マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

隠れた銘品
at 2019-02-16 15:38
カメラがスッポ抜けないように..
at 2019-02-13 18:05

最新のコメント

改良されたのかな。締まり..
by makkachi at 10:22
偶然ですが、2年前、星見..
by オヤジ at 10:04
私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

<   2019年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

続 AGT赤道儀をプチ改造

c0061727_08333472.jpg
AGT赤道儀のプチ改造です。
今回は極軸望遠鏡の明視野照明ユニットを入れました。
白い部分です。
もともとGP2赤道儀のオプション品です。...
問題なくセレストロンに付きます。
照明をつけるとユニットがリング状に ほんのり赤く光ります。
オシャレですね。
極軸が伸びたのでイナバウアーもやり易くなりました。
c0061727_08333474.jpg
照明ユニットは乾電池なので、長期間使わないと
液漏れも心配。
なのでニッケル水素電池にしました。
c0061727_08333452.jpg
c0061727_08445548.jpg

自動導入ドライブのソフト改変をしました。
今回の機能はリミット制限解除です。
トラッキングだけでなく導入も制限解除させます。
これでイナバウア撮影に導入が使えるようになります。
もちろん鏡筒のヒットのリスクはありますが
確認しながらの導入を基本とします。
制限解除のON/OFFはWifi接続してブラウザで変更します。





by makkachi | 2019-01-29 08:43 | 望遠鏡 | Comments(0)

MT160始動! マチナカリモート天文台

M45
M45
鏡筒   :タカハシ MT-160(F4.5)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(onstep )
撮影場所 :マチナカリモート天文台
      L:600s*11 RGB 600s*10

遂に始動に漕ぎ着けました。
光害地に適した望遠鏡が見当たらず、これまでいろいろ変えてきたのですが
結論、これです。

当初は、短時間露光が可能なイプシロンに代表されるような
F値の明るい鏡筒を導入しました。
短時間でたくさんの画像ファイルを生成することが出来るのですが
迷光にともなう背景ムラやコントラスト低下に悩みました。
あとの画像処理がほんと大変

コントラストの面では屈折系がイイのですが
リモートで常にオープンにしておくには、
レンズの曇りなどがあってかなりメンテナンスに心配が出てしまいます。

ということで、
今回導入した、少し長めのニュートン望遠鏡
昔に流行ったタカハシMT-160鏡筒です。
もう既にディスコンになっていまして、入手は中古しかありません。
現状、F6くらいでしっかりした鏡筒は新品も含め絶滅危惧種で
中古でコンディションの良さそうなものは、めったに出てきません。

これだけ貴重にも関わらず、中古市場ではあまり見向きもされず
かなり安い価格で取引されている場合が大半です。

私は新品同様で眠っていたものを譲っていただいて導入しています。
レデューサも別のところで入手はしたものの、
アナログ時代のものであってキリッとしたものが出てきません。
レデューサーは前回を引き継ぎ、デジタルに対応したものにしました。
デジタル物は撮像面に対して入射角が違うようで
かなり明るくシャープに映ります。

ウンチクはここまでにして
取りあえず撮影してみました。リモートでの操作感はBKPと同じにしました。
露光時間はF値の関係で計算上2倍ほど伸ばしましたが
それ以上に良く映ってくれます。
斜鏡による掩蔽が少ないことがメリットとして挙げられます。
ニュートン鏡筒は斜鏡による掩蔽を含めた実効F値を表示したほうが
イイんじゃないかと思います。

実はこの撮影は3日間かけました。
光害カットフィルターなどは一切入れていません。普通のLRGB画像です。
4等星くらいしか見えない空で良く映るもんだと感心します。

同じ対象をフレーミングを変えずに撮影するのは
リモートの一番得意なところです。

もう今シーズンは難しいかと思いますが、
来シーズンも撮影枚数を重ねて
永遠に完成しない「サグラダ・ファミリア」のような
ガウディイメージングをしていこうと思っています。



by makkachi | 2019-01-17 13:38 | 観測・撮像 | Comments(0)

AGT赤道儀をプチ改造


c0061727_17022760.jpg
遠征先でカメラレンズで撮影するとき
あまり極軸の精度が要らないのにチマチマ合わせられないので
ポーラーメーターを取り付けれるようにしました。
赤緯軸にアクセサリーシューを付けたのですが
この軸はクルクル回るので水準器で基準を取ることにしました。
c0061727_17022718.jpg
極軸を精密に合わせるときも、おおよそ振るのにも
使えたりしますので意外に重宝します。
c0061727_17022753.jpg
それと、極軸望遠鏡をかえました。
EQ5赤道儀用極軸望遠鏡です。

最近になってスケールパターンが変わって
タカハシみたいにスマホにアプリで合わせられるように
なりました。こりゃ便利
c0061727_17022734.jpg







by makkachi | 2019-01-16 17:11 | 望遠鏡 | Comments(0)

EKOSのタブレットバージョンが出るようだ

c0061727_16360674.jpg
StellerMateの操作ソフト
EKOSのタブレットバージョンが出るようです。
これが出ると気持ちは一気にStellerMateにいってしまうわけで
凄く期待してます。
要はASIAIRのようになるわけですね。

