https://www.facebook.com/makkachiz


by makkachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
未分類

最新の記事

ONSTEP自動導入のオート..
at 2018-07-20 08:01
オープンしたての浪合パークと..
at 2018-07-19 07:57
マークX赤道儀ベルトドライブ
at 2018-07-18 11:37

最新のコメント

ありがとうございます。 ..
by makkachi at 14:33
こんばんは。 :ESP..
by NKO at 23:05
makkachi様。アプ..
by nagasawa at 20:59

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

カテゴリ:コラム・つぶやき( 305 )

25年ぶりに訪れた九蔵峠展望台 3連続撃沈した御嶽遠征

c0061727_17173774.jpg
25年ぶりに訪れた九蔵峠展望台
以前、6×7カメラで撮影した場所で
スカイウォッチャー誌に入選したところ
星空は雲の中だったんですが

その後、快晴になりました。
結局今回も原因を見つけられなくて
オートガイドのキャリブレーションが出来ず
朝までかかってもわからずじまいでした。

原因は赤緯のウォームギアの遊びだったんですが
買ったばかりの赤道儀に
こんな問題があるということ自体が問題で
ショップの販売&対応には問題があると感じてます。


[PR]
by makkachi | 2018-05-14 17:27 | コラム・つぶやき | Comments(0)

StarlightのFWがグルグル回り続ける症状でお悩みの方へ

c0061727_11360928.jpg
StarlightexpressのUSB filterwheelですが
USB電源を入れた時にグルグル回り続ける症状があって
今回の遠征でもその症状がしばらく解決できませんでした。
かろうじて認識できたので撮影出来たのですが、これでは不安定で遠征には使えませんね。

販売店に問い合わせてみたが、「わかりません」との事

仕方ないので自分で調べました。

  • Cloudy Nights という掲示板で話題になってました
    Trouble - SX USB Filter Wheel - just keeps spinning?

    ここで対応方法をディスカッションしてます。
    位置を検出するピン(磁石)の向きと
    ファームウェアの更新で正常になるらしいです。


    早速、サイトからダウンロードして
    ファームウェアをバージョン1042にアップデート。
    症状が直った?。ファームのバグか??
    ファームのファイルスタンプは去年の7月です。

    前回のファームでは直ってなかったので対策したということかなぁ
    ただ、電源入れてから使えるまで初期化には23秒くらいかかる模様、長く感じる。

    c0061727_11404651.jpg
    c0061727_11404994.jpg
    もう一点ディスカッションされていた位置を検出するポールです。

    基板を見ると赤丸のホールセンサーがあって、
    フィルターカーソルの円弧に沿って配置されてます。
    3本ペアのポールは2進法で順に配置されていると思われセンサーに
    キッチリ認識できてないと正常な位置が保てないと思われます。
    ポールはプラスネジでついているだけなので
    緩んでいるとおかしくなるんでしょうね。
    遠征には向かんねwww

    最初に一回転することで何枚タイプのフィルターモデルか認識しているようです。
    結構凝ったシステムですが、意外なところに落とし穴があったと思います。


    おかしくなったらここを見てねということらしいです。


  • [PR]
    by makkachi | 2018-03-14 11:44 | コラム・つぶやき | Comments(0)

    雪に阻まれた1週間

    c0061727_20570187.jpg
    最強寒気?の影響で当地も雪が積もりました。
    昨年ほどではなかったのですが、リモート天文台も御覧の通り

    c0061727_20570470.jpg

    雪が降ると問題なのは太陽光発電です。
    パネルに雪が積もるとほとんど発電出来ないわけですが
    パソコンを立ち上げて計測してみると
    まったく0ではなくて20W程度は発電しているわけです。
    なんとかルーター分はまかなっていました。
    発電が始まるとパネルに熱を持って融けはじめます。
    心配していたほどではなかったですね。
    c0061727_21021992.jpg
    自宅のほうはもっと積雪地域にありますので
    真っ白です。



    [PR]
    by makkachi | 2018-01-28 21:06 | コラム・つぶやき | Comments(0)

    マチナカ撮影でもいけるんじゃね。ド変態級

    c0061727_07391362.jpg
    ことし初めの新月期なのですが、
    ガイドが乱れて撮れないは ネットワークが不調で操作できないは ..で

    2018年をうまくスタートしきれてないんです
    昨年末に撮影したオリオン星雲です。

    ド 変 態 級 の画像処理で星雲のゴニョゴニョとあぶり出してみました。
    今回はフォトショの効果レイヤーも絶賛公開中です。

    途中経過の処理工程をお見せできないのは残念ですが
    ここまで処理できればエエ感じです。

    飯食って風呂入ってぬくぬく楽してリモート撮影してこの画像
    遠征して撮影したらエライことになりそうな予感
    結構エロイ画像が撮れそうやね。

    実はマチナカ画像での大事なのはフラット
    光害の影響で背景が持ち上がってきますので
    持ち上がった背景成分を
    精密フラットで取り除かないといけません。

