マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

USBフォーカーサーをOns..
at 2018-12-12 17:25
アイベルCD-1改造が完成し..
at 2018-12-07 23:49

最新のコメント

私は費用を掛けずに中古の..
by makkachi at 08:48
初めまして、神奈川海沿い..
by オヤジ at 18:14
OSがどんどん変わって対..
by makkachi at 09:01

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

結局、ファンレスPCにした

c0061727_17101420.jpg
スティックパソコンが熱暴走で故障したので
いろいろ構想を練っていました。
第一候補のラズパイを使ったステラメイトですが
オートガイドのガイドカメラが2×2ビニングしか上手くいかず意気消沈
解像度が1/2になるので精度が落ちる上
グラフを見ても、なんとなく満足できませんでした。
やっぱり、ラズパイのパワーかなぁ 

さっさとあきらめて
2020年に出ると噂されている次期ラズパイを期待することにしました。
その点、ASIAIRはガイドに改良が加えられていて、
良さげのようです。ZWOの技術陣たちが頑張っているんですね。
ただのオープンソースのコピーではないです。

ということで
以前にも紹介したファンレスのWindowsボードPCを使うことにしました。
今回の物はRAMもSSDもパワーアップ
CPUはクアッドコアの「Atom Z8350」で、動作周波数は1.44GHz(最大1.92GHz)
メモリーは4Gバイト、
GPUはIntel HD Graphics 400で、WindowsのGUIを実用的な速度で動かせます。
Windows10エンタープライズバージョンです。
ケースを新たに設計して大き目のヒートシンクを付けました。
とにかくサクサク動きます。

基本、モニターを無くしWifiでリモートデスクトップでアクセスします。
ケースが金属なのでWiFIフィルムアンテナを外部に出してます。

c0061727_17101574.jpg

銀次150鏡筒もパソコンに合わせて整備しています。
ガイド鏡は質実剛健なGT40
ファンレスPCと組み合わせて動作確認しています。
ケーブルを出来るだけ隠したので、スッキリしています。





[PR]
# by makkachi | 2018-11-13 17:24 | 望遠鏡 | Comments(0)

NJP赤道儀ベアリング化 改造

c0061727_14595578.jpg
Matsubara工房さんに
NJP赤道儀ベアリング化 改造をやっていただきました。
キット販売もあったのですが、特殊なピンレンチの...
手配が出来なかったのと、この辺は経験ある方に
お願いするのが吉だと思いました。

早速、リモート天文台に行き
取付調整しましたが、スムーズな動作はまるで別物です。

c0061727_15004042.jpg
夜にリモートで撮影してみました。
今まで、結構ガイドが暴れていましたが
モーターの負荷が少なく偏芯が無くなったのが
良かったのでしょうか。

ガイドグラフが素晴らしいですね。
モーターはそのまま復旧したので改造部分だけの効果です。

c0061727_15203165.jpg
露光が極端に短いので効果の評価は難しいですが
ガイド精度が良くなったので、解像度が一段上がった
気がします。


c0061727_15032563.jpg
リモート天文台も、ベルトドライブの改造を進めています。
デスクの上は機材でいっぱい
ベンチでは、静かでストレスなく動作してとっても気に入ってます。
とにかく静かすぎてトラブルを発見しにくいかもです。
金具が出来てきたので、ベルトが届いたら
実際運用してこのモーターの評価をしたいと思ってます。



[PR]
# by makkachi | 2018-11-09 15:06 | 望遠鏡 | Comments(0)

ラズパイで気象・電源・風速監視サーバーを作ってみました

c0061727_09514995.jpg
リモート天文台の電波状況が悪くなってきたので
M2Mルーターを持って周辺の山を歩き回ってみました。
結局、いいところが見つからず、キャリアを変えることにしました。
現在使っているのがDOCOMOですが
auとソフトバンク、Wimaxを持ってますので、代わる代わる試してみることに
結果、ソフトバンクが良さそうなのでソフトバンクにしました。

いままで、DOCOMOのグローバルIP、固定IPアドレスでしたが
ソフトバンクはプライベートアドレスになりますので
インターネット側からのアクセスが、限られた方法になります。

今回も天文台にはサーバーを置くことになるのですが
電力(バッテリー)の関係で、あまり大掛かりなものを置くことが出来ません。
電源監視や室温監視、風速監視も行ってきたのですが、出来なくなりましたし
撮影機材の電源入り切りもできなくなりました。

対策として
ラズパイを置いてRealVNCとANYDESKを使ったリモートデスクトップで
運用することにしました。
c0061727_09514939.jpg
今までは、外部のサーバーから天文台の電源容量や室温監視をしてたのですが
外からIPが見えないので
ラズパイ内でPythonスクリプトを新たにプログラムしました。
IFTTT(イフト)を経由してデーターをアップし
google sheetsでグラフを公開できます。
以下がグラフ
c0061727_10130417.jpg

c0061727_10130465.jpg

もちろん、外部からグラフを見ることが出来ます。

合わせてバッテリーの組み換えも行いましたので
ここ数日、撮影機材に電源を入れなければ
25Vを下回ることは無いようです。





[PR]
# by makkachi | 2018-11-07 10:23 | 天文台 | Comments(0)