マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

アイベルCD-1改造が完成し..
at 2018-12-07 23:49
ONSTEP iOSアプリ現..
at 2018-12-06 09:11

最新のコメント

私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48
初めまして、神奈川海沿い..
by オヤジ at 18:14
OSがどんどん変わって対..
by makkachi at 09:01

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

C/2006 M4 SWAN

c0061727_2321666.jpg
ちょうどこの方向に総合グランドがあって、やはり苦しいです。
撮像時間が限られてくるので急いで撮像してみました。
コントラストがいまいちです。
[PR]
by makkachi | 2006-10-30 09:02 | 観測・撮像 | Comments(0)

M76 小あれい 

c0061727_911371.jpg

25cm F4 MPCC Atik16HR L:R:G:B=20:10:10:10 U-150 Nikon65mm Guide
やっぱり1000mmでは小さいですね。周辺の星が良く映っていて
MPCC(マルチパーパスコマコレクタ)の効果が良く効いています。
[PR]
by makkachi | 2006-10-29 09:06 | 観測・撮像 | Comments(0)

昨晩の M33

c0061727_2250984.jpg

1昨晩、天気が良かったので再度撮影してみました。
今回は風が強くガイド星は揺れっ放し、撮像中はドームは無人ですが
風の影響で建物全体の揺れが伝わったようです。
画像としては現在の環境ではこれくらいが限界でしょうね
後は澄み切った空があれば申し分ありません。
[PR]
by makkachi | 2006-10-27 00:05 | 観測・撮像 | Comments(0)

Atik - 16IC Monochrome CCD

c0061727_9451365.jpg

Atik - 16IC Monochrome CCD
Pixel : 7,4 microns
Matrice : 659 x 494
Sony ICX424AL

Atikより新しい冷却CCDカメラが登場しました
オリオンのスターショットやミードのDSI-PROに対抗した商品ですね。
MaxImDL,Astroart対応です。
(ビットランさんMaxImDL,Astroartしてよ、対応してくれたら即買っちゃいますから)
ここのところ、このカテゴリーのカメラが多く出ていますが
手ごろ?な価格とガイドに良し撮像に良しというような感じですかねエ
SBIGもST-402の価格を下げたりリモートガイドを付けたりと対応してきていますし
この分野は激戦ですな
ちなみに私はDSI-PROを使っていますが、
欲をいうとダーク取るのにシャッター位は付けて貰いたいですね。
[PR]
by makkachi | 2006-10-26 09:45 | CCD | Comments(0)

やっぱりくるしい M74

c0061727_2246266.jpg

25cm F4 LRGB Atik16HR 32:12:12:12 Nikon65mm DSI-PRO Guide 
とにかく暗く映らないのがM74である。
この対象は綺麗になかなか撮れない。ほかの方の画像を見ても結構くるしそう。
露光不足なのでもう少し押してみよう
[PR]
by makkachi | 2006-10-25 22:49 | 観測・撮像 | Comments(0)

今シーズン初めての カニチップ

c0061727_21334988.jpg

25cm F4 MPCC Atik16HR U-HAN U-150 Guide:Nikon 65mm DSI-PRO
なかなかスカーットいかない空ですのでこんなもんです。
薄い靄がかかってピッシっと来ません。
Topページに張ってある昨年撮影の15cm屈折と比べるとやはり細かいところまで
良く映るもんです。でも光害のなかでのカラーは難しいです。実感します。
[PR]
by makkachi | 2006-10-23 22:44 | 観測・撮像 | Comments(0)

ファームウェアアップデートのお知らせです

c0061727_19514319.jpg

昨晩 オートガイドソフト PHD Guidingのテストと撮像を行いました。
PHD Guidingを使ってみました。操作は簡単操作でガイドボタンを選択すると初回だけキャリブレーションを行います。
赤径方向を何度もリレーが動作しその後、赤緯方向になりガイドが始まります。
ガイドが始まるまで2分くらいでした。
ガイドの修正量はMaxImDLと比べ意外と少なく適切に行われているようです。
ちなみに意地悪をしてコントローラーで増速をしてやるとすぐに修正しに来ます。
使った印象ではGuidedogと変わらない感じでした。
車にたとえるとMaxImDLはアグレシブルなマニュアル車で
PHD Guidingはラグジュアリーオートマチック車のような感じです。
1000mmまでのガイドにはちょうど良いのかもしれません。
これはくれぐれもベストな状態、マッチングの良い状態で使ったのではないので
追求すればかなり使えるソフトだとは思います。
上の画面は昨晩の撮影状況です。PHD GuidingではなくMaxImDLです。
c0061727_2042268.jpg

