マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

アイベルCD-1改造が完成し..
at 2018-12-07 23:49
ONSTEP iOSアプリ現..
at 2018-12-06 09:11

最新のコメント

私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48
初めまして、神奈川海沿い..
by オヤジ at 18:14
OSがどんどん変わって対..
by makkachi at 09:01

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

エアコンコントロールアプリ

c0061727_13572764.jpg

エアコンコントロール盤の専用アプリです。
エアコンコントロール盤の温度/湿度センサーよりネットワークで
現在の環境を取得します。
取得したデーターはグラフ化され毎日画像ファイルにして保存しております。

このシステムは15年前にMac版として生まれました。
Macintosh Ⅱcxというマシンで今思えば、よくやっていたという感じです。
そのころはいいセンサーが無くて温度デバイスを使ってシリアルで記録していました。
その後Windows版に移植され現在に至っています。
その当時から比べると比べ物にならない位、安定もしていますし機能も充実しています。

毎年、毎年、気温による自動運転でエアコンのコントロールをして
今まで暑い夏を乗り切ってきました。

現在はエアコンと除湿の2chタイプで手動のON・OFFはもちろんのこと
気温、湿度による運転や時間指定運転も可能です。
たまに外出先からリモートディスクトップで、動作を見ていますが
こけることもありますが、ほぼ安定して動作しています。
暑いときは安心ですね。

もうすでに15年分の気象データーがあって、暑い日や寒い日の傾向が分かるように
なってきました。

エアコンコントロールはいまやもう遠隔天文台の重要なアイテムになっています。
[PR]
by makkachi | 2013-06-24 13:52 | New Device | Comments(0)

デジタルELシートインバータ装置 製品版

c0061727_143158.jpg

デジタルELシートインバータ装置 製品版を作りました。
今回は、出荷数が限られておりますので
ケース加工から手作り品になります。
量産は期待できないと思います。
製作には部品がすべて揃った状態で組み立てに要する時間は
6時間強掛かります。
外観はガンメタ色のアルマイトで質感も良いですし放熱的にも
良くなりました。
c0061727_1432073.jpg

今回からトランス&電源部の冷却のためにファンを取り付けております。
これで安定製も増していると思います。
次回はPCアプリを見直してMaxImDLと連動できるような物を
作ってみたいと思います。
順に開発にかかっていきたいと思っております。
[PR]
by makkachi | 2013-06-18 17:55 | New Device | Comments(0)

ASTRO ELECTRONIC FS-2 自動導入装置 ASCOMドライバをつくる。

c0061727_1358618.jpg

ASTRO ELECTRONIC社の自動導入装置 FS-2
ASCOMドライバーを製作しました。
福岡のK島さんからFS-2でパークを実現したいと御依頼を頂きました。
私もLX200系の自動導入装置のASCOM対応が増えるのは
大変嬉しいことで是非をいうことで製作させていただくことになりました。
NS5000ドライバーからの改変で、何とかメールでやり取りをしたのですが
なかなか上手くいきません。
LX200コマンドとはいっても若干の方言があって使えないことも多いですね。
結局本体をお借りすることになりました。
c0061727_14212100.jpg

FS-2のシリアルポートにプロトコルアナライザーを突っ込んで
ASCOMドライバーとのやり取りを調べてみました。
このプロトコルアナライザーはLAN接続で通信を監視して
ターミナルに表示する優れものです。バイナリーも見ることが出来ます。
便利です。

原因として分かったのはFS-2が使っているLX200コマンドは一部で
種類が少なく、使えないコマンドを送信するとASCOMがタイムアウトまで
ハングアップする症状が分かりました。
この部分はコマンドを出さないように省略することにしました。

c0061727_1473153.jpg

ドライバー本体はNS5000同仕様になっています。
ただ日付、観測地の緯度、経度、時差、モーターの回転等々のコマンドが無いので
仕様的には簡略タイプになってしまってます。
ただHOME,PARK、最終位置再現が使えますので大変機能はアップしたと思います。
[PR]
by makkachi | 2013-06-15 13:53 | パソコン | Comments(0)

調光型ELインバータ (USB) バージョン2

c0061727_19505943.gif

しばらく休止しておりました。調光型ELインバータ です。
パソコンで周波数、電圧を変更でき、その組み合わせをプリセットできるものです。
簡単かつ正確に光量の再現が可能になります。

