人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

タカハシJ型赤道儀をAlth..
at 2019-08-17 09:38
Teensy 4.0が8/8..
at 2019-08-09 08:52

最新のコメント

まだまだ使い始めたばかり..
by makkachi at 23:06
こんばんは。 いつも楽..
by タカsi at 20:46
リモート端子から撮影につ..
by makkachi at 13:10

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:CCD( 49 )

Art11002 ファームウェアバージョンアップ

c0061727_19402217.gif

アルテミスのArt11002ですが、生産中止になりまして
新しい製品がアルテミスよりAtikへ移行されました。
Art11002は公式的にはサポートが中断したような感じですが。
AtikのサポートにはAtik4000/11000用のファームがアップされています。
ファームをダウンロードし中身を覗いてみましたらArt11002V2の記述がありました。
ということで、自己責任でファームを当ててみましたところ
問題なくバージョンアップが出来ました。バージョン4.2です。
Art11002にはダウンロードのタイミングの悪さから
10枚に1枚程度で画像に横線が入る症状があります。
これで、直っていると良いんですけどね
by makkachi | 2009-02-07 19:48 | CCD | Comments(0)

フラット画像はこうやって作りました。

c0061727_9254251.jpg

大きなCCDになって結構フラットが合わないことが多いです。
フラットには
1.「望遠鏡そのものの迷光」
2.「光害による迷光」
3.「CCDチップ周辺のごみ、電気的ノイズのバイアス」
が含まれていると思います。
私はA3サイズのELフラット板を使っていましたが、これだけだとフラット補正はいまいちです。
原因は「光害による迷光」がかなりの影響があって、これが取りきれないのですね。

私は、ELフラット板で20枚ほど撮像してステライメージでレベルをあわせ
中央値でコンポジットしています。この画像は周辺減光が強すぎるので
少し修正し「望遠鏡そのものの迷光」を補正しています。
このときに「CCDチップ周辺のごみ、電気的ノイズのバイアス」の一緒に補正が掛かります。
後は、「光害による迷光」です。これが結構曲者で、撮影対象によって出方が
それぞれ違いますし、傾き成分があります。
ステライメージの傾き補正を掛けて修正します。これでフラット画像は完成です。
この究極のフラット画像を使えば、ほぼ思ったとおりの補正が出来ます。
ただ傾き成分は撮影時刻によって刻々と変わりますので1枚ごとにフラットを
作り直す必要があります。
by makkachi | 2008-10-22 06:24 | CCD | Comments(0)

Stand-alone Autoguider - Version 2 -

c0061727_143577.jpg

海外でもパソコンなしでオートガイドをやられている方が見えます。
前回も紹介しましたが、今回はCCDから直接読み出しを行って
オートガイドを実現するというST-4の様なオートガイダーです。
Stand-alone Autoguider - Version 2 -
少し筐体は大きそうですがカメラとは一体化されており
どちらかというとMEADE 201XTのような感じです。
インプレッションがありませんので実際どのような感じかは分かりませんが
シンプルで良いのではないでしょうか?!
パソコンタイプもNETBOOKが登場してかなり安くなってきましたので
オートガイダーもリーズナブルに実現できるようになりましたね。
情報量はスタンドアロンタイプよりパソコンのほうが圧倒的に多いので
使いやすさでは、まだまだパソコンタイプのほうが上でしょうね
by makkachi | 2008-09-29 18:34 | CCD | Comments(1)

Atik 4000 and Atik 11000

c0061727_12565270.gif

最近機材ネタばかりですみません。
三重のほうは天候も悪く記録的豪雨が続いています。
私のところは大丈夫なんですけどね。
以前からアナウンスがあったようにアルテミスのラージカメラが
ATIKに移管されました。
やっとATIKのサイトに登場です。
アルテミスのスティーブさんが「今度は水冷ボディを作るぞ!!」といっていたように
水冷ボディーになって-45℃の冷却パワーがあるようです。
ファンやらマウントやら細かいところが変わっていますね。
違うKODAKチップも使う計画があるようなことをいっていましたので
今後が楽しみです。価格帯もリーズナブルです。
by makkachi | 2008-09-03 13:03 | CCD | Comments(2)

「HotDead」プラグイン

c0061727_20495443.gif
私の使っている冷却CCDでなんとも悩ましいのがダークが合わないことですね。
どんなに温度管理していてもライトとダークの撮る条件の微妙な違いによって
ランダムにホットが出るようで、ステライメージでダークを引いても
まったくホットが取れないことが多々あります。
特にひどいのが線状になったノイズです。これは手の打ちようがなくて
どうしようもないことでした。
これがスッパリと取れてしまう夢のようなソフトがでました。
星居Web 上坂さんのサイトで公開されました「HotDead」プラグインです。
MaxImDLのプラグインですが、適正なパラーメータを追い込むことで
線状になったノイズもスッキリなくなりました。素晴らしいね!!
ちょっと感激です。
MaxImDLですのでスクリプトを組めるので撮った先から次々と
「HotDead」プラグインを自動で掛ける事も出来ます。手間いらずです。
公開していただいた上坂さんに感謝です。
by makkachi | 2008-08-26 20:50 | CCD | Comments(0)

ToUcam2クーリング改造キット

c0061727_8323767.gif

接眼部を紹介したサイトの中にToUcam2クーリング改造キットが出ていました。
ToUcamは比較的感度が高く使いやすいカメラなので結構人気がありますね
このカメラを冷却すればポテンシャルもあがりますので、使えるのではないでしょうか?
この御会社、いろいろ面白いものを作っていて見ていても楽しいです。

東海地方はまだまだ梅雨明けも先のようで今日も雨が降っていますので
梅雨明けが待ち遠しいですね。
by makkachi | 2008-07-08 06:28 | CCD | Comments(0)

