マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

とっても便利な機能です。ON..
at 2018-10-12 13:29
星景向けのタイムラプスプログ..
at 2018-10-11 08:58

最新のコメント

> あっちさん 一旦、..
by makkachi at 15:03
おぉ〜、新しいコントロー..
by あっち at 22:27
> あっちさん JP赤..
by makkachi at 22:15

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

リモート天文台の設置工事に行ってまいりました。

c0061727_15040122.jpg
リモート天文台のご依頼を3月にいただきまして準備を重ねておりました。
先日やっと工事をさせていただきました。
今回、ご依頼いただいたのはリモート天文台の核となる
スライドルーフコントローラー盤と遠隔赤道儀システムです。

遠隔赤道儀システムについては
EM400MRDのテンマシステムを改修しONSTEPドライブに変更させていただきました。
収納、起動時の位置の再現性を高めたもので
原点センサーのない赤道儀のために、
特別なASCOMドライバーとONSTEPドライブを遠隔用にファームを変更し
より高度がリモート環境が実現しました。
また
リモートディスクトップを使い操作パソコンからのONSTEPもファームの変更も出来るので。
不具合もすべて遠隔で修正出来ます。

常に赤道儀の姿勢を記録させることにより
電源が途中で遮断しても復帰できる安心できるシステムになります。

c0061727_15035834.jpg
これがメインとなるコントロール盤です。
ネットワークに繋がっているパソコンから ルーフの開閉ができます。
雨が降り出せば自動的にルーフを閉めることができます。
停電時も自動的に閉まります。

観測室内以外でもインターネットに繋がった
遠隔地のパソコンからでも操作可能になります。
同時使用は出来ませんが複数個所からの操作は可能です。
万が一内部のパソコンが故障してもほかのパソコンからの操作は可能になります。

ネットワークに障害が出て盤がおかしくなっても遠隔でリセット
出来るようになっています。

遠隔には重要なポイント2重3重のフェールセーフを設けています。
c0061727_15035827.jpg

今回のコントロール盤は遠隔用の観測室ではなく
一般なスライドルーフでの運用になりました。
したがって屋根を閉じる場合は鏡筒を一旦収納しないといけません。

...

ONSTEPを専用のアプリから命令を出して
鏡筒がルーフに当たらないように動作させ赤道儀につけた近接センサーが
動作するまでの間、ルーフの閉じる動作を ポーズさせる仕組みを作りました。

c0061727_15035828.jpg
c0061727_15035999.jpg

雨センサーは業務用のセンサーを使ってます。
私のリモート天文台も同様のものを使ってます。
耐久年数が3年とメーカーに言われてますが、私のところはもう10年トラブルなしで動作してます。

c0061727_15035804.jpg

実際の運用にはもうしばらくかかると思いますが
実績のあるシステムなので、今後ご活用いただければなぁと思ってます。
完成すれば、撮影場所や時間は選ばないわけで
「いつでもどこでも」というのがリモート天文台のキャッチフレーズですね



[PR]
# by makkachi | 2018-09-26 15:21 | 遠隔撮像ソフト | Comments(0)

これからの撮像はウインドウズからマックへ

c0061727_13500401.jpg
最近、ASIAIR が海外でかなりの人気で品薄状態になってます。
ベースはRaspberry Pi(ラズベリー パイ)という
ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータで
イギリスで教育用コンピュータとして開発されました。
ここにINDI(Instrument Neutral Distributed Interface)という
カメラや赤道儀、フォーカーサーからドームまでを総合的にコントロールする
インターフェースを組込み
Astro IoT ガジェット として登場しています。


INDIやOS(Linux)はオープンソースなので自分でインストールして
組み込むことは簡単なのですが、私はあまり理解できていないので
INDIのサイトで紹介されている、組込済みの
ステラメイト(StelarMate)を使うことにしました。
c0061727_14014364.jpg


ステラメイト(StelarMate)は本家の物だけあって
ASIAIRとちがい対応機種が豊富です。
ただASIAIRのようなiOSのアプリは充実してません。

ラズパイボードは持っていたのでOSのみ買ってみました。
サイトからはダウンロード販売でペイパル決済で買えます。

c0061727_13495324.jpg

(スティックPCの接続を切って試しています)