今回電源とトランスまわりを改良しました。
トランスを電源トランスを使っていたために、大変効率が悪く
FETドライバーに負担が大きくなり、最悪の場合FETが故障することがありました。
今回は特別に用意したトランスに置き換えたことにより
FETに対しては劇的に改善しました。
以前は発熱で大変でしたが、現在はほとんど発熱は見られません。

c0061727_9275938.jpg

問題なのはこのトランスの入荷が少ないことと価格が高いということです。

c0061727_9284630.jpg

他にも電源まわりを強化しました。

c0061727_22225451.jpg

背面は電源、USBと冷却ファン付き

c0061727_20333528.jpg

調光型インバーターの試作風景です。これでもごく一部です。
回路図は同じでもトランスにいろんな特性があって、明るく光るものとか、
明るくならない物、発熱する物、結局数多く作ってテストするしかありません。
コストも時間も掛かる作業です。
数台程度作っただけでは元は取れないと思います。
そのなかでもいろいろ試行錯誤して一番良いものを選択しました。

今回トランスが、やっと入荷してきました。
今回は少量でありますが、頒布の方をしたいと思います。
トランスや電源のコストがあがったので、なるべく安くご提供できるように
市販のケースを加工して製作します。(写真のような感じになります)
また、ELシートサイズがA3,A2と2種類ありましたが
A2/A3兼用のものにします。
デジカメシャッター端子がありましたが、これも省きます。

ご注文は カートから お願いします。
http://kuwana.ddo.jp/astro/cgi/view.php
先着順になります。数に達しましたら終了させていただきます。
受注製作になりますのでお渡しに2週間~3週間ほど掛かります。

お渡しできる個数が少なくて申し訳ありません。

今後はトランスが入荷毎ごとにご案内できる思います。
宜しくお願いします。
[PR]
by makkachi | 2013-06-08 09:40 | New Device | Comments(0)

梅雨ですね 雨センサー盤を紹介します。

c0061727_9345816.jpg

入梅しましたね。
今週は雲は多いものの雨はあまり降らなくて、まだ過ごし易いかなと思います。
雨の季節になってきましたので、以前製作しました雨センサー盤の紹介です。
雨を監視してセンサー面に雨が当たると
WEB画面に表示されリレーがONになるものです。
インターネットに接続すれば外出先からスマホでの確認も出来ます。

c0061727_9404932.jpg

c0061727_9414347.jpg

雨センサー本体はアスザック社のものを使っています。
くし形電極(センサー)の電気分解してセンサーの金属の腐食を抑えることができるようです。
私も2年ほど使用していますがトラブルはありません。
センサーのベースの種類によって耐用年数が違うようで、私のものは3年になっています。
今でもセンサーは黄金色に輝いていますので
おそらくそれ以上持つのではないかと思っています。
夜露感知型と非感知型があり目的にあったものを使用することが出来ます。

リレー出力にはドームコントローラーやブザーとかも使えますので、
ちょっと仮眠をしていたときにも安心して撮影が出来ますね。
私が製作しております
ドームコントローラ盤(初期のものは除く)、スライドコントローラ盤にも標準で
雨センサー入力を持っておりますので雨センサーを購入していただければ
簡単に機能を追加できます。
パソコンソフト開発用にDLL、OCXも提供しておりますので
自作ソフトの連動も可能です。
私は、雨が降るとメールをだすソフトを自作しました。

c0061727_9505541.jpg

AllSkyCamのポールに取り付けられるように
金具も用意しております。


c0061727_20485698.jpg

先日お邪魔した公共天文台おそらく西村製作所製のスライドルーフにも
雨センサーがついていました。メーカーは同じで耐用年数10年のタイプです。

製作品ご希望の方は
カートから お願いします。
http://kuwana.ddo.jp/astro/cgi/view.php
[PR]
by makkachi | 2013-06-05 20:48 | New Device | Comments(0)

NS-400 長期テストを行います。

c0061727_22322268.jpg

ドームのNS-5000には付けれませんので
移動用のNS-5000にNS-400を組み込むことにしました。
長期のテストを行ってレポートしてみたいと思っております。
そもそも、組み込む予定が無かったので周りと干渉しないように
基盤を逆向きに付けてケースに収めました。
ケースはアルミケースなのですが
Bluetoothは良く飛びますね。便利なアイテムだと思います。
Ciel(SkyChart)を使っておりますが
望遠鏡のアイコンで接続するだけでリンクが確立します。
無線を使っているということを意識させません。
有線ケーブルを使っている感じです。

ASCOMドライバーもなるべく早く公開したいと思います。
[PR]
by makkachi | 2013-06-03 22:39 | New Device | Comments(0)