人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

J型赤道儀の自動導入

J型赤道儀の自動導入_c0061727_14204448.jpg

載せ替えたJ型赤道儀ですが、やっとのことで
極軸調整までいきました。
極軸望遠鏡がないのでドリフト法で調整をしています。
追尾精度が良かったので、1時間程度で終了です。
その後、遠隔のための自動導入のテストをしたのですが、
これが決まりません。
どうしても、赤経方向がずれていきます。
またズレ幅も目標によって違ってくるので
赤経軸と赤緯軸の直交精度に問題があるようです。
製造された79年には自動導入は夢でしたから
そのような設計はされていなかったのですね。
おそらく、メーカーで直交精度の改造も行っていると
思いますので、いずれかは改造したいと思ってます。
暫くは遠隔自動導入なしで撮影をすることに
します。
by makkachi | 2012-06-29 14:08 | 望遠鏡 | Comments(0)

NS5000スピードテーブル作成アプリ

NS5000スピードテーブル作成アプリ_c0061727_1515286.jpg

NS企画のNS5000用のスピードテーブルを作成する
アプリを製作しました。
赤経、赤緯別にそれぞれギア比を入力するだけで
50項目のスピードテーブルを計算してくれます。
コレでかなり便利になると思います。

NS5000スピードテーブル作成アプリ_c0061727_1517759.jpg

今回の私のように赤道儀を交換する場合や
複数の赤道儀でドライバーを兼用する場合には必須ですね。
これからはモーターを変更したりすることも簡単です。
RS232Cで直接書き込むことも出来ますし
太陽追尾や月追尾のスピードも即座に変更できます。
by makkachi | 2012-06-26 15:20 | GOTOドライブ | Comments(0)

赤道儀をメンテナンスに出しました

赤道儀をメンテナンスに出しました_c0061727_21302532.jpg

ユーハンUー150ですが、高速導入時に
変な微振動が出ているのに気がつきました。
おそらく、かなり前から出ていたような
感じなのですが、モーターが脱調しているもの
だとおもいモーターを変えても改善せず、
原因不明でメンテナンスに出すことにしました。
これでしばらく使えないので、倉庫から
代替え機を出してきて交換することにしました。
黒塗装のJ型架台です。
79年製作のレトロな赤道儀ですが、まだまだ
十分使えます
この頃は、作りが丁寧ですよね。
元々Uー150はJP互換にしていましたので
簡単に交換できます。
赤道儀をメンテナンスに出しました_c0061727_2130254.jpg

高速導入が出来るステッピングモーターを
取り付けてNS企画のNS5000で駆動します。
NS5000は設定だけ送り込めば、スピードテーブルを
簡単に変えられるので、本当に便利ですよね。
晴れたら極軸の調整して実戦配備です。
by makkachi | 2012-06-24 21:12 | 望遠鏡 | Comments(2)

ケフェウス座散光星雲IC1396

 ケフェウス座散光星雲IC1396_c0061727_8292481.jpg

25cmF4 パラコア ML8300 Baader Planetarium Ha 900sec×4 U-150
Nikon65mmED SuperStar MaxImDL Guidied
梅雨明け宣言後、2、3日天候に恵まれましたので撮影してみました。
東の空ということで、名古屋の光がありますのでS/Nが十分あがりませんでした。
ざらっとしたバックグランドになってしまいましたね。
湿度の影響もあったようです。
画像は十分なS/Nを稼がないと、やはり結果がよろしくありません。
ガイドが安定してきているようなので、もう少し露光を伸ばしたいところ
なのですが、経験上30分以上の露光はうまくいかないものです。
結局、解決させるためにはフィルターを換えてみるしかないかもしれません。
ML8300はArt11002に比べると幾分階調が狭いような感じです。
今までの慣れた画像処理で行うと星雲を炙り出すのには難しいです。
撮りなれてこれば、結果は出てくると思いますが、梅雨空ですからね
by makkachi | 2012-06-13 07:27 | 観測・撮像 | Comments(0)

