人気ブログランキング |


マチナカでリモート天文台やってます。


by makkachi

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳


カテゴリ

全体
GOTOドライブ
DSIオートガイダー
CCD
New Device
パソコン
望遠鏡
フォーカーサー
観測・撮像
コラム・つぶやき
おすすめサイト
遠隔撮像ソフト
ONSTEP
天文台
ドームコントローラ
遠征
機材レビュー
未分類

最新の記事

マチナカから見る アトラス彗..
at 2020-03-27 14:51
自宅ドーム リモート天文台は..
at 2020-03-26 15:33

最新のコメント

リミットOFFでも地平線..
by makkachi at 12:05
回答ありがとうございます..
by タカヒロ at 10:58
お問い合わせありがとうご..
by makkachi at 09:44

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

画像一覧

みすぼらしかった天体ドームを改装

みすぼらしかった天体ドームを改装_c0061727_21431254.jpg
みすぼらしかった桑名ドームを改装しました。
床壁ともに明るい基調のものにしています。
リホーム用の床材ははさみで切れるし張りやすくて
イイ感じでした。
みすぼらしかった天体ドームを改装_c0061727_21431293.jpg
オライオンVXカーボン鏡筒も設置しました。
以前の電装品は撤去しましたので
ドームコントローラー盤から新規設置していきます。
みすぼらしかった天体ドームを改装_c0061727_21431237.jpg
以前の姿はこんな感じで
ビフォーアフターです。

# by makkachi | 2019-11-24 21:52 | Comments(0)

オライオンVX鏡筒 カーボン化改造


オライオンVX鏡筒 カーボン化改造_c0061727_22542052.jpg

オライオンVX鏡筒を当初の計画通り
カーボンタイプに改造しました。
カーボン鏡筒はジスコで取り寄せました。
事前に東京出張したときにシスコShopに寄って
カーボン鏡筒のみを販売していただけることを確認して
自分で加工してます。
結構簡単に楽に穴が開きます。
鏡筒径は同じなので鏡筒バンドはそのまま使えました。
オライオンVX鏡筒 カーボン化改造_c0061727_22542028.jpg

接眼部は以前のBKP200鏡筒のものを移植
FLIのPDFになります。
光学系はMT200レデューサーに
冷却カメラATIK11000を接続する予定です。
オライオンVX鏡筒 カーボン化改造_c0061727_22542048.jpg

エンブレムは旧鏡筒から取り外せなかったので新たに作ってます。
オライオンVX鏡筒 カーボン化改造_c0061727_09283980.jpg

重量は2kgくらいは軽くなった感じがします。
とにかくむちゃくちゃ丈夫いです。
今後はドーム内の改装工事が終わったら赤道儀に実装していきます。



# by makkachi | 2019-11-22 23:06 | New Device | Comments(2)

ドーム天文台再生化計画

ドーム天文台再生化計画_c0061727_09284028.jpg
5年前に引っ越してしまって以来使われなくなった天文台です。
もう25年くらい経過しています。
引っ越してすぐに落雷があってドームコントローラー盤が壊れて
その秋に台風でスリットが開いてしまいドームが水びたしになって
そのまま放置しています。


ドーム天文台再生化計画_c0061727_09284030.jpg
望遠鏡は防水シートが被せてあったので冷却CCDカメラ共々無事でした。
その後、事情があってディスカバリーの25cmニュートン鏡筒は手放してしまってます。
リモート天文台も落ち着いてきましたので再生していこうと部材を集めてます。
今回は床張りや壁も改修しまして
来週あたりから内部の電装品の撤去を始めようと思ってます。
ドーム天文台再生化計画_c0061727_09284090.jpg
このピラーですが数年前にミカゲ210赤道儀を1式譲っていただきました。
そのピラーです。
メインで自動導入機として使う予定でしたが、
望遠鏡メーカーで赤緯を部分微動から全周微動に改造する際
測定すると3/100ほど偏芯があるようで
自動導入機に出来ないことがわかりました。
前回改造したアスコ350赤道儀でもそうでしたが
その当時はホイルの製作精度にばらつきがあって、
いいものを赤経側に品質が落ちたものを赤緯側に使った傾向があるようです。

結局、その赤道儀はオーバーホールはしましたが使わず
オーバーホール費用がかなり掛かってしまいましたが
持出し覚悟で
ピラーを残してお譲りしました。
現在はそのピラーをレストアしてユーハン工業のU-150赤道儀を載せています。

ドーム天文台再生化計画_c0061727_09283980.jpg
今年の夏に英オライオンの25cmVX鏡筒をお譲りいただいたので
これを改造して再生していこうと思ってます。






# by makkachi | 2019-11-16 10:00 | 天文台 | Comments(0)