人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

オライオンVX リモート撮影の準備

オライオンVX リモート撮影の準備_c0061727_09453180.jpg

これが今回設置したQHY16200A(CFW7)です。
7連装のフィルターホイルが一体化したもので結構大きいです。
しっかりした作りでなにしろ重い。2kg以上あるかな
私はフォーカーサーはFLIのPDFという大きなものを使っていましたので
心配はなかったですが普通の接眼部だと厳しいかも
QHYのドライバーはCMOSカメラと同様に
ゲインの調整が出来るので便利です。

CCDセンサー KAF16200 APS-H (デフォルト:グレード2)フルフレームCCD
ピクセルサイズ 6.0ミクロン 解像度 4540×3630ピクセル
有効画素数 1620万画素
有効面積 27.0mm×21.6mm APS-Hフォーマット

オライオンVX リモート撮影の準備_c0061727_09453235.jpg
Orion250VX F4.8 コレクターPH QHY16200A (CFW7) 
バーダーHaフィルター 露光時間:600秒
ユーハンU-150 AlThiba5相ベルトドライブ
Takahashi GT-40 ASI120MM Mini 自宅ドーム

Haフィルターで試写してみました。
このカメラもATIK11000と同様にコダックセンサーなので欠損カラムが多めですね。

オライオンVX リモート撮影の準備_c0061727_09453241.jpg
欠損カラムはこんな感じで白い筋や黒い筋が現れます。
機能していない部分なのですが死んじゃった素子なので復活できません。
消すにはフォトショップなどを使って隣のピクセルと
置き換えて処理しなければなりません。
すべての画像に処理をしていかないといけないのですが、
まあめんどくさいです。
MaxImDLを使ってRemove Bad Pixelsコマンドで
欠損しているところを登録して実行すれば1発で消えます。
このコマンドをスクリプトにして撮影スケジュールに入れればこの処理を自動化できます。
スクリプト組んでみます。




# by makkachi | 2020-03-14 09:55 | 天文台 | Comments(0)

IC2177 かもめ星雲

IC2177 かもめ星雲_c0061727_10362266.jpg

MT-160 ASA 2korrr FLI ML8300M バーダー
AOO 900*6 JP赤道儀 Althiba自動導入ドライブ
マチナカリモート天文台(三重県

いっかくじゅう座の星雲で
シリウスの北東約7度の位置に輝く散光星雲です。
別名いっかくじゅう座のわし星雲とも呼ばれてます。
ナローバンドのカラー合成撮影になります。
MT-160くらいの焦点距離があるとダイナミックな構図になり
迫力があります。

この撮影後にリモート天文台のAC電源が止まってちょっと焦りました。
DC-ACインバーターが電源を入れても出力せず
何度やってもダメで元のブレーカーで復帰しました。
撮像にかかわる機器とルーフはAC100Vで集中管理ですので
リスクは大きいです。











# by makkachi | 2020-03-12 11:25 | Comments(0)

オライオンVX鏡筒の試写

オライオンVX鏡筒の試写_c0061727_09590140.jpg

なかなか運用が進まない自宅ドームの望遠鏡ですが
やっとのことで試写ができるようになりました。

オライオンVX鏡筒の試写_c0061727_09585663.jpg
ベテルギウス

とりあえずガイドなしの30秒露光の画像です。
素のままなので主鏡マスクとか取り付けてない状態で
ガイド無しなので星は少し伸びてますが
周辺像やスパイダー像は特に問題はないようです。
やれやれ
オライオンVX鏡筒の試写_c0061727_09590689.jpg
というのも、そもそもこの望遠鏡はジャンク状態で
鏡もご覧の通り汚れなのか腐食なのかよくわかりませんが
ひどい状態です。
また、鏡筒からは砂も出てくる状態で
とりあえず望遠鏡全体を水で洗浄しました。
若干跡が残っているので再メッキかな。


オライオンVX鏡筒の試写_c0061727_09590456.jpg
カメラもアルテミスからグレードアップしたATIK11000
カバーガラスの位置が悪くゴーストが出まくります。
電動フィルターホイルも接続が悪くどこかチップが故障している模様です。
なんせ15年近く使っている古いものですからもう限界ですかね。





# by makkachi | 2020-03-10 10:16 | 望遠鏡 | Comments(0)