マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
未分類

最新の記事

とっても便利な機能です。ON..
at 2018-10-12 13:29
星景向けのタイムラプスプログ..
at 2018-10-11 08:58

最新のコメント

> あっちさん 一旦、..
by makkachi at 15:03
おぉ〜、新しいコントロー..
by あっち at 22:27
> あっちさん JP赤..
by makkachi at 22:15

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

自動導入コントローラーをモバイルバッテリーで動かしてみた。

c0061727_13110775.jpg

遠征で一番問題になるのは電源の確保です。
発電機は扱いが大変だし鉛バッテリーは重くて積み下ろしが大変
今キャンパーに流行のリチウム電源は
DC12V以上の電源を使うとなると容量の大きなものしかなくて高価です。

以前から機材のシンプル化を考えていて
バッテリーは
赤道儀を動作させるのにどうしても欠かせない部分ですが
コンパクトでなるべく安価なものを使いたいものです。


c0061727_13110801.jpg


アマゾンでデジカメ用の外部電源を探していましたら
モバイルバッテリーからUSBで供給するものを見つけました。
一つ取り寄せてみたのですが、中間がコネクターになっていて
自動導入コントローラーの電源コネクターにに合いそうな気が....。

はめてみるとピッタリ
電圧もDC7.8Vくらい出てて少々電圧は低いですが
ステッピングの駆動には問題ないレベルです。

この電源ケーブルのUSBを2ポート使用すると最大4A近く出るようです。
自動導入コントローラーはあまり電力を使わないので
電源としては十分です。
実際使ってみるとあっけなく使えて発熱も無くてイイ感じです。
使用電力量も1時間で5%程度でした。
タブレット用のモバイルバッテリーなら入手もしやすいし
容量の割に安価なのでこういう使い方は最適です。

今回モバイルバッテリーは13000mAhの物を使いましたけど
デジタル電池残量表示があって便利ですね!!





[PR]
# by makkachi | 2018-08-27 13:26 | ONSTEP | Comments(0)

ONSTEP自動導入コントローラー 絶賛!!!機能アップちう!!

c0061727_10380292.jpg
自動導入コントローラーですが、落ち着いてきたので
ファームウェアのプログラムをみています。
前回から問題になっていた
MaxImDLでのオートガイドが安定しない点について修繕をしています。
c0061727_10380228.jpg
こんな風に、不定期にガイドが飛び跳ねる問題があって
赤道儀の問題やガイドカメラの問題を疑ってきましたが
何も改善する様子が無くてONSTEP自身のファームウェアの問題として
取り組んできました。
公開されているソースを見ましたら
とにかくキャリブレーション時間が最大15秒と比較的に短くて
やはり最大でも60秒近くは必要だと感じています。
まあ60秒も使うことは無いとは思ってますが、
汎用コントローラーということでこの辺は改善したいところです。

もう一つの問題として
追尾コマンドの一部で化けている可能性があることがわかり
ソースの改変をいたしました。
c0061727_10380261.jpg
途中、ガイド星を見失って終わってしまいましたが
結果はこのような状況になりました。
ほぼ改善したと思います。
まだONSTEPコントローラーも発展途上の状態です。
c0061727_10480861.jpg
本家のほうも、日単位で
頻繁にバージョンを変更していっているようです。
ONSTEPはメーカーのコントローラー等と比べても
かなり高性能なものになってきてると思います。

ベルト改造も随時やっておりますのでお声かけいただければと思います。


[PR]
# by makkachi | 2018-08-23 10:52 | Comments(0)

遠征でもリモート撮影したほうがイイよ



c0061727_15324150.jpg

リモート天文台のノウハウを何とか遠征でも生かせないか
いろいろ考えていました。
今の季節は、一晩中屋外にいても、さほど気にならないのですが
これから寒くなったりするとさらに厳しくなってきます。
私はスティックパソコンを使って車から操作しているのですが
いかんせん遠征先ではネット環境が恵まれてなくて
リモートディスクトップが使えません。
Wifiルーターを組んでやればいいんですが、
これが結構屋外では使えないことが多いです。
で考えたのが
c0061727_15323916.jpg
スティックパソコンのモニターをワイヤレスで飛ばして
操作もワイヤレスマウスで行う方法

システムがシンプルなので
一番トラブルが少ない方法です。

ワイヤレスHDMIは20mも飛ぶ長距離型で
車の中から安定してモニター画面を見ることが出来ます。

しかし問題はマウスなんです。
いろいろ買ってみたのですが公称10mって書いてあるんですが
2m離れた望遠鏡を操作するのにやっとで
車の中からだと見通しの良いダッシュボードの上でしか使えないんです。
とにかく使いずらい

c0061727_15323686.jpg
それが世の中にはあるんですね
長距離型のマウスが・・・

ワイヤレスマウス 静音 2.4GHz ワイヤレスマウス 2年電池交換不要
3段省エネモード1600DPI 高精度 静音クリック 無線マウス 光学式
15m伝送距離 ブラック 18ヶ月待機可能
Longtop

ぜんぜん大丈夫で、これ使えます。

プチリモート天文台の完成ですわ





[PR]
# by makkachi | 2018-08-22 15:50 | New Device | Comments(0)