人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

カルフォルニア星雲 ナロー撮影
at 2020-02-06 18:47
Althiba,CoolSt..
at 2020-01-31 10:52

最新のコメント

> 三井恵太さん DD..
by makkachi at 10:01
EM200が改造済みでし..
by makkachi at 05:55
EM200BはKASTE..
by 夜空の通行人 at 21:29

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:パソコン( 126 )

MaxImDLのハングアップ その後

MaxImDLのハングアップ その後_c0061727_1630679.jpg

たしかに、観測所に導入した当時は問題なかったMaxImDLです。
なんとなく目盛環カメラや遠隔マイクを付けたあたりから調子が
悪いような気がしてきました。
目盛環カメラを導入したのが昨年の10月で症状が出始めた頃と一致します。

確かに1台のパソコンで多数のカメラを付けて運用するというのは無理が
あるような気がしています。
音声もUSBマイクを使っていますので、基本沢山のUSB機器が繋がっています。
USBのデーターのやり取りだけでリソースを喰っているのは容易に分かります。

昨晩、オートガイド位はやれそうな天候だったので、急いで山の観測所に向かい
目盛環カメラを別のPCに繋ぎ代えてきました。
そこで1時間程度撮影をしてみたのですが20分あたりから曇ってしまい
症状は出なかったものの十分な検証が出来なかったです。

12月~3月までは仕事が忙しかったので対策が打てなかったのですが
次の新月期までには何とかさせたいです。
by makkachi | 2014-05-08 16:45 | パソコン | Comments(0)

MaxImDLのハングアップ問題解決せず。

MaxImDLのハングアップ問題解決せず。_c0061727_17121724.jpg

昨晩、Windows8.1パソコンでのテストです。
撮影を始め約20分過ぎに例のハングアップが発生しました。
いまいち掴めないのがそのときの状態です。
ダウンロード中などの負荷が上がったときに起こるのではなくて
露光の途中に突然起こります。
今回はデバイスサーバーを外したので、デバイスサーバーの問題では
無いようです。
こうなると、かなり解決が難しくなってきました。
この天文台に導入し始めた頃は問題は無かったので
その後のソフトで問題が出てるのでしょう。
困りましたね。
by makkachi | 2014-05-07 17:19 | パソコン | Comments(0)

ドームドライバーはWindows8.1上で動作しました。

ドームドライバーはWindows8.1上で動作しました。_c0061727_15281296.jpg

ドームドライバーがWindows8.1で動作しなかったことの続きです。
実はインストーラーもプログラム本体も悪くなくてプロファイルの設定ミスでした。
分かると簡単なことですが、プログラムがドライバーとマイコンと多岐に渡っているので
見つけるのが大変です。
ステータス画面を表示させますと、きっちり、リンクをしてコマンドが流れているのが分かります。
ということでWindows8.1 64bitでも正常に動作することがわかりました。
by makkachi | 2014-05-01 15:31 | パソコン | Comments(0)

Windows8.1上でドライバーの動作検証をしています。

Windows8.1上でドライバーの動作検証をしています。_c0061727_921165.jpg

この連休前半にWindows8.1のパソコンを組みましたので
NISSINDOMEドライバー、NS5000ドライバーの検証をやってみました。
NISSINDOMEドライバー、NS5000ドライバー共
最初はインストールが上手くいきませんでした。
インストーラーのレジストリ登録が上手くいってないようでした。
原因が分かったので変更して、何とかインストールは上手くいってます。
ASCOMプラットホームもインストールしてMaxImDLからPOTH HUB -> NS5000を接続して
問題ないことを確認しています。
すべてを確認したわけではないですが
NS企画 NS5000/NS400ドライバーはおそらく問題ないでしょう。
ただASCOM自身もWindows8.1は動作条件の中に入っておらず
現在はWindows7までとなっています。

次にドームドライバーです。
インストールは出来たものの、LANでの接続が出来ない状態になっています。
WINSOCKに問題がありそうです。
対策としてWINSOCKドライバーを使わない方法を考えないといけません。
ドームドライバーは現在のところ使えない状態です。
Windows7とWindows8は見た目は変わっていない感じですが
かなりの部分、変更(機能が限定された?)になっているようです。
いろいろ難しくなってきましたね。
by makkachi | 2014-04-30 09:37 | パソコン | Comments(0)

風速をグラフ化してみました。

風速をグラフ化してみました。_c0061727_14575717.jpg

風速計を付けてメールで分かるようにしていたのですが
メールの情報だけだと、風がどのような常態か良くわかりません。
ある程度風が吹けばメールが来るので「強いなぁ」っていうのは分かりますけどね。