    星雲の光はダストの影響はあるものの
    田舎でもマチナカでも一定に降り注いでいる訳で
    カメラには捕らえられているはず
    撮影は
    光害の背景も含まれてだんだんと露光オーバーになってくので
    とにかく飽和寸前まで露光を掛けていくことをに銘じてます。
    飽和はその日の環境とか撮影対象によって変わるのが
    難儀もんです。




    [PR]
    by makkachi | 2018-01-16 08:11 | コラム・つぶやき | Comments(0)

    (1) マチナカ撮影のフラット処理 

    c0061727_08220933.jpg
    マチナカ撮影では周辺の光害の影響で背景のレベルが持ち上がってきます。
    暗い環境で撮影した場合に比べると顕著に現れてきますね。
    それでもフラット処理を行うことによって顕著に現れた周辺減光や
    傾斜カブリを抑え込むことが出来ます。
    そのようなマチナカ環境の中で
    美しい天体写真に仕上げるにはフラット処理が重要になってきます。

    まず、マチナカで撮影した画像を見てみましょう。
    カルフォルニア星雲です。
    c0061727_08282867.jpg
    レベル補正をしてうっすら星雲が見える感じですが
    周辺減光の強い画像になっています。

    c0061727_08322777.jpg
    この画像に、綺麗なガンマで撮影したフラット画像で処理してみます。
    処理はステライメージ8で行っています。
    周辺減光が取れて見た目イイ感じになってきました。
    この処理に使ったフラット画像の作り方はあとで説明をします。

    良く見ると右側のほうが若干明るい感じに見えます。
    これが光害カブリになります。

    c0061727_08364874.jpg
    次に光害カブリを取り除きます。
    ステライメージの周辺減光/カブリ補正し処理を行います。
    矢印を水平にしてレベル値を見てみると傾斜していることがわかります。
    傾斜に合わせて緑のバーを合わせます。
    OKで処理を終えます。
    c0061727_08404995.jpg
    もう一度、周辺減光/カブリ補正し次は矢印を斜めにしてみます。
    若干ではありますが傾斜していますので
    同じように補正します。
    矢印のどの方向もほぼほぼ水平になるように合わせていきます。

    この処理を繰り返し行っていきます。

    c0061727_08435451.jpg
    矢印をぐるぐる回してみてレベル値が水平になればフラット処理は完成です。
    これをフィルターによってカブリが変わってきますので
    LRGBフィルター別にそれぞれ単独に行っていきます。

    c0061727_08220933.jpg
    さて、精密なフラット画像を撮影するには
    ELパネルとデジタルELインバーターを使って調光して撮影すると
    正確に撮影出来ます。
    少し大き目なELパネルを使って筒先から30cmほど離れた位置に
    設置して筒先内から入り込む迷光も撮影します。
    筒先に密着させると迷光が撮影出来ないので、離したほうがベストと思います。
    c0061727_08503848.gif
    ガンマの中心がずれていると良くありません。

    c0061727_08514619.gif
    綺麗な富士山になるようになればいいでしょう。
    私の使っている16bitの冷却カメラではレベルの中心が40000くらいに
    なるように撮影しています。

    レベル値を指定して自動撮影する便利なアプリもあります。
    以下のサイトで紹介しています。

    デジタルELシートインバーターは以下のサイトで販売しています。

    ラミネート配線済みのELシートはこちらからお求め出来ます。




    [PR]
    by makkachi | 2018-01-09 08:57 | コラム・つぶやき | Comments(0)

    明けましておめでとうございます。

    c0061727_00080664.jpg
    本年もよろしく!!!




    [PR]
    by makkachi | 2018-01-01 00:10 | コラム・つぶやき | Comments(0)

    遠征、天文台、近況など


    c0061727_14554070.jpg

    リモート撮影はふざけたことをやってますが
    まじめな話
    天文台の活用は、個人で楽しみつつもあり,じつは
    ビジネス的な要素もあります。

    現状、まったく収益は出てないのですが
    天文台の自動運転に関わるコンサルティングの一部で
    当サイトでは某メーカーさん向けにOEMで機器を製造していたり
    宇宙関連事業さん向けのアドバイス的なコンサルもやっております。
    サイドビジネスではありますが個人事業としてですね。