と言うわけでPHD Guiding対応ファームウェアアップデートをお知らせします。
以下のウェッブサイトを参照ください。
http://www.ne.jp/asahi/youkoso/kuwana/DSI/DSIfrm1022.htm
ちなみに10/23日出荷分よりWEBガイド基板もPHD Guiding対応になります。
[PR]
by makkachi | 2006-10-22 20:08 | DSIオートガイダー | Comments(0)

PHD Guiding WEBカメラガイド基板 動作確認しました

c0061727_2159473.jpg

オートガイドソフト PHD GuidingはWEBサイトにも書いてあるように
ASCOMの場合PulseCommandを使っています。
PulseCommandで動作する機種は限られており、なぜこのコマンドを使ったのか
疑問なのですが当然のことながらWEBカメラガイド基板にはそのような機能はありません。
と言うか何パルス動かすか?とかはモーターの制御も含めてしないといけないので
事実上無理です。
WEBカメラガイド基板も含め
Generic LX200 Type Scopesで接続する望遠鏡は使えないのです。
ただ接続方法はいろいろあるものでファームウェアを少し変更しないといけませんが
別のドライバを組めば出来ます。
上の画面はそのときの接続状態です。ベンチではまったく問題なく動作しています。
DSI-PROも問題ありません。
明日天候が持ち直しそうなのでテストをしてみてガイド状況がよければ
久ぶりのファームウェアのバージョンアップのアナウンスが出来ると思っています。

PHD Guidingをシュミレーションしてみたのですが、結構精度良く反応しているし
星がなくなると止まりますので雲の通過も問題なさそうです。
[PR]
by makkachi | 2006-10-20 22:11 | DSIオートガイダー | Comments(0)

PHD Guiding

c0061727_0164053.jpg

GuideDogにならぶガイドソフト PHD Guidingが早々とDSI PROに対応しました。
早速ASCOM経由で接続してみました。
やはりパルスガイド(LX200GPSのコマンド)の仕様になっており
当然ですがエラーが帰ってきました。
認識だけ出来れば、何とかできるかもしれませんので
一度通信プロトコルを調べて、出来るかどうか試してみたいと思っています。
PHD Guiding はとっても良さげなソフトなので
ぜひガイド基板を対応させてみたいです。
対応できればファームウェアアップデートをお知らせします。
[PR]
by makkachi | 2006-10-20 00:16 | DSIオートガイダー | Comments(0)

ASCOM対応版 ドーム連動コントローラ 対策編


c0061727_22264066.jpg
ASCOM対応版 ドーム連動コントローラ完成後、
暫く使っていたのですが、たまにドームモーターが回ったときに
USBボードのリンクがはずれることがあります。
こういうときは大抵USBケーブルを挿し直すと直るのですが
遠隔で操作しているときには宜しくありません。
モーターに対してはスパークキラー、電源にはノイズキラーを入れて対応していますので
以前のように冷却CCDカメラまで落ちることはなくなっているのですけど
なにせUSBケーブルが長いのでどうもノイズを拾いやすいみたいです。
RS232Cの時は何も問題が起こっていないので、USBは弱いみたいです。
本格的にやろうと思うとサイリスタ等入れ突入電流をおさえたり
対策をしないといけないのですが、そこまでコストをかけられないので
ドーム連動コントローラ をUSBボード部とリレー部をRS232Cで離すことにしました。
それぞれ別のケースに入れていますので、今度はいい結果を期待しています。
上の画像は今日完成したリレー部の写真です。
本家の方もパソコンがリセットされるらしく、UPS電源を入れることで解決したようです。
Volunteer Observatory
http://www.mikefleenor.com/observatory/automation/automation.htm
[PR]
by makkachi | 2006-10-18 22:26 | New Device | Comments(0)