マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

浪合パーク プレミアムナイト..
at 2019-03-24 09:36
ONSTEP自動導入コントロ..
at 2019-03-20 13:54

最新のコメント

改良されたのかな。締まり..
by makkachi at 10:22
偶然ですが、2年前、星見..
by オヤジ at 10:04
私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

EM200USD3を自動導入改造する

c0061727_09035339.jpg
Onstep化した友達のEM200が導入途中で止まるという
連絡を頂きましたので、再度、お預かりしました。
基本、モーターの脱調だと想像するのですが、
現象が出ず状況がいまいち掴みきれてません。
c0061727_09035380.jpg
まずギアの噛み合わせを疑いましたが、EM200って手動ノブが無いんですね
なので即席で軸ノブを作ってモーター外して調子を見てみました。
ギアの当たりは両軸とも重くなくいい感じです。
やはりステップドライバーとモーターの相性が悪いのかな。

A4988は赤道儀の駆動にはあまり相性が良くない様で
今回からはTMC2100という
Pololu互換のモータードライバーに変更してみます。
モータードライバーの中では、最も静かなドライバーです。
c0061727_09035911.jpg
まずは、現況のUSD3とTMC2100の波形を調べてみました。
USD3はのこぎり型(右)、TMC2100は台形(左)です。
デューティは50くらいなので ほぼほぼ一緒なんですが
周波数はかなり違うんですね。
見るとUSD3のほうが力強い感じがします。
c0061727_09562806.jpg
ちなみにA4988はデューティは28%でUSD3と比べると
半分くらいの出力しか出し切れていないのが良くわかります。
なんとも弱弱しいグラフです。
高速で脱調しやすいのは、この特性に起因しているのかもしれません。

次に疑ったのは電源の問題です。
モータードライブコントローラーは
DC24V運用なのですが、運用はディープサイクルバッテリーに
ACインバーターにACアダプターという構成で使っているそうです。
この組み合わせだと、ノイズの発生源が多いのであまり好ましくありません。
またバッテリーの運用幅が狭く電圧降下で瞬停する可能性も
十分考えられます。
c0061727_09040853.jpg
電源は昇圧型DC-DCコンバーターで運用したほうがよさそうです。
DC9Vくらいから使えますので電圧降下も安心できます。
c0061727_09041104.jpg
リチウム電源を使って電圧を測ってみました。
DC24Vきっちり出ています。
安いですが結構信頼性があります。

c0061727_09042209.jpg
換装が終わりました。
EM200が導入途中で止まるという現象は
結局確認できなかったのですが力強い動作になり
USD3と同等の導入速度も確保できました。

TMC2100ドライバーに変更しましたので
放熱を考え別コントローラーにしています。
オリジナルコードを加えた新ファームで使いやすくなりました。
c0061727_09042862.jpg
極軸照明のほうはトラブルを避けるために乾電池運用です。
単なるボリュームではなくてPWM駆動の基盤が入っています。
赤LEDは明るく見えますが間接型照明にしていますので
ちょうどいい感じです。
c0061727_09043070.jpg
狙ったわけではありませんが
筐体の隙間からも漏れてきますので
それがまたお洒落でいい感じになりました。



# by makkachi | 2019-03-04 09:25 | ONSTEP | Comments(0)

Mamiya APO-SEKOR Z 250mm f/4.5を使う

c0061727_10171127.jpg
Mamiya APO-SEKOR Z 250mm f/4レンズ
フィルム時代のブローニーサイズのカメラ用で
超低分散ガラスを2枚,異常分散ガラスを1枚 構成のAPOレンズです。
天体特性が非常にイイと評判で
これを天体撮影に使おうと思ってます。

天リフさんなどで紹介されてますのでご存知の方の多いと思います。

手持ちのNikon D810Aにはレンズマウントアダプターを購入すれば
とりあえずは撮影できます。
レンズ自体にはファーカス機構がありませんので、
このアダプターにはヘリコイドが装備されています。
ちょっと値段が張りますね。

実はこのマウントは曲者で、使って見える方の中では
気温によっては、ヘリコイドの稼働幅が少なくて星に
フォーカスが合わなかったりする場合があるようです。
私は問題ありませんでしたが...

c0061727_10171025.jpg
フォーカスがあわないかも!という情報を聞いていたので
別に手持ちのBORGのヘリコイドを活用したアダプターも作りました。
自由に組み合わせが出来るので便利です。
マウントアダプターを発注した後にこのことに気が付いたので
最初からこれを作っておけばマウントアダプターは
買わなくても良かったです。
今回、金具を製作するにあたって
RB用の接写リングを入手しそのマウントを使いました。

今後はCANON6Dや冷却カメラで使う予定です。


c0061727_10171162.jpg
レンズを支えるために
MoreBlueの TB010-内径90mm 超軽量化設計鏡筒バンド を使いました。
寸法もベストフィットで無改造で取り付けることが出来ます。

c0061727_10171037.jpg
試しに部屋から3km先のNTN三重工場を撮影してみました。
電線がうるさいけど シャープで素晴らしいカメラレンズです。
桑名市街の街明かりに向けてますが周囲の減光は感じません。
カブリ補正だけでフラット補正はいらないかもしれないですね。

c0061727_10171103.jpg
AGT赤道儀への積載状況です。
D810Aにはインターバル撮影機能があるのですが
前回あららぎ遠征をしたときに、
撮影しててちょっと困ったのは
今何枚目なのかカメラを見ないと状況がわからなくて
めんどくさかったです。

これに合わせてワイヤレス タイマー リモコンを入手しました。
これで離れたところから撮影出来ます。


オートガイドはステラメイトにしました。
カメラの制御も出来ますがこの辺はシンプルに構成してます。

ステラメイトにはGPSを装備してますので、
赤道儀の日付や観測地の設定は自動で行われます。

c0061727_10171176.jpg




# by makkachi | 2019-02-25 10:48 | New Device | Comments(0)

試作品,限定品を頒布します。

c0061727_10060083.jpg
作ったけれど結局使わなかったものや
取り寄せた部品で余ったものなど
いろいろありますので
お譲りしたいと思います。
一品ものもありますので売り切れの場合はごめんなさい。
再販ありません。
御興味のある方は専用ページからアクセスくださいませ。



# by makkachi | 2019-02-19 10:09 | おすすめサイト | Comments(0)