金星日面通過 当日 その2

金星日面通過 当日 その2_c0061727_12204973.jpg

Nikon65mmED  Lumix GF1 + Baader ハーシェルプリズム 1/4000s F12
後ろ髪を惹かれる思いで、出勤したのですが
このあとも、例のアプリで撮り続けました。
ドームスリットを開閉しレリーズ操作、またスリット開閉の繰り返し動作
プリズムの安全をみて
15分間隔で7分間撮影、8分休憩というスケジュールです。
子午線を監視して当たる前でモーターストップという動作です。

自宅を出てしまっているので
そのあとは、iPhoneで確認、撮ってます、撮ってます。
なんとも頼れるやつ

駅のホームでは日食グラスで見て、でてるでてる ちっこいのが

おかげで撮影はバッチリです。
無人でここまで出来れば評価は90点です。
子午線反転が上手くいかなかったんで、
後半は出来ませんでしたが、良かった良かった。
by makkachi | 2012-06-07 00:40 | 観測・撮像 | Comments(0)

金星日面通過 当日 その1

金星日面通過 当日 その1_c0061727_1358081.gif

昨晩からのGPVを見て状況が良く無かったのですが
朝5時に起きて.....やっぱり予想通りです。
6時にちょっぴり光が差しましたがそれっきり
金星日面通過 当日 その1_c0061727_140193.gif

でも西のほうから天候が回復してきているみたいです。
青い空が見える...早くやって来い!!
金星日面通過 当日 その1_c0061727_1412873.gif

今回は金環日食でゼラチンフィルターがハレーションを起こしてしまった反省から
急遽バーダーのハーシェルプリズムを用意しました。  高かったけど..
ほんと!これいいですね。解像度が違う
ただ欠点は、長い時間使えないこと。
このために複雑なプログラムを組むことになりました。
シーケンサーなら簡単でしょうね。
金星日面通過 当日 その1_c0061727_1472542.gif

カメラはライブモニターが無いのでWEBカメラで撮ってます。
単純明確。アホらしいでしょうけど確実です。
出来れば望遠鏡のコントローラーの方位を液晶画面に
張っておけばよかった。

天候が回復しないまま時間切れ 出勤することになりました。
by makkachi | 2012-06-06 14:13 | 観測・撮像 | Comments(0)

金星日面通過 撮影準備

金星日面通過 撮影準備_c0061727_1139578.gif

今回は仕事の休みを取らなかったので朝だけの撮影です。
とはいっても遠隔が出来そうなので、
後半は子午線越えいっぱいまで撮像させることにしました。
遠隔って聞こえはいいんですが、結構難しいんです。

新たに金星日面撮影のために開発したアプリがコレ
金環日食の反省から、専用アプリを作ってます。
金環の時は狭いiPhoneの画面でチョコチョコやってて
曇ったことに気がつかなかったんですね。
使いにくくって、とにかく操作性が悪い。

基本的には遠隔ソフトにインターバル撮影を組み合わせたものなのですが
各部確認できるようにモニター画面を追加しました。
単独アプリではなくて、遠隔ソフトにpluginさせることで
気象計の連動を可能にしています。
雨が降ってくるとヤバイですから。

撮影に使用するカメラはミラーレス一眼のルミックス
外部出力のライブモニターが無いので
液晶をWEBカメラで撮って表示させています。
ビデオで外部出力できれば簡単だったんですけどね。
シャッター動作はELインバーターのカメラ端子を使います。

あと
ドーム内映像とAllSkyCamの映像、コレで内外の状況を
確認できます。
一枚の画面で確認できるのはいいです。

テストもいま引き続き行っており、
明日の本番ギリギリまで、動作確認をやってるでしょうね。

15:00 追記
金星日面通過 撮影準備_c0061727_15294465.gif
テスト撮影は終了。
あくまでもシュミレーションですが..
ログを見ると確実に
仕事をしてくれてます。

スリットを細かく開閉しているのは
今回、
バーダーのハーシェルプリズムを
使うためで
継続の使用時間が決められてます。
冷やす時間も必要ですからね。
電動ファンで冷やす構造になってれば
良かったのにね。

とにかく上手くいくことを祈るばかりです。
by makkachi | 2012-06-05 11:47 | 観測・撮像 | Comments(0)