人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2016年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

M33

New3_lrgb4_DBE1
11/29
BKP200OTA-KAI(F3.8) ATIK11000 LRGB 600sec×10,2,2,2
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied

これが今回はここまで出すのに苦戦しました。
変な迷光があって背景のムラが出てしまいます。
おそらく天文台の屋根を開けた時の、内装に光が当たって
反射しているんだと思います。
対策として次回、艶消しパネルを付けて様子を見ようと思ってます。

色の発色が悪いので、
以前の天文台でやっていたRGB比率に戻したほうがいいですね。

全体的に露光不足なのですね。
もっとたっぷりかけないといけないようです。
一つ一つ問題点を潰していけば、ある程度、先は見えてくると思っています。
by makkachi | 2016-11-30 17:43 | 観測・撮像 | Comments(0)

Pleiades M45

M45
11/25 Pleiades M45
BKP200/800OTA-KAI(F3.8) CorrectorPH
Atik11000 LRGB 600sec×7,2,2,2
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied

リモート天文台の コレクターPHのファーストライトです。
夜露がひどくて、かなり悩ませられました。
乾燥空気システムが全く効かず、
またまたシステム変更をしないといけません。
PCファンのほうが効果があるように思えてきました。
湿度が高く空の抜けが悪く
名古屋の光害の影響をもろに受けてます。
大きな団地の傍なので抜けが悪いとシャープさが欠けてしまいます。
今年は湿度が高く安定した空がありませんね。
桑名市内と考えると良く映っているほうです。
by makkachi | 2016-11-28 08:15 | 観測・撮像 | Comments(0)

モバイルルーターを入れ替えました。

モバイルルーターを入れ替えました。_c0061727_7553560.jpg

リモート天文台のネット環境の変更です。
現在、LTE回線のモバイル運用をしています。
NECのモバイルWIFIルーターにグレードルを付けて
有線LANで使っています。
電源はグレードルからの充電で動作しているのですが、
なぜか、ある時充電がうまくいかず
バッテリーが0になることがあります。
一度電源が切れるとたとえ充電が復活しても
電源は入らず現地での電源操作が必要となってきます。
本来、固定で24時間運用は考えられていない機種だと思います。
なので仕方ないと思っているのですが、
撮影中にこの症状が出てしまうと大変困ります。


コンシューマモデルでいいのがありました。
NEC UNIVERGE WA1511
かなり高機能でリモート運用に欠かせない静的NAT設定やDynamic DNS設定が可能です。
またグローバルIPアドレスをメールでお知らせしてくれる機能も
ありますのでDynamic DNSサーバーがうまくいかないときも
安心して使えます。
電源を入れたら即、モバイル回線に接続するような設定も可能ですので
万が一バッテリーがなくなっても再起動は可能です。
船舶や建設現場などで使われているようなので信頼性は十分でしょう。
by makkachi | 2016-11-24 08:03 | New Device | Comments(0)

リモート天文台のルーターが何故かの電池切れ。

リモート天文台のルーターが何故かの電池切れ。_c0061727_921124.jpg

リモート天文台のモバイルWifiルーターが電池切れで
アクセスできなくなりました。
原因ははっきりわかっていないのですが、
電池パックを付け直しなら直りました。
今回これで2度目です。原因も同じ。
こんな簡単なことで回線が途絶えるのは
リモート天文台にとって弱点です。
天文台は有線ネットワークが使えず
モバイル電波を使はざるを得ないので、
こういうトラブルは結構困ります。

モバイルWifiルーターをグレードを介して
固定LANにつなげています。
そういう使い方は推奨されてますので
使い方が間違っていないと思うのですが
そもそも
個人ユーザータイプのモバイルWifiルーターを
固定回線として使うのが無理があるのかもしれません。

一度、電池パックを取り寄せて交換してみて
様子を見ようかと思ってます。
コンシューマー向け製品にはモバイル回線を使った
固定ルーターがあるようなので
将来的には入れ替えも考慮したほうが良いかもしれません。
by makkachi | 2016-11-14 09:33 | 天文台 | Comments(0)

