人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

タカハシJ型赤道儀をAlth..
at 2019-08-17 09:38
Teensy 4.0が8/8..
at 2019-08-09 08:52

最新のコメント

まだまだ使い始めたばかり..
by makkachi at 23:06
こんばんは。 いつも楽..
by タカsi at 20:46
リモート端子から撮影につ..
by makkachi at 13:10

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

GoogleHome 対応のドームコントロール盤 ASCOM対応

c0061727_08065208.jpg
新しい設計でのドーム/スライドルーフコントロール盤ですが
ハードウェアのほうがほぼFixが終わったので
ASCOMドライバーを作りました。

c0061727_08065243.jpg
ASCOMの仕様の関係で、
大きく変わることは無いのですが
LANの接続状態が良く分かるようにインジケーターを付けたり
細かい仕様変更をしています。

接続状態でLANケーブルを外して接続が外れても
再度ケーブルを挿し直すと再接続する仕様は変わりません。

今回はLANモジュールを変更しまして
複数の接続に対応しました。

ドームの回転については対応できてないのですが
スリットの開閉、AUXスイッチに関しては
複数個所からの操作が可能になります。

ASCOMを接続しながらGooGleHomeの操作が可能です。
c0061727_08065237.jpg
アプリを複数立ち上げて
こんなことも出来ました。




# by makkachi | 2019-07-11 08:26 | Comments(0)

GoogleHome 対応のスライドルーフコントロール 試作

c0061727_20583012.jpg
天体撮像を完全に忘れてしまってる
マチナカリモート天文台なのですが(梅雨だからいいっか)

Google Homeにどっぷりはまってしまってまして
スマートデバイスを買い込んで
自宅のエアコンやパソコン電源入れたりして
遊んでおりやす。

あれからGoogle Home miniが増殖しまして
マイカーのほかに自宅の部屋とリモート天文台にも
入れました。
帰った時にジメジメした部屋は嫌なので
Ok Google エアコンつけてとか設定温度を25℃に
とか運転中でも操作できるとあって結構便利です。

で、
前回、リモート天文台のスマート化のテストをしたのですが
そろそろLANデバイスも入手が難しくなってきたので
せっかくだから一から設計しなおそうかと思って..........

やっとここまでキターーーーー!
基板を組んで、新しいファームを作って
OkGoogle ルーフ開けてと言って
リレーが動くことを確認。

おまけに30%開けてと細かい操作も
出来るようにしました。
OnstepとかOnFocusも出来マシタ。
このへんは次回にして

要望があれば別だけど
これをベースに販売していこうとか
まったく思わなくて、
採算どがいしで作ったんですが

いまは、近未来を感じている、

その感覚を味わってます。





# by makkachi | 2019-07-02 21:13 | New Device | Comments(0)

Google Homeでリモート天文台をコントロール

c0061727_21254376.jpg
5月の連休前に Google Home mini を買いまして、
これが見事に、はまってます。

実は車に載せてまして
運転しながらグーグルホームに呼びかけて
NEWSを聞いたり音楽聞いたり
雨の予報を聞いたりして
家族にLINEしたりと、これがかなり便利なんです。
隣に執事がいるみたいです。

で、変なことを思いつきまして
これで、
ドームや望遠鏡を操作出来たらなと思った次第です。
c0061727_21245346.jpg
仕事のスケジュールが合わなくていけなかった
今年のCANPで
五藤テレスコープさんがグーグルアシスタントでの
操作を発表されたみたいですね。
いやいや発想が一緒だったと思わず吹いてしまいました。


実はリモート天文台に行くと、
屋根の開閉はすべてパソコンで行う仕様にしていて
いちいち起動しないといけないので
開け閉めはやっぱ不便です。

便利な施設ほど現場では不便極まりないことになってます。

また中は狭いんで声で開け閉め出来たらホント便利じゃないかと........
暗い中は声掛けに限るわ

c0061727_21245050.jpg
それが、やっと出来たんすよ
1カ月かかりました。

いま流行のラズパイをサーバーにして
GoogleHomeでしゃべった言葉をトリガーして
ラズパイで受けて貰ってドームコントローラーの
動作の言葉(コマンド)に変えてもらうという構造です。
c0061727_21182604.jpg
これが、概略図。
初めて見る方には「いみふ」な図ですが、外部のサーバーを数か所介して
リモート天文台のドームコントローラーをうごかす仕組みです。

ネットワーク環境がいりますが
ドームコントローラーはLAN対応なのでなせる技です。
今になって思うとネットワーク対応にしておいて良かったですわ

現行のニッシンドームコントローラー盤もいちおう対応してます。
ドームのほうはASCOMドライバが占有してしまうので
使いにくいですが、スライドルーフのほうはベストです。
c0061727_21244747.jpg
ラズパイはPythonという言語を使って作っています。

ということで

c0061727_21244340.gif
ねえ、グーグル!屋根を明けて と呼びかけると

屋根が開きます。

開けゴマのほうがよかったかなぁ


望遠鏡のほうも
五藤テレスコープさんがやってますが、導入まではいらないまでも
望遠鏡の緊急停止くらいはつくりたいなって思ってます。

暗闇の緊急停止操作はやっぱ声掛けに限ります。

いろいろ失敗してますんで。。。。。。





# by makkachi | 2019-06-20 21:59 | 機材レビュー | Comments(0)