いま、StellerMateはいろいろ停滞しているわけですが
ガイドに問題があってたまにハングアップしていました。
問題が分かって
ガイドカメラとの間にセルフパワーのUSB3.0ハブを入れることで
何とか解決できるのですね。

とにかく遠征先で軽快にガイドがしたい。

FBの告知では第一四半期, 中旬等に発表されるということで
待ち遠しいですね。


by makkachi | 2019-01-11 16:41 | Comments(0)

初撮りはリモート天文台です。

c0061727_16381043.jpg

鏡筒   :BKP200-KAI(F2.9)
撮像カメラ:FLI ML8300 Astronomik
赤道儀  :TAKAHASHI J-Mount(NS5000)
撮影場所 :マチナカリモート天文台
L:540s*7 RGB:420s*1

公開が前後してしまいましたが

元旦の夜のリモート天文台での撮影です。
初撮りです。

やっと、画像処理も終わりお見せできるようになりました。
この日はマチカナにしては透明度が抜群に良い空でした。

これ光害カットフィルター入れてないんですよ。

空のバックグランドも暗く前日からの充電もたっぷりで
stealthChopモードのOnstepもすこぶる快調です。

画像はダブルスパイダーの効果で、
微光星までクロスラインが入ってます。
いろいろ好みもあるでしょうが
小さな星までクロスっているのはとても印象深いです。

c0061727_16355737.jpg
スパイダーはオリジナルで製作したのもで
製作費は鏡筒の価格を越えています。
自分で言っちゃあなんですが、
この鏡筒にこの加工をするのはアホすぎましたね。
いかに一つの物を追及していくと開発費がかかるか
身に染みてわかりました。
タカハシが高いのは、うなづけます。

BKP200は筒先が弱いのですが、
この加工を行うと強度が増して鏡筒全体の強度が上がりました。
ベストだったと思います。
コントラストが不足しているのは難でしたが.....

次はタカハシMT-160鏡筒にバットンタッチします。
スパイダーももう1セットあるので
MT-160も加工しようかなと思ってます。


今年からは
「安定のリモート撮影、追及の遠征撮影」という2足のわらじで行こうと思います

by makkachi | 2019-01-09 17:35 | 望遠鏡 | Comments(0)

新春 あららぎ高原 初遠征

c0061727_14180544.jpg
あららぎ高原に初遠征に行ってきました。
あららぎへは2回目ということで昨年の夏以来になります。
夏にきた時は一般の方がたくさん見えてまして
ほぼ撮影出来ない状態でしたが、今回は私が来たときは一人でした。
実は冬場はここはスキー場ですので使えないのですが
今シーズンから休業されていまして穴場なんです。
スキー場会社側から駐車場の閉鎖を検討されているということで
今後、どのような展開になるかわかりませんが
ぜひ残していただきたいですね。
c0061727_14180493.jpg
東のほうは、飯田市の光が西は名古屋の光があって
必ずしもベストではないですが、標高が高いゆえに
そこそこの暗さはあります。

この日はPM2.5のとにかく冴えない星空です。
西からは時々雲が流れる天候でした。
あれこれしているうちの星撮りと思われる車が来てました。

Orion

2019/01/05 21:10-
sigma 135mm f1.8(2.2) Nikon D810A
120s×20枚 ISO1600
AGT赤道儀(Onstep)ノーガイド

今回は新春セールで買ったシグマの135mmf1.8 art カメラレンズに
ニコンのD810Aという組み合わせで、どちらも初めて使います。
シグマはカメラレンズと思えないくらいシャープで色のにじみも少なく
重さから言っても天体の撮影用として開発されたんじゃないかと
思うほどすばらしいレンズでした。
c0061727_14180437.jpg
2019/01/05 18:30-
sigma 135mm f1.8(2.2) Nikon D810A
120s×42枚 ISO1600
AGT赤道儀(Onstep)ノーガイド

時間がたつにつれ空がだんだん冴えなくなったので
夜半前には撤収しました。
2時間チョイで帰れるところなので、またちょくちょく行きたいと思ってます。
デジカメの画像処理も初めてで、とにかくわからないことだらけ
画像枚数の多いコンポジットに苦戦してます。



by makkachi | 2019-01-08 15:17 | 観測・撮像 | Comments(0)

リモート天文台の望遠鏡を入れ替えた

c0061727_12432777.jpg
新春の事はじめとして
リモート天文台の鏡筒を載せ換えてきました。
古い機種ですがタカハシMT-160です。
昨年からの懸案で、まとまった休みがないとやれないですね。
c0061727_12432751.jpg

電動開閉装置はそのまま載せ替え
リモートての蓋の開閉が出来ます。

c0061727_12432710.jpg
今回はフォーカーサーをOnFocusに変更し搭載しました。
冷却カメラもそのまま載せ替えです。
c0061727_12432796.jpg
この鏡筒、コントラストが高いので期待しています。
ASAの2korrrというコマコレクターを使っています。
焦点距離は1000mmから730mmになります。

c0061727_12512337.jpg
鏡の曇り防止は今回は電動ファンが付けられないので
ニップルを付けてエアーを送り出すことにしました。

c0061727_12512280.jpg
電動ポンプは医療用の強力タイプです。

Newone 双出气口 静か 強力な 12V マイクロエアポンプ 520モータ 150mA大の釣りまたは酸素タンク




by makkachi | 2019-01-07 12:48 | 天文台 | Comments(0)