BJ-40シリーズ・MaxIm DL/CCD対応

c0061727_7195832.jpg

みなさんご存知なのかもしれませんが
ビットランのサイトを見ていましたらBJ-40シリーズのMaxIm DL/CCD対応が
正式にアナウンスされていました。
ビットランユーザーにすれば待ちに待ったニュースです。
よっぽどユーザーの声が大きかったのでしょうね。
BPU-03のバージョンアップ \10,500円 
MaxIm DL対応ドライバソフト カメラ1台対応 … BJ-MAXIM1 \26,250円
と結構な価格ですが、販売数から考えるとこれくらいの価格は
致し方ないと思います。
企業ですから開発費をペイできないといけませんし.....。
どちらにしてもMaxIm DL/CCDに対応できれば
フィルターホイルは使えるしオートフォーカスも出来るので便利です。
私はもう手放しちゃいましたけど。

話は変わりますが、WEBサーバーを色々アップデートしていましたら
頒布品のカートシステムが動かなくなりました
急遽作り直していましたら朝になってしまいました。グスン
新しい画面ですが今は動いています。
頒布品の価格も一部見直しました。(全体的に値下げしました)
在庫限りのものもありますし、基本的には受注生産に切り替えます。
このご時勢ですから原材料費があがれば価格も
その都度見直さざるを得ません。ご了承ください。
by makkachi | 2008-06-08 07:43 | CCD | Comments(0)

日本語OSでの ART11002 ファームウェアアップデート

c0061727_10103982.gif

アルテミスのスティーブさんからmailがきていました。
お願いしていました日本語OSのConfigが出来たようで
早速ファームウェアアップデートを行ってみました。
Configとは別に、なぜか非公開の3.6バージョンが添付してあり、
あわせて作業をしました。
特に問題なくアップデートも出来、以前から不具合のあった
データー転送のミスマッチで画像に線が入る症状も解決しているようです。
これで日本語OSでの環境も整ったと思います。
ART11Kの水冷バージョンもアナウンスされていますので
今後も期待できるカメラではないでしょうか?
by makkachi | 2008-04-29 10:22 | CCD | Comments(0)

今度はいたわりCool offです。

c0061727_23465710.gif

いたわり冷却をしたのだったら今度はいたわりCool offです。
どちらにしてもCool offのほうがカメラには優しくないといけません。
結構いきなり切ってCCDに筋を入れっちゃったなんて良く聞きますからね

これらにドームのホームポジションの移動、カメラの電源OFFの動作を
UWSCで繋げていくと自動化が出来ます。一歩リモート天文台に近づいたかな

ソースはここから
'deceleration of vairables
Dim cam
Dim gentemp
Dim settemp
Dim ichtemp

Set cam = CreateObject("MaxIm.CCDCamera")

cam.LinkEnabled = True
cam.FastReadout = False

ichtemp = int(cam.Temperature)
cam.TemperatureSetPoint = ichtemp

settemp = InputBox("現在温度を入力してください。", "現在温度")

wscript.echo "Camera is ready."
cam.CoolerOn = True
wscript.sleep 2000

'start camera properties
Do While ichtemp < int(settemp) -5
cam.TemperatureSetPoint = ichtemp
wscript.sleep 2000

wscript.echo "冷却温度--- " & cam.Temperature & "℃"
Do While int(cam.Temperature) > ichtemp
wscript.sleep 1000
wscript.echo "冷却温度--- " & cam.Temperature & "℃"
Loop
ichtemp = ichtemp +5
'WScript.Sleep 1800
wscript.echo " 待機中 "
WScript.Sleep 120000
Loop
cam.CoolerOn = False
wscript.echo "冷却温度--- " & cam.Temperature & "℃"
wscript.echo "完了しました"
cam.LinkEnabled = False
wscript.sleep 240000
by makkachi | 2008-04-18 00:00 | CCD | Comments(0)

冷却CCDカメラの いたわり冷却

c0061727_2317139.gif

さすがに冷却するとき新しい冷却CCDカメラでも、結露やCCDのダメージを
考えるとちょっと心配です。
現在温度から、いっきに目的温度まで冷やすのではなく、
-5℃毎にインターバル時間を設けて下げていけばCCD室内の結露や
ダメージを防ぐことが出来ます。
MaxImDLには除冷機能がなくて、ちょっと不便でした。
ということでVBスクリプトを作ってみました。Run Scriptで実行すればOKです。
これでゆっくり冷やすことが出来ます。

以下はソースです。
テストはしてますが使ってみたい方は、あくまでも自己責任で。

Option Explicit

'deceleration of vairables
Dim cam
Dim gentemp
Dim settemp
Dim ichtemp

Set cam = CreateObject("MaxIm.CCDCamera")

cam.LinkEnabled = True
cam.FastReadout = False

settemp = InputBox("冷却温度を入力してください。", "冷却温度")

wscript.echo "Camera is ready."
cam.CoolerOn = True
wscript.sleep 2000
ichtemp = int(cam.Temperature)
cam.TemperatureSetPoint = ichtemp

'start camera properties
Do While ichtemp > int(settemp)
cam.TemperatureSetPoint = ichtemp
wscript.sleep 2000

wscript.echo "冷却温度--- " & cam.Temperature & "℃"
Do While int(cam.Temperature) > ichtemp
wscript.sleep 1000
wscript.echo "冷却温度--- " & cam.Temperature & "℃"
Loop
ichtemp = ichtemp -5
'WScript.Sleep 1800
wscript.echo " 待機中 "
WScript.Sleep 60000
Loop
wscript.echo "冷却温度--- " & cam.Temperature & "℃"
wscript.echo "完了しました"
wscript.sleep 2000
by makkachi | 2008-04-15 23:24 | CCD | Comments(0)