人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

コスパのイイ、コマコレクター
at 2020-02-20 09:03
新しいタカハシNJPドライブ..
at 2020-02-19 18:36

最新のコメント

こんにちは カーボ..
by キリコ at 17:26
> 三井恵太さん DD..
by makkachi at 10:01
EM200が改造済みでし..
by makkachi at 05:55

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Atikの新しいカメラ Atik 460EX

Atikの新しいカメラ Atik 460EX_c0061727_12424440.jpg

http://www.atik-cameras.com/products/info/atik-460ex
やっぱり出ましたね。
SONYのICX694を使ったカメラです。
今話題のCCDチップで良く映りそうですよね
円筒径でプライムには適していますね
ちょっと気になるカメラです。
by makkachi | 2012-03-30 12:45 | New Device | Comments(4)

Melドライブ 起動ディスクの作り方

Scope.exeはDOSで使用するためDOSが必要なのですが
MS-DOSはサポート終了。販売もしていないので入手ができません。
なのでフリーで使えるFreeDOSを使います。
FreeDOSはMS-DOSと100%の互換性を持っているため、
DOS起動しなければならないscope.exeには貴重なOSです。

とりあえずUSBメモリを起動ディスクにしてみる。
手順は以下のとおり

1. FreeDOSオフィシャルサイトからブートイメージファイル(fdboot.img)を入手する
 FreeDOSオフィシャルサイトのダウンロードページからリンクを辿って入手。
FreeDOS
http://www.freedos.org/
2. イメージファイルからCOMMAND.COMとKERNEL.SYSファイルを抽出する。
 ファイルを抽出できれば良いので方法は問わないが以下のソフトを紹介する。
DiskExplorer
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se107750.html
 DiskExplorerを起動するとファイルを指定するダイアログが表示されるので、
先に入手しておいたイメージファイルを指定する。
 次にプロファイルを選択するダイアログとなるが、
デフォルトのまま『一般ディスクイメージ』で良い。
 プロファイルを指定するとイメージファイルの中身が表示されるので、
COMMAND.COMとKERNEL.SYSを抽出し保存しておく
(空のフォルダを1つ用意しその中に入れておくのが良い)。
Melドライブ 起動ディスクの作り方_c0061727_14394598.gif

3. USBメモリをPCに刺す
 フォーマットするので中身は全部消えちゃう。注意。
4. USBメモリに焼きこむ
 HP USB Disk Storage Format Toolという名のツールを用いてUSB起動メモリを作成する。
HP USB Disk Storage Format Tool
http://files.extremeoverclocking.com/file.php?f=197 
インストールの後、起動したら以下のように指定し[Start]ボタンを押下する。
Melドライブ 起動ディスクの作り方_c0061727_1443654.gif

Device:『対象となるUSBメモリ』を設定
File system:『FAT』を設定
Volume label:空でいいです
Format options:『Create a DOS startup disk』をチェック。そしてCOMMAND.COMとKERNEL.SYSが入ってるフォルダを設定
* [Start]ボタンを押下すると「データ全部消えちゃうけど、ホントにやる?」って聞いてくるので
[はい]ボタンを選択しパソコンを再起動する。
もちろんパソコンのBIOSをUSB起動できるようにしておけば
USBメモリから起動できるようになる。
あとは
WindowsでUSBメモリ内にScope.exeのフォルダを作って
Scope.exeのファイル達をコピーすればOKです。
再度、USBメモリで起動してDOSが立ち上がったら
C>\scope\scope とコマンドを打てば起動して使えるようになります。
by makkachi | 2012-03-25 14:49 | GOTOドライブ | Comments(0)

ELインバータ コントロールアプリ バージョン1.52

ELインバータ コントロールアプリ バージョン1.52_c0061727_23223532.gif

ELインバータ コントロールアプリ バージョンアップしました。
待望のプリセット機能です。
パソコンパネルを選択して番号パネルを押すと
プリセットされたパターンを呼び出すことが出来ます。
保存はSaveパネルを選択します。
かなり便利になったと思います。
パターンは7つにしましたが、どのくらい必要でしょうか?
by makkachi | 2012-03-15 23:22 | New Device | Comments(3)

デジタル型 調光ELインバーター A2タイプ

デジタル型 調光ELインバーター A2タイプ_c0061727_1051434.gif

デジタル型 調光ELインバーター A2タイプ を
新たにラインナップをしました。
電源系とトランスサイズを大きくした物です。
A3タイプでも出力を最大限上げることによりA2を光らせることは可能なのですが、
かなり暗いのと、トランスに負担が掛かるので
設計を見直しました。
と同時にファームウェアをバージョンアップさせて
デューティだけでなく発光周波数も変更できるようになっています。
デジタル型 調光ELインバーター A2タイプ_c0061727_10543579.gif

A3サイズに比べると幅は5mm、高さは10mmほど大きくなっています。
設計的にはかなり大きくなるイメージでしたが
わりとコンパクトに収まったほうだと思います。
デジタル型 調光ELインバーター A2タイプ_c0061727_10562236.gif

奥行きは変わっていません。
生産は1台1台手作りです。なのでお渡しまで多少お時間が掛かる場合がございます。
by makkachi | 2012-03-12 21:00 | New Device | Comments(0)

Luna-QHY 11 (QHYの35mmフルサイズカメラ)

Luna-QHY 11 (QHYの35mmフルサイズカメラ)_c0061727_1340731.jpg

http://tienda.lunatico.es/epages/Store.sf/secc03294dad3/?ObjectPath=/Shops/Store.Lunatico/Products/CAM111
こんなの出てたんですね。フルサイズカメラで円筒形というのは
珍しいので、筒先(プライム)にカメラをつける方にはもってこいのカメラです。
価格も4500ユーロなので、リーズナブルなほうでしょうね。
QHYの評価はどうかわかりませんが、選択肢の1つにはなると思います。
by makkachi | 2012-03-08 13:43 | New Device | Comments(4)

おまたせしました。 デジタル型 調光ELインバーター

おまたせしました。 デジタル型 調光ELインバーター_c0061727_10341241.gif

おまたせしました。 デジタル型 調光ELインバーターの頒布開始です。

http://kuwana.ddo.jp/astro/product/EL/EL.html

 デジタル型 調光ELインバーター
 (簡単操作のアプリケーション付)
仕様:

①基本設計
ELシートはA3サイズ又はA2サイズまでです。

マイコン制御で動作していまして
基準電圧、基準発振周波数を一定にして
ON/OFFのタイミングを可変すること
により調光を行うタイプです。
WEBサイトで良く紹介されているような
アナログタイプとは違って安定した
減光することが出来ます。

②パソコン制御 (簡単操作のアプリケーション付)
USBポートを実装しています。
簡単操作のアプリケーションは今後WEB上で
バージョンアップして行きます。

調光(0%~50%)
 数値をコマンドとして指定できますので
 光量の再現が簡単に行えます。
(アナログボリュームですと厳密な再現は難しいです。)

デジカメシャッター端子を実装して
アプリからシャッターの制御が
可能になります。

パソコンで制御できますので
MaxImDL等のアプリと連動させて
自動で適正なフラット画像を撮影することが可能となります。
(アプリ開発中)

受注生産 納期3週間です。
初回限定価格 (35,000円-A3) 10台
(37,000円-A2). 10台
----------------------------------------------------


ご注文は
WEBサイトのショッピングカートから
お願いします。



mail@kuwana.ddo.jp
by makkachi | 2012-03-04 17:00 | New Device | Comments(0)