INDIはウインドウズのASCOMみたいな存在です。
ASCOMと違うのはアプリ間通信がCOMではなくて
INDIではサーバーという形になってネットワーク通信でコントロールします。

LANでコントロールすることで
クライアント側(撮像ソフトや星図ソフト)は
いろいろなOSで使えるマルチプラットホームになってます。


とりあえず遠征用の機材で検証することにしました。
すべて動作が出来ることを確認できたのですが
INDIは大変便利でウインドウズの様に
個別にドライバーを入れる必要が無いんですね。

感動したぞっ

一括でデバイスも管理してますのでとても安定したシステムになってます。
ONSTEP自動導入ドライブとの相性もばっちり

c0061727_13495364.jpg
リモート天文台では、MaxImDLという総合的な撮像ソフトを使っているのですが
安定度が半端なく悪くて撮像中にリブートしたりして悩まされてます。
天文台を引っ越す前からの症状で、いろいろやってみたのですが
現状としてはお手上げ状態です。

ということで なんとか打破したい という思いが強く働いてます。

ステラメイト(StelarMate)では
MacOSで代表的なK-Starsという撮像ソフトが使えます。
もちろんほかのOSでもリリースされているのですが
とにかく安定したOSで使いたい一心でMacBookAirにインストールしました。

ステラメイト(StelarMate)内部にインストールされている
K-Starsを使ってリモートディスクトップでコントロールもできます。
サーバーとクライアントを一体で使う方法ですね。
ただラズベリーパイには処理が大変なので、INDIサーバーとして
使うつもりです。

c0061727_14325996.jpg
MacBookAirでの撮像クライアントの最終的な運用は
AstroImager - CloudMakers
これを使おうと思ってます。
ストアから購入できます。
レビュー動画を見ましたが、とてもユーザーインターフェースが
良く出来ていて感動します。
オートフォーカス、プレートソルビングもみててスゴイ
有料ですが2600円で手ごろです。

なによりも

MacBookAirで撮影している

スタイルってカッコイイよね -----





星図ソフトは使い慣れたCartes du Ciel
私が作った日本語パッチも使えて日本語環境で使えます。

いろいろ楽しみになってきた。
ワクワクするよ 鳥肌たってきた






[PR]
# by makkachi | 2018-09-14 14:08 | New Device | Comments(0)

ONSTEP自動導入ドライブが大化けする



c0061727_13294766.jpg

このところいろいろ部品を調達してるのですが、
先日の台風の影響で遅れ気味です。
チャイナから届いた部品のひとつ
いつも銀袋だけどケースに入った高級品。
ONSTEP自動導入が、とっても幸せになる逸品です。

c0061727_13294848.jpg


TMC2100という、とても素晴らしいステッピングモーターのドライバです。
Pololu互換なのでほぼ差し替えて使うことが出来ます。
ちょっと値段は張るのですが、特徴として
マイクロステッピング制御やモーターノイズを
低減する機能(stealthChop)を持っています。

で、、、、何が凄いかというと
ステッピングモーターが動くたびに
ピロリラピロリラピロリラ~とにぎやかだったのが、

ほぼ無音になります。
ということは、とっても滑らか動作します。
たとえをすると
軽自動車からクラウンに乗ったような感覚。
高級感のある動作
GP赤道儀でも余裕で惑星観測が出来るほどなめからです。
おもしろいじゃないかい
ただ、マイクロステップの技術なので
最大1.2 A(1コイルあたり)の出力でちょっと小さめなのですね。

c0061727_13294814.jpg


ちょっとトルクが小さいので
GP赤道儀で軽めの鏡筒向けかなって思ってます。
背の高いヒートシンクも代えないとケースに収まりませんね。

国内外を含めてこれだけ静かで滑らかに動作する
自動導入ドライブは見たことがありません。

ONSTEPは互換のパーツが使われているのでいろいろ
選択肢が広がって素晴らしいです。
3Dプリンターが進化する限り、ONSTEPも進化が止まりません。
夢追っかけてます。浪漫です。

史上最高の自動導入ドライブといっても過言じゃないぞっ。



[PR]
# by makkachi | 2018-09-13 13:47 | ONSTEP | Comments(0)