NS5000 ASCOMドライバー更新

NS5000 ASCOMドライバー更新_c0061727_15433941.jpg


ASCOM Telescope Driver for NS-5000 Ver6.02
小技集 Tips

NS-5000のドライバーとNISSIN DOMEドライバーを使っている
ユーザーさんからドームの向きが正しくないことがあるとメールをもらいました。
以前に連絡を受けていたのですが、
リモート天文台の立ち上げに手間取り手つかずの状態でした。

東空で導入したときは正常だが、西空で導入したときは西にいきすぎる現象が起きます。
反対も同様です。
どこのドームドライバー(ドームドライバーのシミュレータでも)を
使っても同じ現象が起こります。

ドームの向きを決めるときにドームの大きさと赤道儀の不動点と望遠鏡の光軸の関係を
計算して決めているのですが、
鏡筒が西にいるときと東にいる時では計算が狂ってきます。
そのためにASCOMではSideOfPierプロパティを使って
POTHやMaxIMに受け渡してます。
これが常に西になっているために、いままで問題が出ていました。

望遠鏡の方向を見てSideOfPierの値を正しく返すようにしました。
by makkachi | 2016-11-10 15:54 | GOTOドライブ | Comments(0)

Veil Nebula 、NGC6992-5、NGC6960

Veil Nebula 、NGC6992-5、NGC6960
11/6 Veil Nebula 、NGC6992-5、NGC6960
BKP200/800OTA-KAI(F2.9) Atik11000 LRGB 420sec×9,2,2,2
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied

やっぱり月があると、いろんな迷光があって
画像処理がむつかしいですね。
元画像の星雲は、あまりにも映ってなくて構図を外してしまいました。(笑
とにかく真っ白です。
Veil Nebula 、NGC6992-5、NGC6960_c0061727_7503613.jpg


これがコンポジット直後の画像で
カラー画像にするとムラだらけです。
いつもこの状態から画像処理をしていきます。
Veil Nebula 、NGC6992-5、NGC6960_c0061727_11104983.jpg

by makkachi | 2016-11-08 07:50 | 観測・撮像 | Comments(0)

今月の新月期の結果です。Andromeda Galaxy M31

New1-lrgb-c1
11/1 BKP200/800OTA-KAI(F2.9) Atik11000 LRGB 420sec×9,2,2,2
TAKAHASHI J-Mount Vixen 60 ASI120MM MaxImDL Guidied
移設した天文台でリモート撮影をしました。

実は先日の日曜日に光軸の確認をしていて
赤緯のクランプを閉め忘れていました。
導入してもなぜか正確な位置に行かず悩んでいたところ
天文台の室内カメラを見て気が付きました。ww
昨晩、トボトボと山へ行ってクランプを閉めてきました。

名古屋に近い桑名市内で光害の影響は大きいです。
なかなか色が載りません。
1時間くらいの露光なので、
街中では2時間くらいはかけて試してみたいです。

今回から冷却カメラを代えまして先日アップグレードした
フルサイズのCCDです。
フルサイズCCDですと星像が小さくて気持ちいです。
ただ、ASA 2KORRRの良像範囲を超えてしまってます。
周辺は星像ノビノビですね。

ちなみに元画像はこんな感じ
今月の新月期の結果です。Andromeda Galaxy M31_c0061727_841919.jpg
by makkachi | 2016-11-02 13:47 | 観測・撮像 | Comments(0)

まだまだ画像はショボイですが、撮影のコツがわかってきました。

まだまだ画像はショボイですが、撮影のコツがわかってきました。_c0061727_143507.jpg

移設した天文台での初カラー画像
いろいろ障害が出ていて
問題を一つ一つ潰していってます。
まだまだリハビリ中の感じですね。
天文台を一度、解体して組み上げたわけですから
短期間で良くここまでできたもんです。

画像は光害がひどい桑名市内の割にはよく映ってます。
うまく撮影すればそこそこいけるような
気がしています。
撮影は露光を長くとると飽和してしまって
結果、露光不足で色が出ない。
そんな画像では画像処理がむつかしいです。
でも、この地での撮影方法が少しづつわかってきました。
とにかく晴れてサンプルを多く撮影することが先決ですね。

M31 2016/10/29
BKP200/800OTA改 ATIK11000 L:420s×5 RGB:420s×1
Takahashi J-Mount Vixen 60mm ASI120MM Guide
by makkachi | 2016-11-01 12:02 | 観測・撮像 | Comments(0)