    途中、天文台の引っ越しなどで事業が停滞してましたが
    なんとか、ここ数か月で運用にこぎつけました。
    自分がやってなければ、コンサルなんて出来るわけでもないし
    でも、落ち着きましたね。
    と..... 新たなことをしたいなぁ思ったところに......

    c0061727_15083992.jpg

    そこに、FB名古屋オフ会
    なんというタイミングでしょうか、遠征のお誘いをいただき
    活動の流れが変わるような気がしてます。

    20年もブランクがあるわけだから
    まだまだ、遠征で望遠鏡を使った撮影には準備が必要ですが
    やりたいですね。
    遠征先で会ったら教えてください。お声かけください。

    機材ではGinji150FN+フルサイズ冷却カメラ
    + U-150か新架台
    こんな感じになるでしょうね

    平日の夜はリモート撮影で
    休日は遠征みたいな活動になっていくと思います。


    [PR]
    by makkachi | 2017-11-24 14:55 | コラム・つぶやき | Comments(0)

    変態すぎる撮影方法。これが私のスタイル

    リモート天文台ですからね。基本、撮影は、ところ構わずということで

    良くあるのが、会社帰りの電車の中
    ..
    c0061727_11164012.jpg

    中華料理屋で飯喰ってる最中に!!
    ..
    c0061727_11164402.jpg

    イオンで買い物しているときも...
    ..

    c0061727_11165200.jpg


    極めつけは、入院中にナースの目を盗んで...
    高齢社会には需要があるかもwww

    c0061727_11164839.jpg
    撮影データーを家に転送して、ゴニョゴニョ画像処理を
    ..
    c0061727_11165629.jpg

    ん-------まさに変態!!
    ..




    [PR]
    by makkachi | 2017-11-22 11:32 | コラム・つぶやき | Comments(0)

    マチナカ撮影を続けると画像処理が上手くなる??

    c0061727_17163030.jpg
    私のリモート天文台は、電気が引いてなくて周囲に電灯が無くても
    そこは、名古屋郊外のマチナカです。
    偶然にもゴルフ場や宅地開発に免れて里山が残る風景になっています。
    でも、撮影するとこんなんです。

    c0061727_17200575.jpg
    ELパネルを撮影したフラットで処理してもここまで
    レンジを合わせたフラット画像を使えば周辺は合うのですが
    明らかに光害よる傾斜カブリがあります。
    それにRGB画像を載せると

    c0061727_17233602.jpg
    もう、緑カブリ まあここであきらめますわ

    ここでPhotoShopの
    Hasta La Vista, Green! というプラグインで緑カブリを取って
    Gradient Reductionとかいうアクションを使って背景を整えると
    そこそこ使えるようになります。

    そこからが大変で
    調整レイヤーで露光量とか彩度とかレベル調整とかして行くんですが
    途中、ステライメージに戻って調整したりアプリを画像が行ったり来たり
    部分的に落ち込んだところはマスクを使ってレベルを合わせたり
    いろいろ説明しきれないので

    c0061727_12591777.jpg


    じゃじゃん!! 結果、こうなるんです。
    これでも、ダメダメなんですけどね
    はっきり言って、ここまでくるには悩みました。苦しみました
    3日も4日も掛かるんですが、でも楽しい。不思議です。
    ある意味、変態ですね―。




    [PR]
    by makkachi | 2017-11-21 17:49 | コラム・つぶやき | Comments(2)

    FB名古屋周辺オフ会(天文)

    c0061727_08341887.jpg
    c0061727_08551512.jpg
    天リフの山口さんのお誘いを受けて
    FB名古屋周辺オフ会に行ってきました。
    当初、みつえ牧場の予定でしたが天候が思わしくないということで
    伊勢志摩の合歓の郷の駐車場になりました。
    参加者は井上さん、荒さん、木原さん、宮川さん親子と山口さんで
    当然ながら全員、初対面な方々です。
    というのも遠征としては私自身、途中、観望会とかはあるものの
    夜の遠征はほぼ20年ぶりのことになります。
    電視観望を見せていただけるということで、
    かなり期待感があったのですが、それ以上に、実際は凄かったです。
    井上さんのRASAとα7の組み合わせは破壊的で
    私が遠隔で30分露光を掛けた画像が、RASAだとほぼリアルタイムで
    映し出す光景は衝撃的であるとともに
    5年以上も先に行っている感を受けました。
    ライブスタック技術が上がれば、いま惑星撮影でやっているように
    超高解像度な画像が星雲撮影に出来るようになると
    思いますし凄いことになりそうです。

    今回はiOptronとFC50を持って行ったのですが
    結局、組み立てずに終わってしまいました(笑



    [PR]
    by makkachi | 2017-11-20 08:54 | コラム・つぶやき | Comments(4)