風速をグラフ化してみました。_c0061727_151926.jpg

もう少し分かりやすくするためにグラフ化してみました。
このように表現すると時系列で風の強さが分かります。
縦軸が風の強さで横軸が時刻です。
風が強い状態が続くとグラフが常に高い状態で推移します。
9時頃から風が吹き出して夕方には収まる
こんな感じの状態が毎日続きます。
なんか不思議な感じです。

表現次第(グラフ表示)で変わるものですね。
風が収まっていくのが視覚的に分かります。
by makkachi | 2014-04-10 15:06 | パソコン | Comments(0)

電力情報を撮像パソコンに表示する。

電力情報を撮像パソコンに表示する。_c0061727_1535593.jpg

観測所の電力情報を撮像パソコンに表示しました。
使ってみて初めて分かったのですが
撮像中は200Wをちょっと越えるくらい使っている。
これを普通に遠征に使えば発電機が必要なレベルです。
電池では難しいですね。
プリウスのような発電車を使うのが一番スマートかも。
どちらにしても
中部電力の引込電源なので問題は無いんだけどね。
電源系のトラブルを見つけやすいし、
電力メーターは、意外に必要なのかもしれない。
リモート天文台なのでいろいろ情報があると安心します。
電力情報を撮像パソコンに表示する。_c0061727_15464274.jpg

電力計を取り付けた様子。
by makkachi | 2014-02-24 15:42 | パソコン | Comments(0)

ブログパーツを使ってGPVのスマホサイトを作ってみた。

ブログパーツを使ってGPVのスマホサイトを作ってみた。_c0061727_169077.jpg

外出先からGPVのサイトを見ようとすると
とても重たくて画面の更新が遅い。
で、操作性もとても悪くて不便を感じていました。

そういえば、天文のサイトを訪問すると
GPVのプログパーツがあるのを、時々見かける。
これを使って、うちのサーバーにGPVのスマホサイトを作ってみた。

使ってみると、これがなかなか便利。
時間経過もサクサク動作するしイイ感じ。
観測所のある三重県北部と岐阜県西濃を中心にして表示してみました。

ブログパーツを作るサイトはここです。

GPV気象予報 ブログパーツ
http://weather-gpv.info/parts/bparts.php

by makkachi | 2014-02-22 18:07 | パソコン | Comments(0)

天体写真はPhotoShopで化ける

天体写真はPhotoShopで化ける_c0061727_10435714.jpg

私の天体写真の画像処理は
CCDSTACKでコンポジット、ステライメージでカラー合成
その後は、PhotoShop CS5で仕上げます。
ほとんどの工程をPhotoShopで行います。

PhotoShopの最大の魅力は非破壊編集が出来るということですね。
元の画像データの上書きをせずに画像を変更できるし
元の画像はそのまま保存されているので、必要に応じて復元することができます。
編集を行っても画質は低下しませんしね。
上の写真は先日のオリオン大星雲です。

編集の内容はレイヤーに表示されてます。
左画像が編集前の元画像、レイヤーでは背景にあたります。
右画像が編集後です。いろいろ処理された表示になりますね。

天体写真はPhotoShopで化ける_c0061727_10552898.jpg
こんな感じでグリグリ編集をすると、
右画像のように仕上がります。 便利ですね。
by makkachi | 2014-02-12 10:54 | パソコン | Comments(0)

MaxImDLの望遠鏡の停止機能

MaxImDLの望遠鏡の停止機能_c0061727_1136745.jpg

MaxImDLには結構便利な機能があります。
望遠鏡の自動停止機能です。
地平線下など望遠鏡の駆動を一時的に動作を止める機能です。
設定はObservatoryのTelescopeタブのSlewLimitにあります。
ここに
Minimum Altitude (最低高度)
Maximum Altitude (最高高度)
Maximum Declination (最大傾き)
にそれぞれ設定が出来ます。
私の場合は地平線5度以下はモーターを止めることにしていますので
Minimum Altitude (最低高度)に5.00degを入れてチェックをしています。

但し、この機能を使うには
赤道儀モーターがASCOMコマンドで停止する機能を持った
ドライブでないと使えません。
NS企画 NS5000は自作のASCOMドライバーで実現しています。
by makkachi | 2014-02-03 11:44 | パソコン | Comments(0)

NS5000 ASCOMドライバーを変えてみた

NS5000 ASCOMドライバーを変えてみた_c0061727_17321094.jpg

NS企画の自動導入装置 NS5000のASCOMドライバーを
少し変更しました。
望遠鏡を手動で動作させるパネルをスマホでも押せるように変更
あと、望遠鏡の現在位置の赤緯、赤経/高度、方位を表示させました。
少し大きめにしましたので、私のように老眼の来ている目でも
確認できます。
マイナーな変更ですが、少しずつ使いやすいようにしていきます。
by makkachi | 2014-01-31 17:36 | パソコン | Comments(0)