MICROSTEPS 16
#define AXIS1_MICROSTEPS_GOTO 1
........

電源を入れたと同時に赤経モーターを動作させる設定です。
遠征用なのでONに
#define AUTOSTART_TRACKING_ON

ガイドポートの設定です。一応ONで
#define ST4_ON
#define ST4_HAND_CONTROL_OFF
#define ST4_PULLUP

導入時のブザーの設定です。ONです。消すこともできます。
#define BUZZER_ON
#define DEFAULT_SOUND_ON

モーターの回転方向です。私は付け方が逆だったので
すべて逆転ONで..
#define REVERSE_AXIS1_ON
#define REVERSE_AXIS2_ON

この設定、良くわからないのですが
デフォでは60になっていて極越えが出来ません。
なので720にして極越え出来るようにしてます。
#define MinutesPastMeridianE 720
#define MinutesPastMeridianW 720

4/22:この項目は720は間違いで60で良かったです。
   お詫びして訂正します。

え-ともあれ、設定項目は他にもいろいろあるのですが
まずはマイコンボードに書き込みたいと思います。

私のボードはMiniPCB互換なのでTeensy 3.2という
ボードをつかってます。
これに書き込むのは追加のアプリがいります。
c0061727_15221684.jpg
とりあえずインストールして
c0061727_15221904.jpg
Arduino IDEのボード設定をしたら書き込みできます。

左上の ➡ アイコンを選択するとコンパイルが始まり
マイコンに書き込みます。

買った初期の状態の時は自動で書き込み出来ない場合があるので
書き込み命令をしたらボードの上のスイッチを
チョンと押すと書き込みが始まりリブートします。

c0061727_15221684.jpg
この辺は以下のサイトが大変参考になります。




by makkachi | 2018-04-18 15:19 | ONSTEP | Comments(0)

アドバンスドGT赤道儀 ステッピングモーターになる 第一章

c0061727_09135618.jpg
OnStep自動導入コントローラーが出来たおかげで
アドバンスドGT赤道儀のステッピングモーター化が
スタートできます。
純正のモーターは、やっぱりおもちゃっぽくってあれなんです。

今回は、基本ステップ数が低いので、振動を考慮して
タイミングベルトで、このほうがバックラッシュも少なく済むしね......
早速アマゾンにてモーターとプーリーを入手
ステッピングモーターは前回の記事にも書いたように格安の3Dプリンタ用です。
以前のような鎧(ヨロイ)のようなモーターケースが無くなって
ライザップスリムに

ちょっと寂しくなったのでオレンジ色のカッティングシートを切って
オレンジのラインを入れてみました。
セレストロンらしくなったでしょ..www(笑

c0061727_09135794.jpg

ここは等倍プーリーを使いたいところなのですが
減速比を稼ぎたいので1/3ほどにしました。
あとはベルトを注文して完成や

c0061727_09135654.jpg


赤緯のほうもスッキリ

心地よいステッピングモーターの音が

たまらんです。






by makkachi | 2018-04-17 09:26 | ONSTEP | Comments(0)

自動導入ドライブ アンドロイドアプリの操作画面

c0061727_16574502.png
OnStep Telescope Control v1.72
自動導入ドライブ アンドロイドアプリの操作画面です-。
まあ、とにかく機能もりもりで説明しきれないのですが
簡単な紹介です。
まず接続は右上のアイコンをタップしてOnstepConnectionで接続します。

c0061727_16575950.png
Bluetoothモジュール HC-05を選択してAccept(接続)します。

c0061727_16575960.png

観測地の設定画面ですね
あらかじめ4か所登録できます。

c0061727_16580015.png

日付と時刻の設定です。
パーク動作もこの画面から出来ます。

c0061727_16575904.png
赤経モーターのスピードです。
恒星時運転、月時運転、太陽時運転の切り替えです。
0.1Hz単位で速度の微調整が出来ます。

c0061727_16580014.png
メシエ天体の導入画面です。
現在見えている天体が表示されます。
これは結構使えます。

c0061727_16580094.png
ででで 手動動作画面です。
もっと、
いろいろ使えるみたいですが良くわかってません。調べないといけませんね




by makkachi | 2018-04-13 17:11 | ONSTEP | Comments(0)

NEW自動導入ドライブ やっとのことでコントローラ製作中

c0061727_13090227.jpg

Arduinoを使った自動導入ドライブを製作はじめているのですが
やっとコントローラーの製作までこぎつけました。
CPUはARMの32 bitマイコンで
ファームウェアの書き込みもUSBで行えるのでとっても便利です。
公開しているソースコードを書き換えるだけで
いろいろなギア比の赤道儀に対応できるという優れものです。
ArduinoIDEという開発ソフトがフリーで公開されていますので
これを使ってマイコンに書き込みます。
主要パーツが3Dプリンターの流用ですので部品の入手がしやすく
信頼性がイイです。
モジュールで販売されていますので故障した時は
モジュールごと取り換えるだけ..


c0061727_13091431.jpg

パソコンからは、専用のASCOMドライバーがありますので
これを使えば、快適に使えます。導入も問題なし
高度とか地平線以下とかの導入リミッターの設定もありますので
安心して使えます。

c0061727_13190232.jpg

今回はAMAZONで販売されている
Quimat Nema 17ステッピングモータ 3Dプリンター用を使っています。
お値段は何と1個1,190円也  
AGT赤道儀にはベルトドライブでの取付を予定しています。


c0061727_13090965.jpg


本体にはスイッチがないので、操作はアンドロイドで操作します。
Bluetoothで接続します。
導入スピード、観測地、メシエ、NGCデータ、太陽データ
恒星時、太陽時、月時スピード等々
なあんと
恒星時ステップの速度の微調整もできるのです。
細かい設定や天体の導入もパッドだけで使えますので
基本パソコンレスで使えます。
写真のパッドはGooGleアンドロイド化したアマゾン Kindle fireです。











by makkachi | 2018-04-12 13:30 | ONSTEP | Comments(2)